川崎鶴見鉄道録

川崎・鶴見界隈の鉄道に関するブログ

撮り鉄-遠征

釧路湿原駅 北海道放浪の旅 12日目⑥

前の記事はこちら。 厚岸駅 北海道放浪の旅 12日目⑤ 厚岸町を後にし、続いては西隣の釧路町へ向かいます。 ちなみに「釧路町」と「釧路市」は別の自治体ですのでお間違えの無いように。 てなわけでやってきたのは、釧路町の「わがまちご当地入場券」の発売駅…

厚岸駅 北海道放浪の旅 12日目⑤

前の記事はこちら。 「ルパン三世のまち」浜中町 北海道放浪の旅 12日目④ 浜中町を後にし、続いて西隣の厚岸町厚岸駅にやってきました。 厚岸は「あっけし」と読みます。 厚岸駅は、花咲線(根室本線釧路駅~根室駅)の中間駅で唯一の有人駅で、駅前広場など…

「ルパン三世のまち」浜中町 北海道放浪の旅 12日目④

前の記事はこちら。 「本土最東端の地」納沙布岬 北海道放浪の旅 12日目③ 「日本最東のまち」である根室市を後にし、これからはゴールの札幌市へ向けて、ひたすら西へ進みます。 まずやってきたのは、根室市の西隣にある浜中町の浜中駅です。 駅前には、見覚…

「本土最東端の地」納沙布岬 北海道放浪の旅 12日目③

前の記事はこちら。 「日本最東端の駅」東根室駅 北海道放浪の旅 12日目② 「日本最東端の駅」東根室駅を後にし、さらに東へ車を走らせ「本土最東端の地」である納沙布岬にやってきました。 納沙布岬を訪れたのは、今回が初めてです。 札幌市の実家を立って道…

「日本最東端の駅」東根室駅 北海道放浪の旅 12日目②

前の記事はこちら。 根室駅 北海道放浪の旅 12日目① 根室駅を後にし、ひとつ隣の東根室駅にやってきました。 東根室駅は日本最東端の駅として知られています。 とはいっても無人駅なこともあり、同じ北海道内にある「日本最北端の駅」である稚内駅と比べると…

根室駅 北海道放浪の旅 12日目①

前の記事はこちら。 最果ての地にて 北海道放浪の旅 11日目⑪ 2018年7月12日 12日目 今回の放浪旅も残り3日となり、いよいよ終盤戦へ。 そんな12日目は、日本最東の街である根室市からスタートです。 まず最初にやってきたのは、根室市の代表駅である根室駅で…

最果ての地にて 北海道放浪の旅 11日目⑪

前の記事はこちら。 風蓮湖 北海道放浪の旅 11日目⑩ オホーツク海に面した風蓮湖を後にし、同じく根室市内の太平洋に面した根室市落石地区にやってきました。 根室市落石地区は、2つの岬に囲まれた小さな湾が形成されており、天然の良港として古くから漁業が…

風蓮湖 北海道放浪の旅 11日目⑩

前の記事はこちら。 別海町 奥行臼歴史の里 北海道放浪の旅 11日目⑨ 別海町を後にし、日本最東端の街である根室市へやってきました。 根室市にお目当ての場所があったのですが、その前に休憩がてら立ち寄ったのは風蓮湖です。 風連湖は、北海道最東部の根室…

別海町 奥行臼歴史の里 北海道放浪の旅 11日目⑨

前の記事はこちら。 乳牛のまち 別海町の絶品ポークチャップ!! 北海道放浪の旅 11日目⑧ 前回の記事では、別海町の絶品グルメをご紹介しましたが、ちゃんと鉄道ネタも取り揃えております。 というわけでやってきたのが、別海町の南東部、国道243号線と国道2…

乳牛のまち 別海町の絶品ポークチャップ!! 北海道放浪の旅 11日目⑧

前の記事はこちら。 摩周駅と標茶駅 北海道放浪の旅 11日目⑦ 標茶町から釧網本線沿線を外れ、東隣にある別海町にやってきました。 別海町のカントリーサインは乳牛がモチーフとなっていますが、この別海町は生乳生産量日本一の町として知られています。 どれ…

摩周駅と標茶駅 北海道放浪の旅 11日目⑦

前の記事はこちら。 清里町駅 北海道放浪の旅 11日目⑥ 引き続き釧網本線に沿って南下を続けます。 まずやってきたのは、弟子屈町の摩周駅です。 こちらの駅は1990年まで「弟子屈(てしかが)駅」という名前でしたが、町内にある有名観光地である摩周湖にちな…

清里町駅 北海道放浪の旅 11日目⑥

前の記事はこちら。 知床斜里駅 北海道放浪の旅 11日目⑤ 斜里町からは南に進路を変え、清里町の清里町駅にやってきました。 駅名は所在地である清里町が由来ですが、他の市町村のように「清里」ではなく「清里町」という少しまどろこしい名称になっています…

知床斜里駅 北海道放浪の旅 11日目⑤

前の記事はこちら。 浜小清水駅 北海道放浪の旅 11日目④ 小清水町を後にし、隣町の斜里町知床斜里駅へやってきました。 知床斜里駅は、皆さんご存知の北海道唯一の世界自然遺産である、知床地区の玄関口であります。 知床斜里駅には約13年ぶりに来ましたが、…

浜小清水駅 北海道放浪の旅 11日目④

前の記事はこちら。 原生花園駅 北海道放浪の旅 11日目③ 小清水原生花園を眺めながら車を走らせ、一駅隣の小清水町の代表駅である浜小清水駅にやってきました。 なんだか、鉄道駅っぽくない外観ですね。 というのも、浜小清水駅は「道の駅 はなやか小清水」…

原生花園駅 北海道放浪の旅 11日目③

前の記事はこちら。 「流氷が見える駅」北浜駅 北海道放浪の旅 11日目② 北浜駅を後にし、続いて本来の目的地であった原生花園駅にやってきました。 この原生花園駅は、毎年5月~10月の間だけ開業する臨時駅です。 通過したことは何度かありましたが、降り立…

「流氷が見える駅」北浜駅 北海道放浪の旅 11日目②

前の記事はこちら。 網走駅 北海道放浪の旅 11日目① 網走市を出発し、オホーツク海に沿って東へ進みます。 まずは東隣の小清水町に向けて国道244号線をひた走りますが、その道中に「流氷が間近に見える駅」として知られる釧網本線北浜駅があったので、予定に…

網走駅 北海道放浪の旅 11日目①

思いのほか長期連載となった「関西撮り鉄遠征」やお盆休みのおかげで、1ヶ月以上放置していた「北海道放浪の旅」でしたが、今回から連載再開です。 前の記事はこちら。 女満別駅 北海道放浪の旅 10日目⑩ 2018年7月11日 11日目 11日目は網走市からスタートで…

初めての京都鉄道博物館!! その5 梅雨の関西撮り鉄遠征⑰

前の記事はこちら。 17回も引っ張った「梅雨の関西撮り鉄遠征」も、今回が最終回です。 本館の見学を終えて、最後にやってきたのはこちら。 蒸気機関車が並ぶ扇形車庫エリアでございます。 こちらの扇形車庫は、京都鉄道博物館の開業前は「梅小路蒸気機関車…

初めての京都鉄道博物館!! その4 梅雨の関西撮り鉄遠征⑯

前の記事はこちら。 本館1階の見学を終え、続いて2階へ上がります。 吹き抜けになっているので、1階のフロアを見下ろすことが出来ます。 500系は屋根上までフラットで美しいですねぇ~。 吹き抜けの天井には、N700系が描かれていました。 客室窓に当たる3階…

初めての京都鉄道博物館!! その3 梅雨の関西撮り鉄遠征⑮

前の記事はこちら。 前回の記事でご紹介したとおり、本館1階にはたくさんの車両が展示されていますが、展示は車両だけではございません。 今回の記事では、車両以外の展示について気になったものをピックアップします。 こちらは鉄道の歴史を解説するコーナ…

初めての京都鉄道博物館!! その2 梅雨の関西撮り鉄遠征⑭

前の記事はこちら。 いよいよ京都鉄道博物館の本館に潜入します!! 本館の展示といえば、まずはこれでしょう。 高い吹き抜けフロアにドドンと並べられたこの車両たちは、数多のテレビや雑誌で紹介されておりますので、見たことがある方も多いと思います。 …

初めての京都鉄道博物館!! その1 梅雨の関西撮り鉄遠征⑬

前の記事はこちら。 梅雨の関西撮り鉄遠征、今回から最終章が始まります。 此度の遠征のシメとなる舞台がこちらです!! 皆さんご存知、京都鉄道博物館でございます!! 2016年に開業して以来、前々から気になっていた存在ではあったものの、中々来る機会が…

叡電の観光列車「ひえい」に初めて乗ってみた 梅雨の関西撮り鉄遠征⑫

前の記事はこちら。 修学院駅と修学院車庫探訪を終え、同行いただいたブログ友「難波オヤジ」さんの愛車が待つ宝ヶ池駅へ戻ります。 ですが、ただ戻るだけでは面白くないため、叡電が誇る観光列車を乗り鉄しながら戻ることにしました。 今回乗るのはこちら。…

初めての叡電撮影 「きらら」と「ひえい」を撮る その2 梅雨の関西撮り鉄遠征⑪

前の記事はこちら。 関西のブログ友「難波オヤジ」さんと共に、宝ヶ池駅から「きらら」に乗ってやってきたのは、一駅隣の修学院駅です。 今回はここで撮り鉄を行います。 デオ710形712号車 最初にやってきたのはデオ710形ですが、なにやらどこかで見たことが…

初めての叡電撮影 「きらら」と「ひえい」を撮る その1 梅雨の関西撮り鉄遠征⑩

前の記事はこちら。 嵐電の有栖川駅を後にし、同行いただいたブログ友「難波オヤジ」さんの愛車で京都市内を移動します。 続いての舞台となるのは、京都市北部の比叡山と鞍馬山の麓を走る「叡電」こと叡山電鉄であります。 こちらの叡山電鉄は、京阪の京都側…

初めての嵐電撮影 ヤマト運輸チャーター便を撮る!その2 梅雨の関西撮り鉄遠征⑨

前の記事はこちら。 今回も「嵐電」こと京福電気鉄道を、関西在住のブログ友「難波オヤジ」さんとともに撮り鉄します。 前回は西大路三条駅付近の併用軌道で撮影でしたが、今回は「京都の下町っぽい場所を走る姿を撮りたい」という私の要望にお答えいただく…

初めての嵐電撮影 ヤマト運輸チャーター便を撮る!その1 梅雨の関西撮り鉄遠征⑧

前の記事はこちら。 梅雨の関西撮り鉄遠征、今回から最終日のお話となります。 この日の最初の舞台となりますのは、京都市内を走る路面電車「嵐電」こと京福電気鉄道であります。 その社名の通り、かつては京都府のほか福井県内でも事業展開をしており、2003…

「スーパーはくと」に初めて乗ってみた 梅雨の関西撮り鉄遠征⑦

前の記事はこちら。 播磨地方での撮り鉄を終えて、この日の宿泊地である京都市へ移動します。 当初は、3月から運行開始した新快速の上位クラス「Aシート」を初体験しようと考えていたのですが、調べてみるとなんと「Aシート」連結の新快速は1日2往復しかない…

播但線 電化区間で103系3500番台を撮る! 梅雨の関西撮り鉄遠征⑥

前の記事はこちら。 播但線非電化区間での撮影を終え、お次は南側の電化区間で撮り鉄を行います。 電化区間でのお目当ては、播但線電化区間のローカル輸送に充当される103系3500番台でございます。 まずは、福崎~甘地の市川のほとりにある有名撮影地へ。 4D…

播但線 非電化区間でキハ41形を撮る! 梅雨の関西撮り鉄遠征⑤

前の記事はこちら。 活動2日目、午後の部の舞台は播但線でございます。 播但線は、山陽本線姫路駅と山陰本線和田山駅を結ぶ、全長65.7kmの路線です。 名前の通り播磨地方と但馬地方を繋ぐ路線で、大阪~浜坂・鳥取を結ぶ特急「はまかぜ」の経由ルートとして…