川崎鶴見鉄道録

川崎・鶴見界隈の鉄道に関するブログ

京浜東北線鶴見駅 ホームドアの話題

東神奈川~新子安間で185系を撮影した帰り、鶴見駅に寄り道しました。

今回の主役はこちら。

f:id:kawaturu:20180221231424j:plain

ホームドアでございます。

 

・・・だからどうした?

と片付けるのはちょっと早いですよ。

 

実はこちらのホームドアは

f:id:kawaturu:20180221231624j:plain

f:id:kawaturu:20180221231638j:plain

まだ据え付けられただけで運用開始をしていないのです。

車両もいないのホームにぽっかりと口を開けたホームドアが並ぶ姿は、設置工事中にしか見られないレアな光景。

 

京浜東北線では各駅にホームドアを導入することが決定しており、すでに上野駅大井町駅では稼働済みですが、神奈川県内で現在稼働している駅はありません。

しかし、今年の1月ごろ鶴見駅神奈川県内の京浜東北線の駅では初めてホームドアが設置され、現在稼働に向けて調整中となっています。

 

f:id:kawaturu:20180221232544j:plain

ホームドアの形式は、上野や大井町駅などに設置されたものと同じようですが、それにしてもホームドアも随分と薄くなりましたねぇ。

技術の進歩とは大したもんです。

 

f:id:kawaturu:20180221232840j:plain

階段近くには、こんな表示器も取り付けられていました。

ドアの扱い状態を表示するためのものでしょうか?

 

ということで、貴重な調整中の光景を記録すべくしばし撮影。

 

ドアをあけっぱなしで走り去っていく電車たち。

f:id:kawaturu:20180221233047j:plain

f:id:kawaturu:20180221233105j:plain

 

ドアが開いているのにお構いなしで進入する電車。

f:id:kawaturu:20180221233217j:plain

 

ドア越しの横須賀線

f:id:kawaturu:20180221233502j:plain

 

ドアなめからの調整中名物?の眼光鋭い警備員さん。

f:id:kawaturu:20180221233600j:plain

 

「すきっ歯」状態のホーム。

f:id:kawaturu:20180221233644j:plain

などなど、今しか見られない光景を撮影しました。

 

ホーム上にはホームドアに関する張り紙。

f:id:kawaturu:20180221233933j:plain

ポスターでは3月上旬使用開始となっていますが、その後JR東日本より3月3日初電より使用開始というプレス発表がありました。

 

鶴見駅でこの珍しい光景が見られるのも、あと1週間ばかし。

興味がある方はお早めにどうぞ。

 

鉄道コム
鉄道コム


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

八高南線を撮影する② 夕暮れの浅川橋梁

前の記事はこちら。

 

金子駅での駅撮り後は八王子駅へ。

八王子駅前で適当に時間を潰したあと、徒歩で次なる撮影地に移動します。

f:id:kawaturu:20180220231134j:plain

f:id:kawaturu:20180220231527p:plain

グーグルマップより

やってきたのは、八王子~北八王子間にある浅川橋梁です。

八王子駅から東へ約15分ほど歩いたところにある「浅川」の河川敷上の道路にある踏切脇から撮影します。

 

線路が西南西に向いているため、午後遅め~夕方が順光になります。

この日(2月18日)は15時過ぎに撮影地に到着したのですが、上の写真のとおり15時でも側面まで陽が回っていませんでした。

 

f:id:kawaturu:20180220232217j:plain

住宅地に隣接しているのですが、山が近いためかマムシが出没するようです。

今の時期は冬眠しているので出くわすことは無いですが、夏場の草ボーボーな河川敷に降りて、うっかり踏んで噛まれたりすることの無いようご注意を・・・。

 

そんな浅川橋梁で撮影開始。

f:id:kawaturu:20180220232833j:plain

最初にやってきたのは209系3100番台のハエ72編成。

この時期では15時でも側面まで陽は回わらず、面トップ気味となります。

 

15分ほどで、ハエ72編成が八王子から戻ってきました。

f:id:kawaturu:20180221213547j:plain

ここでは上下列車どちらとも綺麗に撮影できますが、下りは前横とも順光になる時間帯はないので、下り狙いであれば曇りの日が良いと思います。

ただ曇りだと川を渡る姿は映えないので、両立は難しい撮影地です。

 

f:id:kawaturu:20180221213846j:plain

続いては、先ほど金子駅で撮影した209系3100番台のハエ71編成。

15時半を回り、少しずつ側面にも陽が回り始めましたが、まだ弱いです。

 

返しも撮影。

f:id:kawaturu:20180221214059j:plain

 

続いては本命が登場。

f:id:kawaturu:20180221214121j:plain

夕日に照らされる209系3000番台を無事にゲット。

16時を回り側面までばっちり陽が回ってくれました。

寒い中待った甲斐があったというものです。

 

ただ、八王子行きの列車にもかかわらず、方向幕は次運用の箱根ヶ崎に変更されちゃっていました(笑)。

 

返しも撮影。

f:id:kawaturu:20180221214253j:plain

 

シメはこちら。

f:id:kawaturu:20180221214314j:plain

205系3000番台も回収完了です。

 

浅川橋梁は定番スポットだけあってか、この日は4人ほどの同業さんと一緒に撮影となりました。

やはり置き換えが近いこともあってか、八高線の注目は上がっているようです。

(と思っていたら、この翌日からE231系3000番台が運転を開始したようですね。)

 

これにて本日の撮影は終了。

前日とは違い風があったので終始寒さとの格闘でしたが、撮れ高は満足のゆく結果となりました。

浅川橋梁は、もうちょっと暖かくなったら再訪したいなと思います。

 

ご一緒した皆様、寒い中お疲れ様でした。

 

鉄道コム
鉄道コム


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

八高南線を撮影する① 金子駅で駅撮り

「旅客列車強化週間」ということで、日曜日は前日に続き旅客列車を撮り鉄

この日は、近々車両置き換えが予想される八高南線がターゲットです。

 

八高南線は初めて撮影に訪れるため撮影地もよく知らないので、まずはお手軽に駅撮りからスタートします。

ということで、まずは金子駅にやってきました。

f:id:kawaturu:20180220204516j:plain

川崎から南武線で立川、そこから青梅線で拝島、ようやく八高線に乗り継いで金子駅に到着したのですが、ここまでの所要時間は1時間半もかかりました・・・。

 

というか、金子駅が埼玉県であることを到着してから知りました(笑)。

そりゃ1時間半もかかるわけです。

 

早速撮影開始。

f:id:kawaturu:20180220204940j:plain

最初にやってきたのは209系3100番台

こちらの209系3100番台は元りんかい線の70-000形で、りんかい線からJR東日本に転籍してきました。

 

りんかい線70-000形

f:id:kawaturu:20180220205836j:plain

塗装は全然違いますが、顔つきは面影が残っています。

JR各社間ではしばしば車両の転籍が行われますが、JR以外の会社からJRへ転籍してくる例はめずらしく、JR東日本ではこの209系3100番台が唯一の事例のようです。

 

続いては、一番撮影したかった車両。

f:id:kawaturu:20180220210717j:plain

こちらは209系3000番台

3100番台と違い、最初から八高南線用として製造されたグループです。

 

209系は首都圏各地で活躍していますが、かつて京浜東北線で走っていた0番台と同じく字幕式方向幕やマグサイン式の運番表示機を装備するのはこの3000番台のみ。

VVVF素子も0番台と同じくGTOのままで、0番台の面影をもっとも残しているといっても良いのではないでしょうか。

今日はこの209系3000番台を撮りに来たようなものなので、ひとまず目標達成です。

 

209系同士が並ぶシーンも見られました。

f:id:kawaturu:20180220214043j:plain

逆光なのが惜しいです。

 

金子駅最後の撮影列車。

f:id:kawaturu:20180220212544j:plain

こちらは205系3000番台。

E231系と209系3500番台への置き換えが目前とされていますが、この顔は鶴見線南武支線で見飽きているので、そんなに興味は無し・・・。

 

これにて金子駅での撮影は終了。

特に運用を狙っていたわけではないのですが、八高線で運用されている3種類の車両が3連続でやってきたので、無駄ヅモなく撮影完了となりました。

 

が、この3本を撮影するのに2時間もかかりました・・・。

八高線は日中30分ヘッドなので、首都圏の旅客列車にしては撮影効率が宜しくない。

時間帯にもよりますが、川崎あたりの貨物列車のほうが効率が良いです(笑)。

 

撮影し終えたところで、時刻は13時30分を回ったところ。

これで帰るにはちょっと早いので、このあとは沿線に繰り出します。

 

 
鉄道コム
鉄道コム


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

お初の撮影地で見慣れた185系を撮影する

先日の週末は天気に恵まれた川崎鶴見界隈。

 

いつもであれば貨物列車撮影・・・というところですが、先週末は

旅客列車強化週間

と勝手に制定し、遠征以外では珍しく貨物列車はパスして旅客列車を撮り鉄することにしました。

今回の記事では、土曜日(2/17)の成果をアップします。

 


 

本日のターゲットは、数年後にE257系へ置き換えが予想される185系です。

とはいえ、185系自体は貨物列車のついでに何回撮影したか見当もつかないほど撮影しており、私にとっては「いまさらな被写体」であります。

 

しかし今回は「地元なんだけど1回も行ったことが無い有名撮影地」にふと行ってみたくなったという撮影地ありきな撮り鉄活動のため、置き換え前の記録がてら185系を撮ろうじゃないかとなったわけです。

 

そんなわけで、やってきたのは東神奈川駅

f:id:kawaturu:20180219001120j:plain

東神奈川駅横浜線との乗り換え利用はしていますが、下車したのは数年ぶり。

 

東神奈川駅から川崎方面へ、線路沿いに約10分ほど歩いて撮影地に到着。

f:id:kawaturu:20180219001311j:plain

f:id:kawaturu:20180219001600p:plain

グーグルマップより

やってきたのは、新子安~東神奈川間にある東海道線下りの撮影地です。

場所的には東神奈川駅の北側にある国道1号線の分岐点の根元あたりで、東神奈川駅のほか、京急神奈川新町駅からもアクセスできます。

 

ここでどんな写真が撮れるかというと、こんな写真です。

f:id:kawaturu:20180219002853j:plain

東海道線の下り列車を、カーブで首をひねり始めるところを午後順光で撮影できます。

この構図の写真を、ネットや雑誌で見たことがあるという方も多いのでは。

 

そんな有名撮影地が自宅近くにありながら、訪れたのは今回が初めて。

何で来たことが無かったのかというと、理由は単純明快。

 

「ここは貨物列車が走らないから」

 

それだけです(笑)。

 

この撮影地の真横をバイクで幾度となく通過しており、撮り鉄さんが撮影に勤しんでいるところを何度か目撃していたので、立ち位置の把握は比較的容易でした。

しかし、立ち位置からは横須賀線東海道線上りを交わして撮影するため、列車内から「架線柱を抜くのが大変だなろうなぁ」と覚悟はしていたのですが・・・

f:id:kawaturu:20180219201941j:plain

案の定、結構大変でした。

もう1つ奥のスパンからも抜けますが、いずれにせよ綺麗に撮影できる位置は限られているので、見た目以上に定員は少ないです。

 

しかも、一番手前の架線柱を見ていただくとわかると思いますが、この一帯では架線柱の更新工事の真っ最中で、古い架線柱と新しい架線柱が混在して立っているため余計に抜きずらい状況でした。

ただ、更新工事が終了し前後の架線柱が撤去されたらまた変わるでしょうね。

 

撮影地の紹介も終わったところで、早速撮影開始。

f:id:kawaturu:20180219202613j:plain

2本目は10両編成のE233系

15両編成はカツカツですが、10両編成だと余裕があります。

 

ちなみに今回使用した機材はCanon7DMarkⅡとEF100-400mmLⅡですが、400mmでも若干足りなかったので、今回掲載している写真はすべて若干トリミングしています。

APS-Cでもこんな状況なので、フルサイズカメラだと超望遠の大砲レンズかテレコンが必須と思われます。

 

これ以降はダイジェストで紹介。

f:id:kawaturu:20180219204310j:plain

3007M スーパービュー踊り子7号

 

f:id:kawaturu:20180219204444j:plain

 

f:id:kawaturu:20180219204522j:plain

 

本日のメイン。

f:id:kawaturu:20180219204606j:plain

8037M 踊り子117号

残念ながら本番は曇ってしましました。

 

がしかし、この撮影地に関しては単純に晴れたらいいかというとそうでもなく、超望遠で撮影するが故に晴れると陽炎の影響を受けやすいのです。

この日は基本的に晴れていたのですが風がほとんどなかったので、晴れカットは陽炎の影響でモヤモヤな写真になってしまいました。

なので、晴れていて」かつ「風のある日」じゃないといい写真は撮れません。

 

といった感じで、なんだか消化不良のままこの日の撮影は終了となりました。

ただ、今回のおかげで勝手は掴んだので、条件が良い日に再訪しようと思います。



鉄道コム
鉄道コム


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

変わりゆく北海道の鉄路を記録する旅 2日目② 20年ぶりに札幌市電を撮り鉄する

前の記事はこちら。

変わりゆく北海道の鉄路を記録する旅 2日目① ループ化した札幌市電

 

延伸部を見て回った後は、すすきの電停から市電に乗車します。

f:id:kawaturu:20180217165851j:plain

f:id:kawaturu:20180217165905j:plain

ループ化に伴いすすきの電停も改良が行われ、内外線の間に引き上げ線が新設されたのと、進路表示器も設置されました。

 

f:id:kawaturu:20180217170450j:plain

外回り電車に乗車します。

 

f:id:kawaturu:20180217170655j:plain

市電に乗車したのはループ化直後以来なので2年ぶりですが、そのときは「ポラリス」に乗ったので、従来型となると見当もつかないですねぇ・・・。

少なくとも、ICカードで乗車はできませんでした。

 

すすきの電停から15分ほどの「幌南小学校前電停」で下車します。

f:id:kawaturu:20180217171219j:plain

 

電停から100mほど歩いて撮影地に到着です。

f:id:kawaturu:20180217171459j:plain

f:id:kawaturu:20180217171442p:plain

やってきたのは「幌南小学校前電停」の南側にある交差点です。

 

以前・・・というかおよそ20年くらい前、小学生のころに札幌市電撮り鉄したことがあって、そのとき訪れたのがこの場所。

その時以来20年ぶりに札幌市電撮り鉄するということで、昔を懐かしんでこの場所を選びました。

ちなみに、その20年前の写真は実家のどこかにあるかと思って帰省時に実家内を探したのですが、それ以外の写真も含めどこかに片づけられたか捨てられてしまったようで、見つけることができませんでした・・・。

 

というわけで、20年ぶりの札幌市電撮り鉄を開始。

f:id:kawaturu:20180217172443j:plain

f:id:kawaturu:20180217172459j:plain

最初にやってきたのは北海道が生んだ大スター?大泉洋主演の映画「探偵はBARにいる3」のラッピング電車でした。

ちなみにこの210形211号は札幌市電最古参の車両で、1958年製の御年60歳

路面電車は長生きしますねぇ。

 

続いて内回り電車。

f:id:kawaturu:20180217172751j:plain

f:id:kawaturu:20180217173536j:plain

f:id:kawaturu:20180217173550j:plain

内回り1本目は、すっかり冬の札幌市電の風物詩となった「雪ミク電車」

今年は3302号が充当されたようです。

 

f:id:kawaturu:20180217174111j:plain

続いては札幌市電の主力車両240形。

ループ化前後に方向幕がLED式に更新されたのですが、このLEDはシャッタースピードが1/30秒以下じゃないと綺麗に写らないという、なかなかの鬼仕様・・・。

故に、以降も含め内回り電車は軽く流して撮影しています。

 

f:id:kawaturu:20180217174142j:plain

外回りにも240形。

外回りは大抵の場合信号で一旦停止してくれるので、撮影は簡単です。

この場所を選定して良かった・・・。

 

この丸っこい車体に緑色塗装こそ私が思う「市電」なのですが、この丸っこい車両群(210形、220形、240形)の大半は広告ラッピングが施されているため、標準色のほうがめずらしいという逆転現象が起こっているようです。

 

f:id:kawaturu:20180217175548j:plain

続いては220形221号。

コカコーラのラッピングが施されていました。

 

f:id:kawaturu:20180217180312j:plain

こちらは8510形8511号。

ポラリスが登場するまで、この8500形シリーズが札幌市電唯一のVVVF車でした。

個人的には、市電イチのイケメンだと思っています。

 

そして今回の主役が登場。

f:id:kawaturu:20180217181418j:plain

f:id:kawaturu:20180217181435j:plain

f:id:kawaturu:20180217181449j:plain

A1200形「ポラリス」です。

従来の車両とは一線を画す形状と車体色は、まさに「新時代の札幌市電

まだまだ主力と呼ぶには程遠い勢力数ですが、これらからの動きに期待です。

 

ここからはダイジェストで車両紹介。

f:id:kawaturu:20180217181851j:plain

250形251号

 

f:id:kawaturu:20180217181913j:plain

240形244号

 

f:id:kawaturu:20180217181944j:plain

3300形3304号

 

f:id:kawaturu:20180217182008j:plain

8500形8501号

 

f:id:kawaturu:20180217182110j:plain

8520形8521号

 

f:id:kawaturu:20180217182147j:plain

210形213号

ここまで乗車してきた車両が一周してきたので、外回りの運用車両はすべて撮影完了。

一周してくるのにおよそ1時間なので、全車両撮影は比較的簡単です。

 

 

・・・冬じゃなければ。

 

もう、足が冷たいを通り越して「感覚が無い」・・・。

神奈川に移り住んで10年、体はすっかり「内地の人」になってしまったようです。

 

気力を振り絞り、内回り最後の車両を撮影。

f:id:kawaturu:20180217182813j:plain

内回り運用に入っていたA1200形も撮影完了。

無事流し撮りも決まって、ホッとしました。

 

これにてこの場所での撮影を終了し、次の場所へ移動します。

 

鉄道コム
鉄道コム


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村