川崎鶴見鉄道録

川崎・鶴見界隈の鉄道に関するブログ

音威子府駅 北海道放浪の旅 9日目⑤

前の記事はこちら。

美深駅 北海道放浪の旅 9日目④

 

美深町を後にし、続いて北隣の音威子府村音威子府駅にやってきました。

f:id:kawaturu:20190522204842j:plain

f:id:kawaturu:20190522204851j:plain

音威子府「おといねっぷ」と読みます。

音威子府村の人口は600人台で、北海道内で最も人口の少ない市町村だそうな。

 

そんな音威子府駅舎内の様子。

f:id:kawaturu:20190522205124j:plain

音威子府村は森林資源が豊富だそうで、お土地柄を反映してか外装や内装には木材が使われております。

待合室は天井が高いため、とても開放的です。

 

待合室に隣接して天北線資料館」があります。

f:id:kawaturu:20190522205641j:plain

天北線は、音威子府駅から南稚内駅までを浜頓別・猿払など、オホーツク海沿岸を経由して結んでいた路線で1922年に全線開通し、当時日本統治下にあった南樺太と本土を結ぶ連絡鉄道としての機能を担っていました。

当初は天北線が「宗谷本線」と呼ばれていましたが、1926年に音威子府稚内間を幌延経由で結ぶルート「天塩線」が開業すると、距離が短い天塩線がメインルートとして機能するようになり、1930年には「天塩線」が「宗谷本線」に編入され、浜頓別経由のルートは「北見線」と改称されました。

さらに1961年に「天北線」と再改称したのち、天北線は1989年に全線廃止されました。

 

資料館の中には、天北線にまつわるものが収蔵されていました。

f:id:kawaturu:20190522212255j:plain

f:id:kawaturu:20190522212314j:plain

f:id:kawaturu:20190522212328j:plain

f:id:kawaturu:20190522212348j:plain

部品オタクな私的には、結構楽しめる内容でした。

 

そして音威子府駅で忘れてはならぬのがこちら。

f:id:kawaturu:20190522212459j:plain

駅舎内にある駅そば「常盤軒」さんでございます。

音威子府駅の駅そばと言えば、全国数多の駅そばの中でもトップクラスの知名度と人気を誇るので、ご存知の方も多いと思います。

 

この日のお昼はこの駅そばと決めておりましたので、さっそく食します。

f:id:kawaturu:20190522213637j:plain

f:id:kawaturu:20190522213647j:plain

音威子府のそばは、実を殻ごと挽いているため麺が真っ黒で、つゆも麺の風味に負けないように濃い目になっているのが特徴です。

こう書くと、見た目のインパクトで注目されているように思われるかもしれませんが、味も間違いなく一級品の美味しさです。

 

立ち食いだけではなく、お土産用の乾麺もあります。

f:id:kawaturu:20190522214858j:plain

音威子府のそばはテツに限らず有名なため、ちょうどお昼時とあって列車も発着していないのにも関わらず、ドライブやツーリングで立ち寄った方々で駅舎内は活気にあふれておりました。

立ち食いそばで、これだけの人を集められるのはすごいことだと思います。

 

お腹もいっぱいになったところで「わがまちご当地入場券」を購入します。

音威子府駅は直営駅なので、入場券は「みどりの窓口」で扱っているほか、町内のセイコーマートでも委託販売されています。

f:id:kawaturu:20190522215131j:plain

 

今回はみどりの窓口で購入しました。

f:id:kawaturu:20190522215142j:plain

表の柄は、2013年に音威子府村改称50周年を記念して運行された団体臨時列車 常盤号」でした。

硬券の入場券もあったので、ついでにそちらも購入しておきました。

 

音威子府駅「わがまちご当地入場券」発売情報
発売場所:音威子府駅 みどりの窓口
発売時間:8:15~16:10

 

発売場所:セイコーマート 音威子府店(音威子府駅から徒歩15分)
発売時間:6:00~23:00

※2019年5月時点

 

美深駅 北海道放浪の旅 9日目④

前の記事はこちら。

日本唯一の「キマロキ編成」 北海道放浪の旅 9日目③

 

名寄市を後にし、宗谷本線に沿ってさらに北上します。

今回やってきたのは、美深町美深駅です。

f:id:kawaturu:20190520215836j:plain

なかなか立派な駅舎ですね。

 

駅舎の中の様子。

f:id:kawaturu:20190520221919j:plain

f:id:kawaturu:20190520221929j:plain

1階は待合室のほか、観光案内所兼地元の特産を扱う売店が入居しており、賑やかな雰囲気です。

 

2階は1985年に廃止された国鉄美幸線資料館となっています。

f:id:kawaturu:20190520222043j:plain

ちょうど開館していたので、入ってみることに。

 

まずは美幸線の歴史を紹介したボード。

f:id:kawaturu:20190520223931j:plain

美幸線は宗谷本線美深駅と、オホーツク海沿岸の枝幸町にある興浜北線北見枝幸駅を結ぶ路線として計画されました。

1964年に美深駅から同じく美深町内の仁宇布駅までの区間が先行開業しましたが、この区間は「日本一の赤字路線」と言われるほどの不採算路線となり、その後仁宇布駅~北見枝幸駅間の建設は凍結。

開業済みの美深駅~仁宇布駅も1985年に廃止され、美幸線は全線開業することができないまま、わずか21年で歴史に幕を閉じました。

 

こちらは美幸線で実際に使用されていた備品類。

f:id:kawaturu:20190520223847j:plain

f:id:kawaturu:20190520225240j:plain

f:id:kawaturu:20190520225219j:plain

 

こちらは切符や資料など。

f:id:kawaturu:20190520225341j:plain

f:id:kawaturu:20190520225400j:plain

f:id:kawaturu:20190520225353j:plain

 

ジオラマもありました。

f:id:kawaturu:20190520223831j:plain

資料館自体はそれほど大きくありませんが、展示内容は美幸線に特化した形となっており中身は濃く、それなりに楽しめる内容でございました。

乗り鉄のときの待ち時間なんかには、ちょうど良いと思います。

 

資料館探訪を終えて、目的である「わがまちご当地入場券」の購入へ。

f:id:kawaturu:20190520225559j:plain

美深駅は2016年に簡易委託化されましたが、直営駅時代の「みどりの窓口」がそのままきっぷ売り場として転用されています。

 

さっそく窓口で入場券を購入。

f:id:kawaturu:20190520230008j:plain

表の柄は「豊清水駅で交換するキハ183系の特急サロベツでした。

 

美深駅の窓口では常備券も発売していたので、そちらも併せて購入。

f:id:kawaturu:20190520230130j:plain

距離式の自由席特急券と、名寄までの普通乗車券を購入したほか、町内にあるトロッコ王国の切符もオマケで貰いました。

窓口の方も収集オタク慣れしているのか、発売口座の内容も教えていただけるなど、とても親切な方でございました (^o^)

 

美深駅「わがまちご当地入場券」発売情報
発売場所:美深駅 きっぷうりば
発売時間:7:40~17:00

※2019年5月時点

 

次の記事はこちら。

音威子府駅 北海道放浪の旅 9日目⑤

 

 

そして最後に、本筋から離れたご報告をひとつ。

本日累計500,000アクセスを突破しました!!

f:id:kawaturu:20190521210729p:plain

これもひとえに、日頃よりご訪問いただく読者の皆様のおかげでございます。

 

2017年7月29日にブログを立ち上げ、662日(1年10か月弱)、550回の更新で到達したので、これを平均化すると

775アクセス/日
909アクセス/更新

ということになります。

次の区切りは100万アクセスになりますが、そのときまで当ブログを続けて行きたいと思っておりますので、お付き合いいただければ幸いです。

 

日本唯一の「キマロキ編成」 北海道放浪の旅 9日目③

前の記事はこちら。

名寄駅 北海道放浪の旅 9日目②

 

前回は名寄駅に立ち寄りましたが、名寄市には前々から見たかったものがあったため、次の町へ移動する前に寄り道することにしました。

やってきたのは、名寄駅から少し南側にある名寄公園内の名寄市北国博物館」という施設です。 

f:id:kawaturu:20190518212807j:plain

 

博物館の入口に、お目当てのものが展示されていました。

f:id:kawaturu:20190518215658j:plain

今回見たかったのは、ここで静態保存されている蒸気機関車です。

「でも蒸気機関車なんて、型式は違えど全国の公園にたくさん保存されているでしょ」なんて言う方もいると思いますが、ここのは一味違うというか日本唯一のある特徴を持った保存機なのでございます。

 

その特徴は、横から見るとわかります。

f:id:kawaturu:20190518213811j:plain

SLの後ろに黄色い帯を纏った事業車両がくっついており、編成を組んでいるのです。

 

「なぜ編成を組んで保存されているのか?」というのは、説明書きの看板で詳しく解説されていました。

f:id:kawaturu:20190518214254j:plain

f:id:kawaturu:20190518214301j:plain

f:id:kawaturu:20190518214309j:plain

この保存機は列車牽引のためではなく、除雪用の列車として活躍した車両たちで、組成された車両の頭文字をとってキマロキ編成と呼ばれています。

ちなみに「キマロキ」の意味ですが

キ:先頭牽引用機関車
マ:マックレー車(線路周辺の雪をかき集める車両)
ロ:ロータリー車(雪を遠方に投げ飛ばす車両)
キ:後方押上げ用機関車

の4種類の車両で組成されていることにちなみます。

このキマロキ編成による除雪は、蒸気機関車全盛時は北海道や東北などの豪雪地帯で見られたものですが、編成のまま保存されているのは日本でここだけです。

 

ここに保存されているのは、現役時代に名寄本線で活躍した車両たちです。

f:id:kawaturu:20190518213227j:plain

そしてこの保存機が置かれている線路は、実は廃線になった名寄本線の線路を撤去せずに残したもので、キマロキ編成と一緒に名寄本線の保存も兼ねているというわけです。

 

このキマロキ編成は、名寄公園内に置かれているので自由に見学可能なのですが、一部車両を除き車内も開放されております。

f:id:kawaturu:20190518220310j:plain

無料の公園で車内まで開放しているのは、案外珍しいんじゃないでしょうかね。

 

というわけで、そんなキマロキ編成を1両ずつじっくりご紹介。

まずは先頭の機関車から。

f:id:kawaturu:20190518230944j:plain

9600型 59061号機

9600型は北海道や九州の石炭輸送列車の牽引で活躍した機関車で、ここ以外でも多数の保存機があります。

ヘッドマークが掲げてありますが、このキマロキ編成準鉄道記念物に指定されており、それを記念したものとなっております。

 

59061号機は運転台も開放されていたので、こちらも見学。

f:id:kawaturu:20190518232235j:plain

f:id:kawaturu:20190518232337j:plain

屋根なし屋外の公園内に置かれているのですが、整備が行き届いており良好な状態でちょっと驚きました。

 

f:id:kawaturu:20190519231053j:plain

マックレー車 キ911号機

こちらは「マックレー車」といい、線路周辺の雪をかき寄せるための車両です。

車両後方にあるウイングを広げて雪をかき寄せて、後方に連結しているロータリー車へ雪を送り込みます。

f:id:kawaturu:20190519231249j:plain

現代のロータリー車や除雪用機械では、ロータリー車側にウイングが付いており自力でかき寄せられるため、マックレー車は不要となっています。

 

マックレー車にも梯子がかかっているのですが、ドアが施錠されており残念ながら内部は見られませんでした。

f:id:kawaturu:20190519231650j:plain

 

f:id:kawaturu:20190519231804j:plain

ロータリー車 キ604号機

こちらはマックレー車がかき寄せた雪を遠くへ飛ばす「ロータリー車」です。

現代のロータリー車ディーゼルエンジン駆動ですが、この時代のロータリー車は機関車と同じく蒸気機関駆動となっており、後方に炭水車を連結しています。

f:id:kawaturu:20190519234943j:plain

f:id:kawaturu:20190519235002j:plain

まるで箱型の機関車みたいな外観ですね。

 

ロータリー車は内部も公開されています。

f:id:kawaturu:20190519235444j:plain

 

こちらは前方にある投雪を制御する運転台の様子です。

この真ん中の装置で、投雪の向きや角度を制御していたみたいですね。

f:id:kawaturu:20190519235508j:plain

 

運転台の後方には、ロータリー羽根を駆動する蒸気ボイラーが鎮座しています。

f:id:kawaturu:20190519235848j:plain

機関車と違いボイラーが室内にあるので、稼働時はかなり暑かったんじゃないでしょうかね。

 

蒸気ボイラーを挟んで後方には、ボイラーの操作室があります。

f:id:kawaturu:20190520000013j:plain

f:id:kawaturu:20190520000030j:plain

このロータリー車は自走する能力は無いため、運転台としての機能は持っておらず、純粋にボイラーを炊くための機能しかありません。

なのでメーターや配管類は、機関車の運転台と比べるとシンプルな構成となっています。

 

f:id:kawaturu:20190520001249j:plain

D51 398号機

ロータリー車は自走機能を持たないため、ロータリー車の後ろには押し上げるための機関車が連結されています。

このD51 398号機は、ヘッドライトに副灯が付いたタイプですね。

 

運転台の様子。

f:id:kawaturu:20190520002150j:plain

f:id:kawaturu:20190520002238j:plain

先頭の9600型とは機器や配管の配置が異なるのが分かります。

 

f:id:kawaturu:20190520002625j:plain

ヨ3500形 4456号車

北国博物館のキマロキ編成の最後尾には、車掌車が連結されています。

実際の除雪作業時は、ポイントや信号機に付着した雪など機械では対応できない作業もあるため、除雪人員を乗せた車掌車や事業車を連結することも多かったそうです。

 

またキマロキ編成の傍らには、深名線の天塩弥生駅駅名標が保存されています。

f:id:kawaturu:20190520003423j:plain

レプリカらしいですが、設置されて相応の年月がたっているためか、本物と変わらない味が出ておりますね。

 

といった感じで、日本唯一の「キマロキ編成」をご紹介しました。

このキマロキ編成は宗谷本線の列車からも見ることが出来ますし、名寄駅から徒歩で訪問可能です。

名寄市乗り鉄に来た折には、訪問してみてはいかがでしょうか。

 

次の記事はこちら。

美深駅 北海道放浪の旅 9日目④

「京急ファミリー鉄道フェスタ2019」に行ってきた

本日は毎年恒例となっております、京浜急行久里浜工場の公開イベント京急ファミリー鉄道フェスタ」が開催されました。

f:id:kawaturu:20190519204717j:plain

例年通り私も参戦してきたので、今回はそのレポートをお届けします。

 

本命は京急の鉄道部品でありますが、今年は前回の様なトップ組を引けなかったので、まずは他社ブースから回ります。

というわけでやってきたのは、川崎鶴見臨港バスのブースです。

f:id:kawaturu:20190519204918j:plain

 

まずは「今回のイベントで放出されるかも」と事前に予想し、本当に放出された欲しかったものから。

f:id:kawaturu:20190519205008j:plain

f:id:kawaturu:20190519205015j:plain

これは2019年3月3日、京急大師線の地下化工事によるバス代行輸送時に使用した旗とテプラです。

当日は雨だったため自宅に引きこもっていたので、代行輸送時の姿を記録できなかったのですが、部品としては残すことができてよかったです。

 

ついでにもうひとつ購入。

f:id:kawaturu:20190519210033j:plain

これは2017年11月19日、臨港バス創立80周年を記念し、川崎市内と横浜市内の一般路線がすべて無料で乗れる「運賃無料デー」時に掲出されたマグネットシートです。

 

臨港バスに関しては、事前に狙っていた京急大師線代行輸送絡みの部品が買えたので、大満足な結果となりました。

 

続いては今回のメインである京急部品ブースへ。

f:id:kawaturu:20190519210758j:plain

昨年はトップのA組を奇跡的に引き当てましたが、今年はその1つ後ろのB組で参戦。

 

今年の収穫品はこちら。

f:id:kawaturu:20190519210931j:plain

まずは800形の前面行先表示器です。

前面表示器に関しては、収録内容的に上位互換?の新1000形のものを所持していますが、この800形独特の前面カバーが欲しくて購入しちゃいました。

 

今回購入したものは、デハ816-1に付いていた巻取器でした。

f:id:kawaturu:20190519211234j:plain

この写真の行先表示器を手に入れたことになるので、縁のある車両のものを購入できてよかったです。

 

それと方向幕の単幕を何本か。

f:id:kawaturu:20190519211657j:plain

 

あとは銘板類も数点購入。

f:id:kawaturu:20190519211634j:plain

こちらも狙っていた800形関連の部品を購入でき、満足な結果となりました。

ご協力いただいた方々、ありがとうございました。

 

部品購入後は、会場内をぷらぷら回ります。

部品販売横の建屋内では、1509Fが120周年のヘッドマークを付けて展示。

f:id:kawaturu:20190519213316j:plain

f:id:kawaturu:20190519214029j:plain

 

その横では、保存車の旧1000形と、元2011Fの先頭車が展示されていました。

f:id:kawaturu:20190519213847j:plain

f:id:kawaturu:20190519213839j:plain

 

元2011Fに関しては、中間車は部品が抜き取られて解体待ちの状態で工場内に留置されており、取り外した巻取器などは部品販売で売られていました。

f:id:kawaturu:20190519214352j:plain

中間車はこのまま解体されるでしょうが、先頭車の処遇が気になるところですね。

続いては車両撮影コーナーへ。

f:id:kawaturu:20190519214653j:plain

f:id:kawaturu:20190519214702j:plain

今回展示されたのは
・800形823F(リバイバル塗装)
・1500形1501F(1500形トップナンバー)
・600形601F(600形トップナンバー)
2100形2101F(2100形トップナンバー)
新1000形1601F(新1000形1600番台トップナンバー)
新1000形1801F(新1000形1800番台トップナンバー)

と、800形以外はすべてトップナンバーが揃ったうえ、運番表示がすべて「31」と表示されており、「令和元年」と「平成31年」をかけているそうです。

おそらく数日前より運用を調整し、トップナンバー編成を揃えたのだと思いますが、ものすごいこだわりと苦労が詰まった展示となりました。

 

そんなわけで、展示の機会が多い「イエローハッピートレイン」は、京急久里浜駅久里浜工場の輸送列車に充てられていました。

f:id:kawaturu:20190519215805j:plain

また600形ブルスカは、ちらっと写っているように会場から見える場所にて終始寝ておりました。

 

そのほかバスの展示も。

f:id:kawaturu:20190519220543j:plain

こちらは京急バス燃料電池車「SORA」という車両。
今年3月から、お台場周辺で運用されているそうです。

 

f:id:kawaturu:20190519220548j:plain

こちらは臨港バスのマスコット「りんたん」ラッピングの車両。
未だ遭遇したことが無かったので、見ることができてよかったです。

 

といった感じで一回りして、会場を後にしました。

また来年も来たいと思います。

 

以上、「京急ファミリー鉄道フェスタ2019」の参加レポートでした。

 

2018年のレポートはこちら。

名寄駅 北海道放浪の旅 9日目②

前の記事はこちら。

剣淵駅 北海道放浪の旅 9日目①

 

剣淵町からは国道40号線を再び北上し、士別市を飛び越して名寄市名寄駅へやってきました。

f:id:kawaturu:20190516235126j:plain

f:id:kawaturu:20190516235631j:plain

かつて名寄駅には、深名線名寄本線なども乗り入れており、上川地方北部の要衝として栄えましたが、現在は宗谷本線しかない中間駅となりながらも、列車運行上での重要な拠点駅となっています。

 

宗谷本線は、名寄駅を境に運行形態や輸送人員が大きく変わるため、名寄から南側を「宗谷南線」、名寄から北側を「宗谷北線」と呼称することがあります。

「宗谷南線」は旭川都市圏とのつながりがあり、特急列車以外にも普通列車や快速列車も含め15本程度運転されていますが、一方の「宗谷北線」は名寄駅から北に向かう列車は、特急3本と普通4本のわずか7本しか運転されておらず、北海道内でも屈指のローカル線となっています。

 

そんな名寄駅舎の中の様子。

f:id:kawaturu:20190517002302j:plain

f:id:kawaturu:20190517002258j:plain

一応拠点駅とあって、それなりの待合室も備えた駅舎です。

えきねっと」の受取機が整備されていたことに、地味に驚きました (^_^;)

 

名寄駅は直営駅なので「わがまちご当地入場券」はみどりの窓口で発売していますが、営業時間が短いためか士別駅と同様に、市内のセイコーマートでも併売しています。

今回は窓口の営業時間帯に訪問したので、窓口で購入しました。

f:id:kawaturu:20190517003331j:plain

表の柄は「お座敷車両を増結した特急サロベツでした。

名寄駅「わがまちご当地入場券」発売情報
発売場所:名寄駅 みどりの窓口
発売時間:7:40~17:05
 

発売場所:セイコーマート 名寄西4条店(名寄駅から徒歩10分)
発売時間:24時間営業

※2019年5月時点

 

 

そしてこの名寄駅、実は旅客だけではなく貨物でも拠点性を発揮している駅です。

f:id:kawaturu:20190517003648j:plain

f:id:kawaturu:20190517003657j:plain

名寄駅には普通の貨物列車の発着はありませんが、駅の横に名寄オフレールステーション(ORS)という「トラックによる貨物列車」のための貨物駅が併設されています。

 

名寄ORSでは、北旭川駅との間で定期列車が1日5往復設定されており、ちゃんと貨物時刻表にも記載があります。

f:id:kawaturu:20190517004800j:plain

道路を走っているJRコンテナを積んだトレーラーが、実は貨物列車だったなんてこともあり得るわけですね。

さすがに「トラック代行の貨物列車」を撮り鉄する人は相当珍しいと思いますが。

 

次の場所に向かう前に、ちょっと撮り鉄をすることに。

f:id:kawaturu:20190517005926j:plain

名寄駅に立ち寄った時、発車標を見たら稚内行きの特急「宗谷」が来ることに気付いたので、沿線で撮り鉄することにしました。

 

時間も無かったので、名寄駅の北側にある国道239号線の陸橋から撮影。

f:id:kawaturu:20190517010036j:plain

51D 特急「宗谷」

なにげに、非電化区間キハ261系0番台を撮影したのは初めてでした。

 

次の記事はこちら。

日本唯一の「キマロキ編成」 北海道放浪の旅 9日目③