川崎鶴見鉄道録

川崎・鶴見界隈の鉄道に関するブログ

京急大師線「川崎大師 風鈴市ヘッドマーク」を撮る

ここ数週間、ずっと梅雨空が続いております神奈川界隈。

なんでも、東京都では7月1日からの日照時間が統計史上最少だそうで、関東地方は記録的な梅雨となっているようです。

 

そんな日照時間に比例するように、私も撮り鉄への意欲がすっかり無くなってしまい、カメラを持たない日が多くなっております・・・。

まあその分、溜まりに溜まった遠征記事の更新は捗っているのですが (^_^;)

 

今日は川崎市中心部に用事があったので、ついでに京急大師線へ出向いて久々の撮り鉄を行うことにしました。

お目当ては、この時期の川崎大師の恒例行事であります「川崎大師 風鈴市」にちなんだヘッドマークを付けた列車です。

f:id:kawaturu:20190715204258p:plain
川崎大師 ホームページより

川崎大師では、毎年7月中旬に「風鈴市」という、その名の通り全国各地の風鈴を集めた即売会が開催されます。

なんでも、全国より900種類、30,000個の風鈴が集結し、日本最大規模の風鈴の即売会となっているそうです。

 

そんな風鈴市にちなみ、京急大師線の車両にヘッドマークが掲出されたようなので、それを記録しようというのが、今回の内容であります。

まずは京急川崎駅横の踏切で撮影開始。

f:id:kawaturu:20190715205004j:plain

f:id:kawaturu:20190715205122j:plain
1500形 1509F

 

今回のヘッドマークは、両先頭車で異なるデザインのものが付いていました。

f:id:kawaturu:20190715205503p:plain

川崎大師らしく、どちらもダルマがモチーフとなっています。

 

そのほかの編成も撮影。

f:id:kawaturu:20190715205559j:plain

f:id:kawaturu:20190715205606j:plain
1500形 1521F

1521Fは2月まで「京急120年の歩み号」として運用されていましたが、通常塗装に戻ってから初撮影です。

 

f:id:kawaturu:20190715205928j:plain

f:id:kawaturu:20190715205935j:plain
1500形 1505F

なぜか1505Fだけ、ヘッドマークの取り付け方向が逆でした。

 

今日はこの3編成で回っていたため、全部取り潰ししたあとは港町駅方面へちょっと移動し、すれ違いなどを狙ってみます。

f:id:kawaturu:20190715210155j:plain

f:id:kawaturu:20190715210217j:plain

なかなかいい場所ですれ違ってくれず、少し撮影に難儀しましたが、まあ一応撮れたので良しとしましょう。

このヘッドマークは、風鈴市の最終日である7月21日まで掲出予定ですが、なぜかヘッドマークを掲出する時間帯は9時~16時に限られるそうで、それ以外の時間帯はすっぴん状態で運行するそうです。

撮影を考えられている方は、ご注意ください。

サントリーカーブでG20サミット時変のSRCを撮る! 梅雨の関西撮り鉄遠征①

先月大阪で「G20サミット」が行われたことは、皆さん覚えておられると思います。

実は私、その期間中に関西地方に出向きまして、今年冬に行った関西遠征で撮り損ねた車両たちを撮り鉄しておりました。

 

というわけで、今回から「北海道放浪の旅」の連載を一時中断し、「梅雨の関西撮り鉄遠征」と題した新シリーズをお届けします。

  


 

さて上述したとおり、今回はG20サミット期間中の遠征となったわけですが、大阪府内では大規模な交通規制が敷かれておりました。

そしてその煽りを受ける形で、貨物列車にも大きな影響がありました。

東京貨物ターミナルと大阪安治川口駅を結ぶ、佐川急便の専用列車スーパーレールカーゴ」(以下SRC)に時刻変更がかかったのです。

しかも、普段は両駅間を深夜時間帯に運行しますが、なんと今回の時刻変更では上下列車ともほぼ全区間を日中時間帯に走行するダイヤが組まれ、愛知県内や静岡県内など普段は絶対撮影できない場所でも撮影可能になることから、サミットが与えてくれたちょっとしたお祭り騒ぎになりました。

 

しかしこの情報を得たとき、実は個人的にはそんなに興味は湧きませんでした。

なぜかというと、川崎界隈に住む私からするとSRCは夏に朝練すればいつでも撮れる被写体なので、ほかの地域在住の方と違って「この機会を逃すとそうそう撮れない」という心理は働かないのですね。

晴れれば石橋橋梁の海バックか、静岡県内で富士山バックなどとも考えましたが、この梅雨シーズン真っ只中じゃロクな画にならないし、激パ必至の中わざわざ参戦しなくてもいいや・・・と思っていました。

 

ところが今回、この時変期間中に関西に出向いたことにより、地元では撮影不可能な下り列車が順光で撮影できるかも、という期待が生まれたのです。

それであれば話は別よ・・・ということで、今回の遠征一発目のターゲットとしてG20サミット時変がかかったSRCを、関西の地で撮影することにしました。

 

てなわけでやってきたのが、JR京都線山崎駅です。

f:id:kawaturu:20190713183118j:plain

この駅に降り立ったら、向かう場所なんてのは1つしかないですよね~。

 

もうお分かりだと思いますが、今回の撮影地はこちら。

f:id:kawaturu:20190713183335j:plain

やってきたのは、JR京都線どころか日本屈指の超有名撮影地である、通称サントリーカーブ」です。

良く知られているのは上りの大カーブですが、実は午後順光で下り列車も撮影可能という、万能な撮影地でございます。

 

ここで下り列車を撮影は初めてなので、まずは練習電で構図や立ち位置を確認。

f:id:kawaturu:20190713184521j:plain
新快速 播州赤穂行き

 

f:id:kawaturu:20190713220230j:plain
4024M「サンダーバード24号」

 

f:id:kawaturu:20190713220531j:plain
2069M「くろしお19号」の送り込み回送

289系の「くろしお」用編成は、これが初めての撮影です。

転用化前の「しらさぎ」時代は幾度も撮影した車両ですが、このグリーンの帯はやっぱり見慣れないというか違和感がありますねぇ。

 

ここで予想外の車両が登場。

f:id:kawaturu:20190713221615j:plain
9945M 集約臨時列車(ひめじ別所行き)

京都117系を使用した集約臨がやってきました。

今回の遠征では京都117系の撮影は予定していなかったので、ここで撮影できたのはラッキーでございました。

 

続いて貨物列車が登場。

f:id:kawaturu:20190713222159j:plain
69レ EF210-125

定刻では6時過ぎに通過する列車なので、10時間以上遅れていました。

この撮影地では、長い貨物列車はケツが山崎駅のホームにかかったうえ切れてしまうようですね。

 

f:id:kawaturu:20190713224117j:plain
4035M「サンダーバード35号」の送り込み回送

サンダーバード」は営業時だと金沢方にクロが付きますが、向日町~大阪での回送時は北方貨物線経由で運転することから編成の向きが逆転し、非貫通のクロが大阪方に付きます。

やっぱり683系の先頭車は、非貫通のほうが好きです。

 

f:id:kawaturu:20190713225332j:plain
3017M「こうのとり17号」の送り込み回送

こちらは「こうのとり」用の289系です。

福知山の289系といえば、最近3両の付属編成2本が683系に復帰したことが話題となっておりますが、そんな状況を示すかのように「こうのとり17号」は金曜日とはいえ基本4両編成での運行のようです。

こうのとり」はあまり需要が無いんですかね?

 

一方こちらは、新車の話題に沸いた列車。

f:id:kawaturu:20190713225945j:plain
1043M 「はるか43号」 ハローキティはるか Butterfly

「はるか」は先日281系の増備車かつ、おそらく後継車となりそうな271系が出場したことで話題になりました。

281系の本格置き換えは2024年頃とされているので、しばらくは281系も安泰と思われますが、ありふれた存在である内に記録しておきたいものですね。

ちなみにこれは「ハローキティ」とのコラボ車両ですが、このButterfly編成は2月の遠征時にも撮影したので、どうせならほかの編成がよかったですな。

 

f:id:kawaturu:20190713230841j:plain
5071レ EF210-103

なんと、桃100番台初期車で唯一未撮影だった103号機が登場!!

まさかサントリーカーブで初撮影するとは、思ってもおりませんでした。

 

f:id:kawaturu:20190713231350j:plain
61D「スーパーはくと11号」

運転手と助手さんが、フェンス際にへばりついている我々を若干苦笑いしながら見ていますね (^_^;)

ちなみにこのときは、15~20人くらいの撮り鉄が集結していました。

 

f:id:kawaturu:20190713232328j:plain

露払いは225系の新快速でした。

 

そして、いよいよメインが登場。

f:id:kawaturu:20190714122029j:plain
9051レ「スーパーレールカーゴ」Mc250-4+Mc250-3

今回先頭に立ったのは、先日全検出場し佐川急便のヘッドマークステッカーが剥がされ「すっぴん状態」になったMc250-4でした。

すっぴん状態の実物は今回初めて見たにもかかわらず、なんか既視感があるなぁ~と思ったら、M250系の顔の造形はEF510-0番台と似ていますね。

f:id:kawaturu:20190714123335j:plain

 

ちなみに、全検前のMc250-4の姿がこちら。

f:id:kawaturu:20190714122312j:plain
2013年5月 東京貨物ターミナル公開イベントにて

剥がした理由はよく知りませんが、正直このシール式ヘッドマークはあまりカッコいいと思っていなかったので、個人的にはすっぴん状態のほうが好きです。

 

スーパーレールカーゴ」は夏期の川崎界隈で上り列車の撮影が可能ですが、下り列車は関西圏でしか撮影できないため、子番号が偶数の機体を撮影するのは新鮮ですね。

生憎曇りましたが、露出十分な環境で比較的きれいな状態のM250系偶数番を撮れたのは、個人的には大きな収穫となりました。

 

 

ちょっと早いですが、これにて1日目の撮り鉄活動は終了。

このあとは新快速に乗って、翌日の舞台となる地に向けて西へ移動。

f:id:kawaturu:20190713234731j:plain

降り立ったのは、兵庫県の姫路駅です。

翌日は早朝から撮り鉄をするので、レンタカーを調達して市内のホテルへ。

f:id:kawaturu:20190713235154j:plain

この日お世話になったのは「姫路キヤッスルグランヴィリオホテル」です。

大きな大浴場や漫画がたくさんあるフリースペースがあり、それでいて値段もまあまあお安く、オススメなお宿でございます。

 

そして此度の関西遠征、翌日からが本番です。

女満別駅 北海道放浪の旅 10日目⑩

前の記事はこちら。

美幌駅 北海道放浪の旅 10日目⑨

 

美幌町を後にし、10日目最後の目的地である大空町女満別にやってきました。

f:id:kawaturu:20190713102518j:plain

f:id:kawaturu:20190713102524j:plain

大空町は旧女満別町と旧東藻琴村が合併して誕生した町で、女満別駅は旧女満別町の中心駅として機能していました。

町の名前は、網走・北見地方最大の空港である「女満別空港」があることに由来するのですが、北海道の空港と言えば新千歳空港である故、大空町=旧女満別・東藻琴地区とはなかなか結び付きづらいのではないでしょうか?

空港も駅も相変わらず「女満別」なわけですし、対等合併とはいえ女満別の名前から変える必要があったの?と、個人的には思います。

 

そんな女満別駅舎の中の様子。

f:id:kawaturu:20190713104417j:plain

f:id:kawaturu:20190713104636j:plain

f:id:kawaturu:20190713104651j:plain

女満別駅自体は無人駅ですが、町立図書館に駅が入居している形となっており、待合室はかなり広く自販機なども設置されています。

ただし、図書館が閉館している時間帯は、駅の待合室も閉鎖されてしまうようです。

 

続いてホームの様子。

f:id:kawaturu:20190713104947j:plain

f:id:kawaturu:20190713104959j:plain

f:id:kawaturu:20190713105011j:plain

女満別駅は相対式ホーム2面2線の構成で、両ホームは構内踏切で繋がっており、駅舎の反対側のホームには、網走方に接続する引き上げ線が1本設置されています。

 

駅名標を記録。

f:id:kawaturu:20190713105340j:plain

f:id:kawaturu:20190713105347j:plain

 

ホーム上には花壇がありました。

f:id:kawaturu:20190713105636j:plain

「手入れが行き届いている花壇」というのが、その無人駅がちゃんと管理されているかどうかの一つの指標になる気がしますね。

 

前述の通り女満別駅は無人駅ですが、「わがまちご当地入場券」は図書館の窓口で委託販売されています。

f:id:kawaturu:20190713105910j:plain

f:id:kawaturu:20190713105918j:plain

表の柄は「西女満別駅を通過する特急大雪」でした。

 

女満別駅「わがまちご当地入場券」発売情報
発売場所:大空町女満別図書館女満別駅舎内)
発売時間:10:00~20:00(平日)、10:00~18:00(土曜、日曜、休日)
休業日:月曜(月曜が祝日の場合は翌火曜)、祝日、毎月第4金曜

※2019年7月時点

 

これにて10日目の活動を終了し、宿泊地の網走市へ移動。

ところが、市内のホテルはどこもいっぱいで、美幌町あたりから雨が降りだしキャンプ泊も厳しい情勢・・・。

車中泊も覚悟したのですが、手当たり次第電話をしまくった結果、網走駅裏の民宿を確保することが出来ました。

f:id:kawaturu:20190713110856j:plain

今回お世話になったのは「民宿ランプ」というお宿です。

後で調べたら、ライダーやチャリダーさん御用達の宿らしくその界隈では有名だそうで、この日も雑談室でお二人のライダーさんが酒盛りをしていました。

 

お部屋の中の様子。

f:id:kawaturu:20190713111514j:plain

正直設備は色々ボロいですが、清掃は行き届いており寝る分には全く問題なく、素泊まり2800円という格安なお宿ですので、ライダーハウス代わりに利用されるのも納得な感じでした。

今の時代にテレビがブラウン管というのには驚きましたが (^_^;) まあ細かいことは気にしちゃいけません。

 

部屋で遅めの晩御飯を。

f:id:kawaturu:20190713113127j:plain

前日に引き続き、今日もセイコーマートの弁当です。

セイコーマートのホットシェフの弁当は美味しいのですが、さすがに連日となるとちと飽きてきますねぇ・・・。

 

といった感じで10日目が終了です。

お昼に宗谷岬を立ち、宿に入ったのが午後8時半過ぎだったので、約8時間ぶっ通しで移動し続けたのですが、そのおかげで目標であった網走市まで来れました。

実は10日目時点で行程が遅れ気味になっており、今日網走市に着かないと色々ヤバかったのですが、なんとか遅れを取り戻せてよかったです。

 

10日目の移動距離:411.9km
ここまでの移動距離:2517.2km

美幌駅 北海道放浪の旅 10日目⑨

前の記事はこちら。

消えゆく「ふるさと銀河線」の遺構 北海道放浪の旅 10日目⑧

 

北見市から隣町の美幌町にある美幌駅にやってきました。

f:id:kawaturu:20190711201640j:plain

f:id:kawaturu:20190711201651j:plain

美幌駅の駅舎自体は小さいですが、観光案内所や物産館と一体になっており、パッと見はとても大きな駅舎に見えます。

 

駅前には「C58 62号機」の動輪がモニュメントがあります。

f:id:kawaturu:20190711205749j:plain

このC58 62号機は長らく釧路機関区に配置され、お召列車もけん引した由緒ある機関車のようです。

 

駅舎内の様子。

f:id:kawaturu:20190711210158j:plain

f:id:kawaturu:20190711210203j:plain

美幌駅は2016年4月まで有人駅で「みどりの窓口」もありましたが、現在は簡易委託駅無人駅扱いとなっており、窓口や改札口の跡は閉鎖されています。

 

最近まで直営駅だったこともあり、待合室も結構広いです。

f:id:kawaturu:20190711210348j:plain

この日は、待合室で地元のラジオ局?の公開生放送があったようで、関係者の人が撤収作業などを行っていました。

 

続いてホームの様子。

f:id:kawaturu:20190711211059j:plain

f:id:kawaturu:20190711211457j:plain

f:id:kawaturu:20190711211111j:plain

かつては2面3線の配置だったようですが、現在は駅舎寄り1面の線路が剥がされ、島式ホーム1面2線のみ運用されていますが、ホームの番号は修正されず1番線は欠番扱いとなっています。

 

島式ホームの屋根は、古レールと木板で造られています。

f:id:kawaturu:20190711211552j:plain

こういう屋根は、ローカル線の匂いが漂う感じがして大好きです。

日没間際の訪問というのも、良かったのかもしれませんね。

 

駅名標を記録。

f:id:kawaturu:20190711211718j:plain

f:id:kawaturu:20190711211728j:plain

f:id:kawaturu:20190711211738j:plain

 

美幌駅探訪も終えて「わがまちご当地入場券」の購入へ。

前述の通り美幌駅は無人駅のため、町内のセイコーマートで委託販売されています。

f:id:kawaturu:20190711211915j:plain

f:id:kawaturu:20190711212441j:plain

表の柄は「美幌駅を出発するキハ40形」でした。

 

ちなみに私が美幌駅を訪問した時は、セイコーマートのほか商工会議所で扱っていたのですが、今年4月から商工会議所に変わって駅舎隣の物産館で入場券の扱いを始めたそうです。

乗り鉄で訪問される方には、ちょっと買いやすくなったみたいですね。

 

美幌駅「わがまちご当地入場券」発売情報
発売場所:美幌観光物産協会(美幌駅隣接)
発売時間:9:00~17:00(11:00~12:00は休止)

 

発売場所:セイコーマート美幌鳥里店(美幌駅から徒歩5分)
発売時間:24時間営業

※2019年7月時点

 

次の記事はこちら。

女満別駅 北海道放浪の旅 10日目⑩

消えゆく「ふるさと銀河線」の遺構 北海道放浪の旅 10日目⑧

前の記事はこちら。

北見駅 北海道放浪の旅 10日目⑦

 

突然ですが読者の皆様、かつて北海道にふるさと銀河線と呼ばれていた第三セクターの鉄道があったことをご存知でしょうか。

f:id:kawaturu:20190710231228j:plain

f:id:kawaturu:20190710231259j:plain

f:id:kawaturu:20190710234200j:plain
3枚とも 2004年頃北見駅にて

ふるさと銀河線北海道ちほく高原鉄道という会社が運行しており、もとは旧国鉄およびJR北海道が運行していた「池北線」を第三セクターに転換した路線でした。

しかし池北線は、国鉄末期に行われた赤字路線廃止期に「北海道長大4線」と呼ばれた路線長100km越えかつ赤字額が多い路線の1つであり、池北線以外は第三セクターに転換されることも無く廃止されました。

唯一存続した池北線も、沿線の過疎化が進んだことにより利用客数が転換時の半分ほどまでに減ってしまい、2006年4月20日に全線廃止となりました。

 

しかし、路線廃止後も結構な数の橋梁を始めとした構造物が撤去されず残置されており、容易に廃線跡をたどることができる状態でした。

ところが、さすがに廃止から10年以上の月日が経過し、残置された構造物の老朽化が深刻になってきたようで、近年それらの構造物がちらほら撤去され始めてきました。

特に、長らくJR北見駅の横に残されていた本社建屋(上の写真3枚目)が解体されたのは、ちょっと寂しかったですね・・・。

 

そんなわけで、今回の旅で廃線跡を少しでも巡れたら・・・と思っていたところ、そんな残された構造物の象徴だったものが撤去されるというニュースが流れました。

それは北見市内にある南大通高架橋」というもので、ここは「ふるさと銀河線」のロゴマークが残っている数少ない構造物でした。

公表されている工事スケジュール的にギリギリ間に合うか・・・という状況だったのですが、今回はそんな「消えゆくふるさと銀河線の遺構」を記録することにしました。

 

 

北見駅から車を5分ほど走らせ、現場に到着。

f:id:kawaturu:20190710234856j:plain

f:id:kawaturu:20190710234910j:plain

すでに解体工事がだいぶ進んでいましたが、かろうじてこの高架橋が「ふるさと銀河線」のものであったことは分かる状態でした。

あと1週間遅れていたらどうなっていたかと思うと、まさにギリッギリでの訪問だったようです (^_^;)

 

ちなみに解体工事前の高架橋は、こんな感じだったようです。

f:id:kawaturu:20190710235134p:plain
グーグルストリートビューより

ご覧の通り、中央の道路の路盤を若干へこまして高架橋とアンダーパスさせているのが分かります。

このへこみが原因で渋滞や事故が起きたり、大雨時に水が溜まって通行止めになるなどの不都合が色々あるようで、今となっては無意味なアンダーパスを解消するため、高架橋を撤去するに至ったそうです。

 

訪れたときは、道路の一部を潰して仮の橋脚が建てられていました。

f:id:kawaturu:20190711000330j:plain

本当ははもっと早い時期に撤去するつもりだったようですが、撤去工事の工法がなかなか決まらず、2018年度までずれこんだそうです。

まあそのおかげで、私は最後の雄姿を見届けることが出来たのですが。

 

こちらが「ふるさと銀河線」のロゴマークです。

f:id:kawaturu:20190711001115j:plain

まさか「復刻版」ではなく、現役自体から残る本物のロゴを再びこの目で見られるとは、ちょっと感慨深いですね。

廃止から10年以上経っているにもかかわらず、想像以上に状態が良くて驚きました。

 

撤去工事中の橋脚を観察。

f:id:kawaturu:20190711000927j:plain

f:id:kawaturu:20190711000935j:plain

f:id:kawaturu:20190711000945j:plain

f:id:kawaturu:20190711001239j:plain

中央の道路の上に架かる部分以外はほぼ撤去済みの状態で、路盤などはすでに全く無くなっていました。

 

すぐ横には、大型クレーン車が留め置かれていました。

f:id:kawaturu:20190711001201j:plain

風前の灯となった高架橋に、間もなく「とどめの一撃」を喰らわせることでしょう。

 

ついでに高架橋前後の区間も観察してみます。

f:id:kawaturu:20190711001752j:plain

こちらは先ほどの高架橋から南側に100mほど進んだ場所。

f:id:kawaturu:20190711001854j:plain

f:id:kawaturu:20190711001909j:plain

明らかに踏切跡であろう場所ですが、道路化して10年ほど経過しているにも関わらず、もともと線路の路盤だったところに、くっきりとヒビが入っていました。

おそらく地面の固さが、普通の土とは違うんでしょうね。

 

この踏切の先には線路跡が続いています。

f:id:kawaturu:20190711002223j:plain

土が盛ってある先に川があり、そこには一番上で紹介した「無加川橋梁」が架かっていたのですが、現在は橋脚しか残っていないみたいです。

 

一方、工事現場の北側の様子。

f:id:kawaturu:20190711002441j:plain

こちらは築堤の跡がブルーシートで覆われた形で残っていました。

そして奥に見えるピンクの建物が旧車庫で、建屋の一部はほかの用途に転用されているようです。

 

最後に工事の看板を撮影。

f:id:kawaturu:20190711003211j:plain

日付を見ていただければわかりますが、すでにこの高架橋の撤去工事は完了しているので、今回紹介した高架橋はすでに現存していません

現在は、アンダーパスしていた道路の平面化工事が行われているようで、またひとつ「ふるさと銀河線」の遺構が消えてしまったということです。

 

本当は、今回の旅で廃線跡をたどることも考えていたのですが、行程上そこまでの余裕が無く断念しました。

いつの日か、じっくり廃線跡をたどってみたいですね。

 

次の記事はこちら。

美幌駅 北海道放浪の旅 10日目⑨