川崎鶴見鉄道録

川崎・鶴見界隈の鉄道に関するブログ

信州東北ローカル線乗り鉄の旅 7日目⑧ 「新幹線界の秘境駅」奥津軽いまべつ駅を散策 その2

前の記事はこちら。

信州東北ローカル線乗り鉄の旅 7日目⑦ 「新幹線界の秘境駅」奥津軽いまべつ駅を散策 その1

 

さて、奥津軽いまべつ駅の散策だけで2回も引っ張っておりますが・・・。

今回は津軽今別駅」から「奥津軽いまべつ駅」になってどんな発展を遂げたかを比較してみようかと思います。

比較前提として

 津軽今別駅:2009年3月

 奥津軽いまべつ駅:2017年8月

時点をそれぞれの基準としております。

 

まずは駅前広場から

津軽今別

f:id:kawaturu:20171212232555j:plain

奥津軽いまべつ

f:id:kawaturu:20171212232643j:plain

一見見違えるほど発展していますが、よく見ると人っ子ひとり歩いていないのは変わっていないです・・・。

ハコがどれだけ大きくなろうとも、人の流動というのは簡単には変わらないようです。

 

続いてはホームまでのアプローチ。

津軽今別

f:id:kawaturu:20171212233158j:plain

奥津軽いまべつ

f:id:kawaturu:20171211010400j:plain

奥津軽いまべつ駅になって、エレベーターが付きました

というか、津軽今別の階段付近には「津軽今別駅」という看板が無いので、ぱっと見だと駅の入口ってわかんないですね。

 

エレベーターを昇って駅舎の中へ。

f:id:kawaturu:20171212234247j:plain

駅舎までは連絡橋を渡るのですが、なんで連絡橋が必要なのかというと、駅前広場と新幹線ホームの間にある津軽線と海峡線用の保守基地を交わすためです。

 

津軽今別

f:id:kawaturu:20171212234525j:plain

奥津軽いまべつ

f:id:kawaturu:20171212234635j:plain

奥津軽いまべつ駅になってから保守基地の規模が拡大されているのがわかります。

そしてよくみると、保守基地内も狭軌標準軌のエリアに分かれていますね。

狭軌エリアのつくりは津軽今別時代から変わっておらず、津軽線との間に標準軌のエリアを追加したようです。

そして、唯一の営業路線である津軽線が一番ヘロヘロなのも相変わらずです・・・。

 

本線の配置も変わりました。

津軽今別

f:id:kawaturu:20171212235147j:plain

奥津軽いまべつ

f:id:kawaturu:20171212235100j:plain

津軽今別駅時代は待避設備を持たないただの中間駅でしたが、奥津軽いまべつ駅になってから駅構内では狭軌標準軌が分離されたおかげで待避設備ができました。

ちなみに当駅を通過する貨物列車は駅のホームは通らずにこちらの待避線に入ってしまうため、「新幹線ホームを貨物列車が通過する」というシーンは見られません

 

続いて駅構内。

津軽今別

f:id:kawaturu:20171212235737j:plain

f:id:kawaturu:20171212235755j:plain

奥津軽いまべつ

f:id:kawaturu:20171213000040j:plain

f:id:kawaturu:20171213000055j:plain

津軽今別駅はホームに掘っ建て小屋のような待合室があっただけなので、構内と言ってよいかわかりませんが・・・まあ、立派になっております。

奥津軽いまべつの椅子は常設のものではく繁忙期用の仮設用で、ちゃんとした椅子もありました。

 

続いて改札口?

津軽今別

f:id:kawaturu:20171213000455j:plain

奥津軽いまべつ

f:id:kawaturu:20171213000531j:plain

津軽今別無人駅だったので改札口なんてものはないうえに、跨線橋ではなく構内踏切で上下線を行き来する超簡素な構造でした。

※北海道側にある似たような境遇の駅であった知内駅は跨線橋がありました

奥津軽いまべつは秘境といえど新幹線の駅なので、みどりの窓口も自動改札機もちゃんとあります。

 

そして駅構内での一番の進歩は、これじゃないでしょうか。

f:id:kawaturu:20171213001522j:plain

奥津軽いまべつになってトイレが設備されました。

まあ、新幹線の駅にトイレが無いほうがどうかしていますけど。

 

最後はホーム・・・と言いたいところですが、奥津軽いまべつ駅ホームに入るのを忘れていました

ということで、津軽今別のホームだけ掲載。

f:id:kawaturu:20171213002114j:plain

f:id:kawaturu:20171213002144j:plain

本線の両サイドにホームを付けただけの構造でした。

こんな狭いホームの横をスーパー白鳥が140km/hで通過したら、なかなかの迫力だったんでしょうね。

 

続いて運行ダイヤ

津軽今別

f:id:kawaturu:20171213002906j:plain

奥津軽いまべつ

f:id:kawaturu:20171213002933j:plain

津軽今別時代は2往復しか停車しませんでしたが、奥津軽いまべつになってから7往復に増えました。

 

最後は1日当たり乗車人数

 津軽今別:1人

 奥津軽いまべつ:60人

なんと新幹線が開業してから60倍に増えました。

といっても、全国の新幹線駅の中で最下位であります・・・。

しかし、ここは青函トンネルに隣接した信号所としての役割のほうが大きいので、乗降人員だけで必要度は測れませんが。

 

といった感じで「津軽今別駅」と「奥津軽いまべつ駅」を比較してみました。

印象としては「ハコは大きく変わったけど、存在意義は良くも悪くも変わっていない」ですねぇ。

駅構内は売店すらない簡素な作りとなっており、「旅客扱いはオマケ」というのは津軽今別から変わってないなと思います。

 

最後に「訪問の証」として入場券を購入するため窓口に。

するとそこには・・・

f:id:kawaturu:20171213004437j:plain

噂に聞いていた「ご当地入場券」がここ奥津軽いまべつ駅でも売られていました。

ということで早速購入。

f:id:kawaturu:20171213004544j:plain

 ・ご当地入場券

 ・マルス様式の入場券

 ・総販様式の入場券

と3種類も購入しちゃいました。

 

「総販」というのは、簡単にいうとJR北海道独自の切符発券システム」で、北海道の鉄オタにはなじみ深いシステムなのですが、私はすっかり存在を忘れておりました。

ご当地入場券を購入時に「マルスの入場券もください」と鉄オタ丸出しの注文をしたところ、駅員さんに「一緒に総販様式もどうですか?」と勧められて、「総販」なんてあったなぁと思いだして購入に至りました。

※「総販」について詳しく知りたい方はグーグル先生に聞いてみてください。

 

総販とマルスの入場券をアップで。

f:id:kawaturu:20171213005700j:plain

同じ端末で発券しているのですが、使用するシステムによって微妙に様式が異なっているのがわかります。

もちろん、切符の効力はどちらも変わりません。

 

そしてもう一つ興味深いのが、総販、マルスとも表題の駅名は「奥津軽いまべつ駅」なのですが、下の発行駅表記は「奥津軽今別駅」となっているんです。

文字数制限でもあるんでしょうかね。

 

以上で奥津軽いまべつ駅の散策は終了です。

 

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

鉄道コム
鉄道コム

信州東北ローカル線乗り鉄の旅 7日目⑦ 「新幹線界の秘境駅」奥津軽いまべつ駅を散策 その1

前の記事はこちら。

信州東北ローカル線乗り鉄の旅 7日目⑥ 三厩駅を散策して帰路に着く

 

津軽線普通列車津軽二股駅で下車しましたが、ここが目的地ではありません。

真の目的地は、津軽二股駅のホームから見えるあの建物。

 

f:id:kawaturu:20171211003042j:plain

もうお分かりだと思いますが、北海道新幹線奥津軽いまべつ駅です。

 

f:id:kawaturu:20171211003334j:plain

こんな感じで、それぞれの駅の入り口は10mくらいしか離れていませんが、扱い上は全く別の駅です。

 

この黒いフードが付いた通路入っていくと、屋内駐車場になっていました。

f:id:kawaturu:20171211005336j:plain

この駐車場と「奥津軽いまべつ駅」は、屋内続きで一体化しています。

積雪地で青空駐車場は地味にきついので、これは便利ですね。

 

f:id:kawaturu:20171211010155j:plain

f:id:kawaturu:20171211010212j:plain

駐車場を抜けると駅につながるエレベーターがあります。

手前には液晶式の発車標も完備されていました。

 

一旦外に出てみます。

f:id:kawaturu:20171211010400j:plain

f:id:kawaturu:20171211010421j:plain

北海道新幹線の線路は築堤上にあるため、手前の駅前広場より一段高い場所に線路が通っています。

そのため、手前のガラス張りの建屋内にあるエレベーターで上昇し、駅の母屋へは連絡橋を渡っていく構造になっています。

この構造は、先日訪れた上野原駅と同じです。

 

駅から離れて一枚。

f:id:kawaturu:20171211011027j:plain

開放的な自然の中に突如現れた巨大建造物は、自然に溶け込む気が全くありません。

しかしながら、雪に覆われる冬だとまた違った情景になるのでしょう。

 

 駅につながる道路にあった道路標識。

f:id:kawaturu:20171211230110j:plain

奥津軽いまべつ駅」はデカデカと書いていますが、津軽二股駅」という表記は一文字もありません。

 

奥津軽いまべつ駅」のど真ん前にあった案内板。

f:id:kawaturu:20171211230237j:plain

ここにも「津軽二股駅」という表記は一文字もありません。

 

そしてようやく・・・

f:id:kawaturu:20171211230343j:plain

駐車場の入口の看板に現れました。

もはや津軽二股駅は「いらない子といわんばかりの扱いです。

まあ、津軽二股駅を利用するのは地元民と鉄道オタクだけでしょうから、この扱いも仕方ないのかもしれません。

 

 

ちなみにこの「奥津軽いまべつ駅」ですが、旅客扱いが在来線であった時代は津軽今別駅と呼ばれていました。

その当時の写真がこちら。

f:id:kawaturu:20171211003700j:plain

この「津軽今別駅」も「津軽二股駅」と区別されており、現在の「奥津軽いまべつ駅」と「津軽二股駅」の関係性と同じです。

在来線時代の扱いが、そのまま北海道新幹線開業後も引き継がれています。

 

今回「奥津軽いまべつ駅」を訪れた理由は、在来線時代の「津軽今別駅」からどのような変貌を遂げたかを見たかったから。

その2では、「奥津軽いまべつ駅」と「津軽今別駅」でどう変わったかを中心にお届けします。

 

次の記事はこちら。

信州東北ローカル線乗り鉄の旅 7日目⑧ 「新幹線界の秘境駅」奥津軽いまべつ駅を散策 その2

 

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

鉄道コム
鉄道コム

貨物列車撮影 12/10 検査から復帰したEF66 27を撮る

11月に入ってから今日に至るまで、平日は連日残業、土曜日もほぼ仕事という生活であったため、日曜日は睡眠を貪ることが多く趣味活動も停滞気味。

それに加え、「信州東北ローカル線乗り鉄の旅」「四国遠征」の記事を優先的に更新した結果、「川崎・鶴見界隈の鉄道に関するブログ」を標榜しておきながら、地元ネタの記事が全く書けていない有様となっております・・・

 

そんなわけで約1か月ぶりとなる川崎鶴見界隈の貨物列車ネタですが、今回の主役は検査入場から復帰したEF66 27号機です。

今日は昼過ぎに東海道を下る5095レに充当されるということで、正面順光となる花月園踏切に向かいます。

 

久々の撮り鉄となるので、まずは5095レの前を走る列車をリハビリがてら撮影。

f:id:kawaturu:20171210211921j:plain

3090レ EF210-171

 

f:id:kawaturu:20171210212205j:plain

3075レ EF64 1002

 

ここで予想外の車両が旅客線を通過。

f:id:kawaturu:20171210212326j:plain

「宴」東海道線を下って行きました。

「宴」の走行写真を撮ったのは何年振りだろう・・・と考えても全く見当がつかないくらい久々の撮影となりました。

基本的にJTは興味が無いので、こういった偶然か車両センター公開に展示でもされていないと撮る機会もないです。

 

そんな出会いを経て、今日の本命が登場です。

f:id:kawaturu:20171210213447j:plain

f:id:kawaturu:20171210213503j:plain

5095レ EF66 27

なにげに27号機をここ花月園踏切で撮影したのは初めてです。

やはり飾り帯があるとカッコいいですねぇ。

 

私がここに到着したころは同業さんは1人しかいなかったのですが、5095レ通過時は私含め6人になっておりました。

ほかの撮影スポットも随分とにぎわっていたようですね。

 

以上で1か月ぶりの貨物撮影は終了。

ご一緒した皆様、お疲れ様でした。

 

にほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村

鉄道コム
鉄道コム

信州東北ローカル線乗り鉄の旅 7日目⑥ 三厩駅を散策して帰路に着く

前の記事はこちら。

信州東北ローカル線乗り鉄の旅 7日目⑤ ついに旅の終着地へ

 

折り返しの列車の発車時間まで、三厩駅を散策します。

まずは駅舎をパチリ。

f:id:kawaturu:20171210110548j:plain

駅周辺には何もなく質素な作りです。

 

続いて駅の看板。

f:id:kawaturu:20171210110602j:plain

津軽半島最北端の駅」とは書かれていますが「本州最北端の駅」ではありません。

たまに「三厩駅が本州最北端の駅」と勘違いされている方がいますが、「本州最北端の駅は大湊線の下北駅」です。

 

三厩駅からは竜飛崎方面へのバスが出ています。

f:id:kawaturu:20171210111257j:plain

運行事業者は三厩駅がある外ヶ浜町で、町営バスという扱いになっています。

津軽線の列車と接続しており津軽線からこれに乗り換えれば自動車が無くても「竜飛崎」「青函トンネル記念館」「階段国道」といった観光名所に行くことができます

階段国道」には行ってみたかったのですが、今回は時間の都合上断念・・・。

 

f:id:kawaturu:20171210112157j:plain

三厩駅から竜飛崎までは14km。

徒歩だときついですが、自転車なら1時間ほどで行ける距離なので輪行もありかもしれませんね。

 

駅舎に戻ります。

f:id:kawaturu:20171210112516j:plain

f:id:kawaturu:20171210112532j:plain

台紙付きのスタンプ台があったので押してみました。

よい記念になりました。

 

それと「訪問した証」として入場券を購入。

f:id:kawaturu:20171210112656j:plain

硬券タイプの記念入場券などは無く、普通のPOS券です。

感熱紙タイプは時間が経つと薄くなってしまいますが、こうやって記事にあげておけば少なくとも「記録」としては残るので・・・。

 

出発時間が迫ってきたのでホームへ。

f:id:kawaturu:20171210113116j:plain

またいつの日か訪れたいと思います。

 

 

本日2017年8月20日は日曜日

「旅の目的としての終着地」には無事到着したのですが、翌日からは仕事が始まるため直線距離にして600km離れた本当の終着地」である川崎へ本日中に戻らなくてはなりません

というわけで、ここからは旅の「帰路」の記録となります。

 

49本目 津軽線 336D 青森行き 三厩(12:50)⇒津軽二股(13:05)

f:id:kawaturu:20171210113521j:plain

f:id:kawaturu:20171210113537j:plain

まずは津軽線で来た道を戻ります。

車両は乗ってきたのと同じくキハ40系2両編成ですが、いつのまにかサボが差し替えられていました。

 

列車は定刻に三厩駅を発車。

f:id:kawaturu:20171210114820j:plain

f:id:kawaturu:20171210114836j:plain

津軽海峡ともしばしのお別れ。

次はいつ、この海峡を見ることができるでしょうか。

 

今別を過ぎると、里山を進みます。

f:id:kawaturu:20171210114939j:plain

海沿いは曇っていましたが、内陸に入ると青空となりました。

 

この列車は青森行きですが、私は津軽二股駅」で途中下車しました。

f:id:kawaturu:20171210115129j:plain

 

49本目 津軽線 336D 三厩津軽二股
乗車時間:15分
移動距離:9.2km

 

次の記事はこちら。

信州東北ローカル線乗り鉄の旅 7日目⑦ 「新幹線界の秘境駅」奥津軽いまべつ駅を散策 その1

 

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

鉄道コム
鉄道コム

信州東北ローカル線乗り鉄の旅 7日目⑤ ついに旅の終着地へ

前の記事はこちら。

信州東北ローカル線乗り鉄の旅 7日目④ 津軽線を行く

 

蟹田駅に着くと、貨物列車が停車していました。

f:id:kawaturu:20171209235314j:plain

線形のせいもありますが、連休中にもかかわらず最後尾が見えないほど長かったです。

 

f:id:kawaturu:20171209235416j:plain

牽引機はEH800-7。

EH800を見たのは初めてでした。

 

蟹田からは「この旅の終着地」へ向かいます。

48本目 津軽線 333D 三厩行き 蟹田(11:44)⇒三厩(12:24)

f:id:kawaturu:20171209235937j:plain

f:id:kawaturu:20171209235950j:plain

車両はキハ40系2両編成。

五能線カラーを纏った秋田車両センター所属の車両です。

 

ちなみに以前訪れたときは

f:id:kawaturu:20171210000445j:plain

八戸運輸区のキハ40が充当されていました。

東北新幹線全通で八戸~青森間が3セク化したからみで持ち替わったのでしょうか。

 

列車は定刻に蟹田駅を出発。

乗車率は3割ほどといったところですが、そのうち8割くらいは同業者でした。

 

最初の停車駅は「中小国駅です。

f:id:kawaturu:20171210002055j:plain

f:id:kawaturu:20171210002034j:plain

なんでもない無人駅ですが、ここ小国駅JR東日本JR北海道の境界駅となっています。

とはいっても、北海道新幹線開業前から境界駅としての機能は隣の蟹田駅が担っており、乗務員の交代も蟹田駅で行われていました。

 

小国駅を出発すると、新中小国信号所に入ります。

f:id:kawaturu:20171210003143j:plain

f:id:kawaturu:20171210003205j:plain

この新中小国信号所で津軽線と海峡線が分岐します。

このときは貨物列車の待避はありませんでした。

 

f:id:kawaturu:20171210003327j:plain

信号所を過ぎると、海峡線とは線路が完全に分かれます。

 

しばらく進むと・・・

f:id:kawaturu:20171210003411j:plain

北海道新幹線の高架橋が出現。

 

f:id:kawaturu:20171210003444j:plain

f:id:kawaturu:20171210003507j:plain

海峡線と北海道新幹線の線路が合流しました。

 

北海道新幹線とは津軽二股駅(奥津軽いまべつ駅)付近で再度接近しますが、そこまでは別ルートで峠越えを行います。

そこまでは暇なので、昼食を摂ることに。

f:id:kawaturu:20171210003935j:plain

今日の昼食は、青森駅仕入れ大館駅の有名駅弁である「鶏めし」

大館駅秋田県ですが、なぜか青森駅で売ってました。

青森で秋田県の駅弁か・・・と思いつつ、これが一番おいしそうだったのでつい買ってしまいました。

 

f:id:kawaturu:20171210004311j:plain

峠を越えると、ごっつい建造物が姿を現しました。

 

f:id:kawaturu:20171210004404j:plain

f:id:kawaturu:20171210004419j:plain

f:id:kawaturu:20171210004435j:plain

津軽二股駅に到着。

ここは北海道新幹線の「奥津軽いまべつ駅」と隣接していますが、扱い上は全く別の駅ということはよく知られていると思います。

 

過去、ここ津軽二股駅までは来たことがあるため、ここから先の津軽二股三厩間が津軽線の未乗区間です。

そして、今回の旅でJR東日本管内の未乗区間を徹底的に乗り潰し続けた結果、津軽二股三厩間が私にとってのJR東日本最後の未乗区間となりました。

 

列車はそのまま津軽線を北上し、今別駅に到着。

f:id:kawaturu:20171210005735j:plain

ここで何人かの降車がありました。

車掌さんが写っていますが、津軽線は車両がワンマン運転に対応してないからか、車掌乗務が基本のようです。

 

今別駅を過ぎると、今別町内を走行。

f:id:kawaturu:20171210005905j:plain

それなりに人家があり、活気がありそうな町でした。

 

終点ひとつ前の津軽浜名駅に到着。

f:id:kawaturu:20171210005953j:plain

f:id:kawaturu:20171210010035j:plain

駅名標の向こうに見えるのは津軽海峡です。

7日もかかりましたが、随分と遠くに来たと実感が湧きました。

 

津軽浜名から先は津軽海峡沿いを進みます。

f:id:kawaturu:20171210010336j:plain

f:id:kawaturu:20171210010358j:plain

晴れていたら北海道も見えたんでしょうかね。

ちょっと惜しかったです。

 

そして列車は終点の三厩駅に到着。

f:id:kawaturu:20171210010633j:plain

f:id:kawaturu:20171210010658j:plain

この三厩駅到着をもって

 

JR東日本鉄道路線を完乗達成

 

することができました。

JR東日本の営業路線としてはBRT大船渡線が残っていますが、大船渡線は鉄路時代に乗っているのとそもそも鉄道じゃないので除外しています。

 

今回の「信州東北ローカル線乗り鉄の旅」は、JR東日本の未乗区間を乗り潰す」ことが目標だったので、これにて旅の目標を達成したことになります。

 

10年前に上京してからコツコツとJR東日本の路線を乗り潰していたのですが、そのときから「最後は三厩駅で終わる」というのを自分の中で決めていたため、今回の旅は三厩駅を「旅の終着地」として据えたのでした。

10年来の目標を達成できたのですが、感動や喜びというよりも7日間にわたる長い行程を大きな事故や遅延もなく消化して、無事に三厩駅にたどり着けてほっとしたというほうが大きかったです。

ともあれ、足掛け7日に渡った今回の旅も無事終了と相成りました。

 

 

 

 

・・・が、私の自宅は川崎にあるため、当然ながら本州最果ての地から川崎まで戻らねばなりません。

「遠足は家に帰るまでが遠足」という言葉もありますから、次回以降は帰路について書いていきます。

これが、いろいろ寄り道したからまた長くなるんですわ・・・

 

48本目 津軽線 333D 蟹田三厩
乗車時間:40分
移動距離:28.8km

 

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

鉄道コム
鉄道コム