川崎鶴見鉄道録

川崎・鶴見界隈の鉄道に関するブログ

信州東北ローカル線乗り鉄の旅 4日目③ 満員列車で北上線を行く

前の記事はこちら。

信州東北ローカル線乗り鉄の旅 4日目② 朝の東北本線を北上する その2

 

北上駅では乗り換え列車まで30分ほどあったので、ちょっとだけ散策。

f:id:kawaturu:20171016002809j:plain

まずは駅舎を撮影。

 

ドアの帯がなんとなくE5系風味でした。

f:id:kawaturu:20171016002837j:plain

 

でもこちらでは

f:id:kawaturu:20171016002916j:plain

まだまだ200系が現役でした。

 

待合室に立ちそばを発見。

f:id:kawaturu:20171016003006j:plain

小腹がすいたので食事をすることに。

 

発注したのは

f:id:kawaturu:20171016003043j:plain

「冷やしラーメン」です。

酸味が効いたスープと、しっかりと氷水でシメた縮れ麺の相性が抜群。

なかなかのお味でした。

 

ちなみに、わが故郷の北海道では「冷やし中華」のことを「冷やしラーメン」と呼びます。

なので、道外で初めて「冷やしラーメン」を発注してこれが出てきたときは、カルチャーショックを通り越して思考停止に陥ったのはいい思い出です。

 

そうこうしているうちに、列車の発車時刻が迫ってきたのでホームに向かいます。

28本目 北上線 3731D 快速 横手行き 北上(10:11)⇒ほっとゆだ(10:54)

f:id:kawaturu:20171016005504j:plain

f:id:kawaturu:20171016005520j:plain

車両はキハ100系の単行です。

単行のうえに短尺型のキハ100系なので、車内は始発の北上駅時点で通路まで立ちが出る有様。

とはいえギュウギュウ詰めというほどでもないので、良くも悪くも需要予測というのは大したもんです。

 

列車は定刻に北上駅を発車。

f:id:kawaturu:20171016010056j:plain

東北本線と分かれて進路を西に取ります。

 

北上線は全線未乗区間なので、じっくりと車窓を満喫。

f:id:kawaturu:20171016010208j:plain

しばらくは里山の風景が続きます。

 

岩沢駅に到着。

f:id:kawaturu:20171016010251j:plain

使われなくなったホームにプランターがいっぱい置かれていました。

駅がきちんと手入れされている証拠です。

 

岩沢駅を過ぎると、山深くなってきます。

f:id:kawaturu:20171016010518j:plain

 

和賀仙人駅。

なかなか素敵な名前です。

f:id:kawaturu:20171016010617j:plain

 

車窓に錦秋湖が現れました。

f:id:kawaturu:20171016011049j:plain

f:id:kawaturu:20171016011041j:plain

f:id:kawaturu:20171016011109j:plain

変わった形の湖だと思ったら、錦秋湖ダム湖なんですね。

ずっと天然の湖だと思っていました。

 

列車はほっとゆだ駅に到着。

f:id:kawaturu:20171016011306j:plain

ここで途中下車します。

 

列車は横手に向けて出発。

f:id:kawaturu:20171016011329j:plain

列車を見送った後、改札口を出ました。

 

28本目 北上線 3731D 北上⇒ほっとゆだ
乗車時間:43分
移動距離:35.2km

 

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

鉄道コム
鉄道コム

TOMIX EF65 2000番台を工作してみた・・・が

今日の神奈川周辺は、秋雨前線の影響でぐずついた天気。

西武甲種とEF66 30充当の8090レがありましたが、雨の中外に出て撮る気は起きず・・・。

しょうがないので家の中で久方ぶりに鉄道模型をいじることにしました。

 

基本的に土日しか模型をいじる時間が無いのですが、その土日も撮り鉄やらイベント参加やらで時間が埋まると模型は触れません。

そのため購入ペースと工作ペースが全く釣り合わず、付属パーツもろくにつけていない車両が溜まってきたので、とりあえず付属パーツの取り付けなど最低限の工作をコツコツと片づけることにします。

 

今回いじるのはこちら。

f:id:kawaturu:20171015173815j:plain

kawaturu-tetudouroku.hatenablog.com

今月初めに購入した「TOMIX JR EF65-2000形電気機関車JR貨物更新車B)」です。

  

まずは説明書を読んで工程を確認。

f:id:kawaturu:20171015173926j:plain

 

とりあえず屋根上から攻めることに。

最初は列車無線アンテナを取り付けます。

f:id:kawaturu:20171015174000j:plain

列車無線アンテナのパーツ取り付けには、ピンバイスで穴をあける作業が必要です。

この製品は2090・2091・2092・2138号機が選べるようになっており、番号により穴あけする位置が微妙に異なります。

 

私は2138号機にしたいので、Bという位置にピンバイスで穴あけをしてパーツを装着。

f:id:kawaturu:20171015182841j:plain

ちょっと穴がきつかったですが、なんとか入りました。

 

信号炎管とホイッスルも装着します。

こちらは最初から下穴が開いているので穴あけ作業は不要です。

f:id:kawaturu:20171015183159j:plain

ほかにGPSアンテナも付属していますが実車では現在撤去されており、今回は現行の姿にしたいので取り付けませんでした。

 

続いて車体の側面へ。

まずは顔に手すりを付けます。

f:id:kawaturu:20171015183553j:plain

ケースに収納するとき、扱いを間違えると簡単にボキッと折れそうなパーツです。

大丈夫かな・・・。

 

続いてナンバープレートと製造銘鈑。

f:id:kawaturu:20171015183746j:plain

この製造銘鈑(白いやつ)の印刷が細かすぎて、肉眼では読めませんでした。

マクロレンズで拡大し、お目当てのプレートを探し出す始末。

今後のことも考えて、ルーペを買ったほうが良いかも。

 

ニッパーで切り取った後にナイフでバリを除去し、所定の位置にはめこみます。

f:id:kawaturu:20171015183950j:plain

以上で作業終了です。

 

完成品はこちら。

作業前

f:id:kawaturu:20171001234841j:plain

 

作業後

f:id:kawaturu:20171015190405j:plain

f:id:kawaturu:20171015190424j:plain

パーツ云々の前に、写真の撮り方が全く違う・・・。

作業前はiPhone、作業後は一眼レフで撮ってるため画質が全然違います。

まるでダイエット食品のモデルの写真のようです。

 

で、実際のところですが、付属パーツを付けただけとはいえプレートとかアンテナが付くと印象が全然違います。

大宮工場で全検中の状態だったのが、全検が終わってピカピカの状態になって出場したようなもんですね。

しかしながら、やはりプラ製のパンタグラフが気になってしまうので、KATOの金属製パンタに換装したいところです。

 

作業としてはだいたい1時間くらいで終わったんですが、細かい部品を付けるときにかなり苦労しました。

今後のことも考えて、ライト付きのルーペスタンドを購入したいなと思いました。

 

ようやく走らせられる状態になったぞ、と思ったのも束の間。

発売元であるTOMIXから衝撃の発表が。

f:id:kawaturu:20171015191228p:plain

TOMIX ホームページより

 

なんと台車に間違いがあるのでリコールするという発表が行われました・・・。

(真面目な話、工作を終えてこの記事を書く前になにげなくTOMIXのホームページを見たら、この告知を発見したのでした。)

 

影響範囲は台車だけなので、とりあえず今回の工作が無駄になることはありませんでした。

車体ごと交換だったらやばかったです・・・。

詳しくはTOMIXのホームページで確認してください。

 

といった感じで今回の工作は終了。

台車の申請をして、到着を待ちたいと思います。

 

それとブログの運営の話になりますが、今回の記事からブログランキング「鉄道コム」を追加しました。

当ブログは今までブログランキングは「にほんブログ村」のみ登録しており、「鉄道コム」には登録していませんでした。

しかし、3日ほど前に私がお世話になっている「はてなブログ」の鉄道グループに当ブログを登録したところ、なんでか知りませんが「鉄道コム」にも勝手にリンクが貼られるようになったようで、「鉄道コム」からのアクセスがちらほら見られるようになりました。

登録もしていないのに勝手にリンクを貼られるのも謎ですが、特に拒む理由もないので当ブログも正式に「鉄道コム」に登録することにしました。

まあ、登録したからといって特に変わる点はありませんが、気が向いたらポチッっとしてくれると嬉しいです。

 

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

鉄道コム
鉄道コム

「JR長野 鉄道フェスタ」に行ってきた。

10月14日は鉄道の日です。

 

鉄道の日に合わせ各地で鉄道イベントが催されておりますが、私はこの時期恒例のJR東日本 長野総合車両センター公開イベント「JR長野 鉄道フェスタ」に参加してきました。

というわけで、その様子を軽くレポートします。

f:id:kawaturu:20171014233030j:plain

 

まず向かったのが鉄道部品販売のコーナー。

基本的にこれ目当てに来たようなものなので、はっきりいって部品以外は「オマケ」です。

 

まずは即売品から。

廃車部品は、高崎107系が中心でした。

f:id:kawaturu:20171014233618j:plain

箱に入っているのは、側面方向幕の機械単品(幕は無い)とメーターパネル。

手前の方向幕は形式不明。

 

運転台の小物類と駅の備品類。

f:id:kawaturu:20171014233838j:plain

f:id:kawaturu:20171014233922j:plain

 

その他小物類。

f:id:kawaturu:20171014234203j:plain

腕時計、懐中時計、107系車番プレート、号車札、号車枠、寝台カーテン、改札挟など。

 

そして今回の目玉?

f:id:kawaturu:20171014234337j:plain

キハ110系の座席です。

でも販売側では発送手続きを受け付けないので、自力で持ち帰り可能な人限定という制約付き。

 

来る前からわかっていましたが、全体的にしょっぱい品揃えです。

しかも自分の購入順は200番弱・・・。

いったい何が買えるんだろうと思いながら順番を待ちます。

 

で、購入したのがこちら。

f:id:kawaturu:20171015000047j:plain

懐中時計です。

一見普通の懐中時計なのですが、ムーブメントが一般的な「クオーツ式」ではなく「手巻き式」のもの。

10個くらい残っていた懐中時計のうち、1個だけ手巻き式が残っていたので迷わず購入。

ただ、ガラスが割れているのが残念です・・・。

 

竜頭を回してみると「チチチチチ・・・」と機械式独特の小気味よい音がして、ちゃんと動作してくれました。

精度やゼンマイを巻く手間など「実用品」としての観点ではクオーツ式のほうが上ですが、「嗜好品」として考えればやはり機械式のほうが良いです。

長野くんだりまで来て買うものか?という疑問を除けば、良い買い物でした。

 

続いて入札品。

f:id:kawaturu:20171014234439j:plain

f:id:kawaturu:20171014234515j:plain

今さらながら、元カシオペア機のEF81 99の前面ナンバープレートが登場。

これが今回で一番のサプライズだったかも。

まあ、出品されても自分が買える値段じゃないですが・・・。

信越リレーの幕に札を入れましたが、それほど惜しくも無く落札できず。

 

部品コーナーを後にし、工場内を回ります。

まずは車両展示コーナーから。

f:id:kawaturu:20171015002224j:plain

f:id:kawaturu:20171015002619j:plain

今年はしなの鉄道開業20周年ということで、しなの鉄道115系が登場。

でも、共演相手が訓練車と入換動車という謎の取り合わせ。

 

続いては展示というより「晒しあげ」の車両たち。

f:id:kawaturu:20171015003021j:plain

f:id:kawaturu:20171015003039j:plain

253系鉄道博物館入り候補車両という噂もありますが、相変わらずの放置プレーで順調に朽ち果てて行ってます・・・。

400系は鉄道博物館入りが決まりましたが、253系の行く末はどうなるのでしょうか。

 

その向かいにあるのが、隠れた長野工場名物(と勝手に思っている)の物体。

f:id:kawaturu:20171015003716j:plain

115系長野色のカットモデル・・・

 

f:id:kawaturu:20171015003750j:plain

と思わせて、実は113系長野色風」のカットモデルです。

115系のカットモデルが欲しかったけど、これを作るときは115系の廃車が無かったから幕張113系を長野風に改造したようです。

 

運転台部品もそのまま残っています。

f:id:kawaturu:20171015003950j:plain

f:id:kawaturu:20171015004017j:plain

方向幕の対照表も現役自体の幕張区仕様のまま。 

 

続いて工場内へ。

f:id:kawaturu:20171015004938j:plain

クモユニ143-3。

毎年ここに展示されている、いわば主です。

 

ちなみにこいつは

f:id:kawaturu:20171015005100j:plain

床下見学のためにここに置かれています。

 

その奥には

f:id:kawaturu:20171015005240j:plain

フリーザ様がいました。

 

反対側に回ってみると

f:id:kawaturu:20171015005410j:plain

なんとさらに奥に「ゆう」が置かれており、485系ジョイフルトレインの共演。

 

先日さよなら運転をした「いろどり」

f:id:kawaturu:20171015005512j:plain

この長野公開でも、毎年休憩車として活躍していました。

 

いろどり最大の特徴である、液晶ディスプレイ式のヘッドマーク

f:id:kawaturu:20171015005810j:plain

引退運転には参加できなかったので、最後に撮影できてよかったです。

 

その他の工場エリアにゲスト?が

f:id:kawaturu:20171015010139j:plain

f:id:kawaturu:20171015010758j:plain

えちごトキめき鉄道のET122系(ほくほく線との提携ラッピング車)が入場していました。

 

鉄道以外のゲストも。

f:id:kawaturu:20171015010839j:plain

f:id:kawaturu:20171015011328j:plain

ジェイアールバス関東国鉄風味のバスが展示されていました。

 

といった感じで一通り回って撤収。

長野駅へ向かうと、そこでも鉄道の日関連のイベントが行われていました。

f:id:kawaturu:20171015011530j:plain

噂の新幹線ラッピングが施されてたレンタカーも展示されていました。

 

ここで遅めの昼食。

f:id:kawaturu:20171015011801j:plain

信州東北ローカル線の旅で入れなかったラーメン屋へ。

今回は時間に余裕があったので並ぶことに。

f:id:kawaturu:20171015011732j:plain

味噌チャーシューメンを発注しました。

 

本当は翌日の天気が良ければ長野に一泊し、しなの鉄道の復刻115系撮り鉄しようと思ったのですが、どうも天気が良くなさそうなのでラーメンを食べた後は寄り道せずに帰宅。

f:id:kawaturu:20171015011951j:plain

旅費を安く上げるために、新幹線ではなく高速バスを使いました。

新幹線より時間はかかるけど、土曜日の昼の上りはガラガラのため意外と快適なので、毎年帰りはバスを使ってます。

 

以上、「JR長野 鉄道フェスタ」のレポートでした。

 

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

信州東北ローカル線乗り鉄の旅 4日目② 朝の東北本線を北上する その2

前の記事はこちら。

信州東北ローカル線乗り鉄の旅 4日目① 朝の東北本線を北上する その1

 

小牛田からは、引き続き東北本線を北上します。

26本目 東北本線 523M 一ノ関行き 小牛田(7:40)⇒一ノ関(8:30)

f:id:kawaturu:20171014211704j:plain

f:id:kawaturu:20171014211719j:plain

車両は701系2両編成。

小牛田まで乗ってきた423Mが6両だったため、2両に減らされて座れるか?と思ったのですが、2両に相応しい人数しか乗っておらず心配無用でした。

 

列車は定刻に小牛田駅を発車。

f:id:kawaturu:20171014212035j:plain

昨日も見た風景が続きます。

 

田尻駅に到着。

f:id:kawaturu:20171014212109j:plain

この辺りの駅は、片側のホームに駅舎をベタ付けし、反対側に島式ホームを設ける2面3線構造の駅が多かったです。

東北特急全盛期は待避線も大活躍だったんでしょうが、今となってはどれくらい使われているのでしょうか。

 

県境を越えて岩手県へ。

f:id:kawaturu:20171014213522j:plain

東北本線だけあって、県境付近もそれなりに開けています。

 

終点の一ノ関駅に到着。

f:id:kawaturu:20171014213715j:plain

 

新幹線ホームとの間の広い構内に、大船渡線用のキハ100系がぽつんと佇んでいました。

f:id:kawaturu:20171014214458j:plain

 

26本目 東北本線 523M 小牛田⇒一ノ関
乗車時間:50分
移動距離:50.1km

 

 

前日までだとこの辺で休憩タイムがありましたが、今日は間髪入れずにどんどん進みます。

27本目 東北本線 1531M 盛岡行き 一ノ関(8:58)⇒北上(9:38)

f:id:kawaturu:20171014214537j:plain

f:id:kawaturu:20171014214553j:plain

車両は701系1000番台2両編成。

一ノ関以北は盛岡支社の車両が充当されるので、701系も盛岡支社色へ。

この色を見ると、遠くに来たなと感じます。

 

列車は定刻に一ノ関駅を発車。

さきほどの523Mと違い、座席がほとんど埋まるくらいの混み具合でした。

 

沿線随一の観光スポットである平泉駅に到着。

f:id:kawaturu:20171014220024j:plain

ここで半分くらいが下車し、同じくらい乗車してきました。

平泉は中学校の修学旅行で来たっきりですが、結構な人気のようで。

 

終点の盛岡駅まで行かずに、北上駅で途中下車。

f:id:kawaturu:20171014220803j:plain

仙台から続いた東北本線の北上も、ここで一区切りです。

 

27本目 東北本線 1531M 一ノ関⇒北上
乗車時間:40分
移動距離:42.4km

 

次の記事はこちら。

信州東北ローカル線乗り鉄の旅 4日目③ 満員列車で北上線を行く

 

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

信州東北ローカル線乗り鉄の旅 4日目① 朝の東北本線を北上する その1

前の記事はこちら。

信州東北ローカル線乗り鉄の旅 3日目⑭ 3日目のまとめと宿と飯

 

2017年8月17日 4日目

4日目も仙台からスタートです。

f:id:kawaturu:20171012200116j:plain

今日は朝から雨模様。

ホテルの近くまで地下通路が来ていたので、あまり濡れずに済みました。

 

昨日は宮城県内をうろちょろしていましたが、今日は早朝から東北本線を一気に北上します。

25本目 東北本線 423M 小牛田行き 仙台(6:44)⇒小牛田(7:29)

f:id:kawaturu:20171012200725j:plain

f:id:kawaturu:20171012200706j:plain

 

車両は701系+E721系1000番台の6両編成。

f:id:kawaturu:20171012200814j:plain

E721系ボックスシートに陣取ります。

 

列車は定刻に仙台駅を発車。

まずはJR東日本仙台車両センターの横を通過。

f:id:kawaturu:20171012201013j:plain

f:id:kawaturu:20171012201026j:plain

マニの姿も見えました。

 

続いてJR貨物の仙台総合鉄道部。

f:id:kawaturu:20171012201212j:plain

JRFマークが消されたEH500-8号機がいました。

 

岩切駅に到着。

f:id:kawaturu:20171012201325j:plain

岩切駅に来るのはこの旅で4度目ですが、もう来ることはありません。

 

岩切駅を過ぎると、雨が上がり青空が見えました。

f:id:kawaturu:20171012201434j:plain

この旅が始まって以来ずっと曇っていたので、青空を見たのは久しぶりです。

 

ここらで朝食。

f:id:kawaturu:20171012201655j:plain

今日は早朝出発だったため、宿で朝食が摂れませんでした。

コンビニの菓子パンとおにぎりで腹を満たします。

 

陸前山王駅に到着。

f:id:kawaturu:20171012201951j:plain

運用を離脱したと思われる719系が、大量に留置されていました。

この旅では、719系に当たることが一度もなかったのが残念です。

 

塩釜駅を過ぎ、仙石東北ラインとの分岐点へ。

f:id:kawaturu:20171012202312j:plain

奥に見える片持ち支持の架線が仙石線です。

昨日乗車した仙石東北ラインの列車は、この斜めに走る短絡線を通って仙石線に向かうのですが、短絡線には架線が張られていないのがわかります。

今日はこのまま直進し、東北本線を北上します。

 

品井沼駅に到着。

f:id:kawaturu:20171012202626j:plain

とても味のある待合室と駅名標がありました。

 

車窓には水田地帯が広がります。

f:id:kawaturu:20171012202750j:plain

 

列車は終点の小牛田駅の構内に進入。

f:id:kawaturu:20171012202845j:plain

f:id:kawaturu:20171012202906j:plain

「風っこ」と「みのり」がちらっと見えました。

 

小牛田駅に到着。

f:id:kawaturu:20171012202938j:plain

 

ちょうど、「石巻貨物」が発車するところでした。

f:id:kawaturu:20171012203032j:plain

f:id:kawaturu:20171012203047j:plain

この「石巻貨物」も撮り鉄遠征を行いたいと思っている列車の1つなのですが、なかなかきっかけがなく実現しないまま。

DD200などに置き換わる前にちゃんと撮影したいものです。

 

25本目 東北本線 423M 仙台⇒小牛田
乗車時間:45分
移動距離:43.2km

 

次の記事はこちら。

信州東北ローカル線乗り鉄の旅 4日目② 朝の東北本線を北上する その2

 

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村