川崎鶴見鉄道録

川崎・鶴見界隈の鉄道に関するブログ

変わりゆく北海道の鉄路を記録する旅 6日目 引退間近のスラントノーズを撮る その3

前の記事はこちら。

変わりゆく北海道の鉄路を記録する旅 5日目⑦ 引退間近のスラントノーズに乗る その2

 

シリーズ連載「変わりゆく北海道の鉄路を記録する旅」も今回が最終回です。

最終日となる6日目(2018年1月7日)は、スラントノーズ車充当の臨時北斗を撮り納めすることにしました。

 

というわけでやってきたのは白石駅です。

f:id:kawaturu:20180422201934j:plain

f:id:kawaturu:20180422201945j:plain

今回狙う北斗91号の札幌駅到着時刻は16:56となっており、正月の札幌では完全に真っ暗のため、駅撮りで通過時のホーム照明を利用して撮影することにしました。

白石駅千歳線札幌方面には通過線と待避線を持つ配線となっており、通過列車は2枚目写真のホームが無い中央の通過線を通るので、ホーム照明を確保しつつ普通の相対式ホームの駅よりもすっきりした姿で撮影できます。

 

まずは練習電・・・と思ったら

f:id:kawaturu:20180422204700j:plain

20D スーパー北斗20号

上りスーパー北斗が登場。
完全に油断していたので、立ち位置を変えることができませんでした。

 

練習電は733系の快速エアポート

f:id:kawaturu:20180422205139j:plain

 

でもって本番。

f:id:kawaturu:20180422205226j:plain

8021D 北斗91号

なんでか知りませんが、この日はヘッドマークが「北斗」ではなく「臨時」でした。
無念です・・・。

 

後続の列車で札幌駅へ追いかけます。

f:id:kawaturu:20180422205546j:plain

このカットが私にとっての「スラントノーズ車の現役最後の姿」となりました。

ちなみに上の写真に写っている「キハ183-220」は、国鉄色に復元の上で安平町に静態保存されることが決まっております。
お披露目は2019年4月予定らしいので、綺麗になった姿で再会したいものですね。

 

 

これにて37回に渡ってお届けした「変わりゆく北海道の鉄路を記録する旅」もすべて終了となります。
なんだかんだで、正月休みの話をゴールデンウィーク直前まで引っ張ってしまいましたが、無事完結と相成りました。

 

今回は札幌からお手軽に日帰りできる範囲でしか活動しませんでしたが、故郷の北海道でここまで趣味活動を行ったのは久しぶりでした。

近年は正月休みしか実家に帰らないため、北海道の写真は雪景色ばかりとなっており、たまには緑の中を走る車両も撮りたいなぁなんて思ったり。
なので、今年の夏はレンタカーを借りて7~8年ぶりに鉄道趣味以外も含め、道北や道東あたりをじっくりと回ろうかなぁなんて考えております。

もし本当に行ったら、そのときはその模様をここでお届けしたいと思います。

 

おわり

 

鉄道コム
鉄道コム


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

祝! 100,000アクセスを突破しました!!

2017年7月29日に開設いたしました当ブログ「川崎鶴見鉄道録」。

本日、おかげさまで100,000アクセスを突破いたしました!!

f:id:kawaturu:20180421190956p:plain

これもひとえに、読者の皆様のおかげでございます。

 

というわけで今回は数字にまつわる記事でありますので

数字で振り返る100,000アクセス

と題しまして、この100,000アクセスを各種数字で分析しようというかなりな誰得企画をお届けします(笑)。
まあしいて言えば、管理人である私の運営上の備忘録です。

 

 

まずは100,000アクセスに要した日数

195日
2017年7月29日から今日までの日数です。

昨年末の振り返り記事によると、昨年末時点で約33,000アクセスでした。
このころは「1周年と100,000アクセスどっちが早いかな?」なんて思った記憶があるので、3か月も巻いたということは今年に入ってから随分とアクセス数が増えたということになります。

 

 

続きまして平均アクセス数

512.8アクセス/日

こちらは開設当初からの通算での数字となります。
近況としては1日400~500アクセスが基本アベレージで、それに加え月1回くらい1,000アクセスを越えるような大入りがあるという感じで、最近は月15,000アクセスくらいいただいております。

 

 

続いて100,000アクセスに要した記事数

271記事
上記のブログ運営日数よりも記事数のほうが多いです。
昨年は多い時で1日3回更新など結構ハイペースで更新していたので、そのときの貯金が効いて運営日数より記事数が多くなったみたいです。

 

しかし今年に入ってからは、平日はたまに更新を飛ばしたり、休日も1日複数回更新することはほとんど無くなりました。
これはヤル気が無くなったわけではなく、数え2年目を迎えて「1つ1つの記事の質を上げる」べく、時間をかけてじっくり記事を書くようにしたから。
まだまだ試行錯誤の段階ですが、少しでも良い記事を書けるように精進していきます。

また、古い記事もちょいちょい手直しをしようかなと思っています。

 

 

続いてはてなブログ読者登録数

108名

100名を超える方に登録いただいたことは、とても有り難い限りです。
登録いただいた方のブログは不定期ながら訪問したり、「はてなスター」を付けていただいた方は、新規記事を書き始める前に前回記事を毎回チェックして訪問してます。

「読者登録返し」「はてなスター返し」など、所謂「互助会」的なことをする気はないので毎回足跡?が残こるわけではありませんが、一応そんな感じで訪問させていただいております。
※「鉄道」と「北海道」関連の記事は「はてなスター」を付けて帰る率が高いです(笑)。

 

読者登録機能は「はてなブログ」利用者以外は使用できないので、当然ながら通常のブラウザにお気に入り登録された方はここに入っておりません。
そういった方が何人いらっしゃるか知る術はありませんが、0人でないことだけは祈りたい・・・。

 

 

最後はちょっと深い話ですがアクセス元の比率

直アクセス:22%

検索エンジン46%
 google33%
 yahoo:12%
 その他:1%

外部サイト:31%
 鉄道コム:19%
 日本ブログ村5%
 はてなブログ3%
 その他:4%

その他:1%
 ツイッター0.5%
 その他:0.5%

という比率構成でした。

ご新規さんの獲得方法は
 新着記事へのアクセス:鉄道コム
 過去記事へのアクセス:google、yahoo
という3本柱が確立しているようです。

当ブログの扱うネタは「川崎界隈の撮り鉄記録」など、かなりニッチな内容が多いため検索流入はハナから期待していないのですが、それでもgoogleからのアクセスが全体の3分の1を占めるあたりが、やはり天下のgoogleさんの強さがわかります。

検索流入の話で言えば、EF66 27号機などネタ釜が東海道貨物に入るとその充当列番の記事のアクセス数が前日から増えるので、アクセス解析画面を見れば翌日のネタ釜充当列車がわかるということに最近気が付きました(笑)。

 

そして気になったのがはてなブログからのアクセス数が少なくね?」ということ。
一応108名の方に読者登録いただいているのですが、全体の3%しかありません。

最近思うのがはてなブログユーザーには鉄道オタクが少ない?」ってことです
鉄道系のブログって「Yahoo!ブログ」「FC2ブログ」あたりはたくさん見かけますが、はてなブログってあんまり見かけないんですよね。

 

そして当ブログのちょっとした法則として
アクセス数が多い記事は「はてなスター」が少ない
という謎の法則があります(笑)。 

 

ちなみに当ブログで一番アクセス数が多い記事がこちら。

アクセス数2,300、比率で言えば全体の2.3%を占めるこの記事には「はてなスター」は13個しか付いておらず、2位以下の上位記事も似たような傾向です。

まあ「非はてなブログユーザー」が97%を占めているの現状では、「はてなブログユーザー」の評価の指標である「はてなスター」とアクセス数が連動しないことは当たり前の事と言えるのですが。

 

誤解されるといけないので念のため書いておきますが

はてなスターを付けていただくことは大歓迎
でございます。

あくまでも当ブログの実態を客観的に分析した結果、「はてなユーザー」と「非はてなユーザー」の母数が違いすぎるため、「アクセス数」と「はてなスターの数」に相関関係が成立する状況ではないという話。
はてなスターが付くとアクセス数が減るから迷惑だ」とかそんなことではないですので、ジャンジャン付けちゃってください。

 

しかしながら、今さらほかのブログサービスに引っ越す気はないものの、最初から知っていればほかのブログサービスを使っただろうなとは思ったりします(笑)。
まあ、逆に「はてなブログ」をやっていなければ出会えなかったであろう鉄道系以外の面白いブログにもたくさん出会えたので、良い点もありました。

 

 

 

といった具合に、100,000アクセスを数字で振り返ってみました。
こんな弱小ブログの現状を語ったところで、他ブロガーさんの運営の参考になるかは分かりませんが、一つの参考にしていただければと思います。

 

次にこういった記事を書くのは、500,000か1,000,000アクセス到達時かな?
いったい何年後の話になるかわかりませんが、当ブログをそこまで続けられればと思っておりますので、今後ともお付き合いいただければ幸いです。

 

鉄道コム
鉄道コム


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

変わりゆく北海道の鉄路を記録する旅 5日目⑦ 引退間近のスラントノーズに乗る その2

前の記事はこちら。

変わりゆく北海道の鉄路を記録する旅 5日目⑥ 引退間近のスラントノーズに乗る その1

 

東室蘭駅を発車後は、車内を見て回ることにします。
まずは今回乗車した1号車のキハ183-213から。

f:id:kawaturu:20180420202359j:plain

「スラントノーズ車」の車内の特徴は、壁の様な「業務室扉」です。
この中にはサービス電源用の発電機などが納められています。

↓ 外から見た図

f:id:kawaturu:20180420203134j:plain

 

f:id:kawaturu:20180420202811j:plain

扉は普段は施錠されていますが、非常時は開けられるようになっているみたいです。

 

デッキ部は国鉄風味がそのまま残されています。

f:id:kawaturu:20180420203546j:plain

f:id:kawaturu:20180420203559j:plain

「くずもの入れ」も健在です。

車内全面禁煙が当り前となった現代では「たばこのすいがらは入れないでください」という表記にすら時代を感じますね。

 

f:id:kawaturu:20180420203402j:plain

車端部の業務室は車内販売準備室に改造されています。

 

続いて2号車へ。

f:id:kawaturu:20180420204112j:plain

キハ182-21が充当されていました。

 

f:id:kawaturu:20180420204135j:plain

客室の自動ドアはキハ283系のものに交換されていますが、センサーは床面のパネルを踏み込む原形のままでした。
この「新旧入り交じり感」キハ183系初期車の醍醐味ですねぇ。

 

続いて客室内。

f:id:kawaturu:20180420205756j:plain

座席はキハ283系の指定席車をグレードアップ座席に変更した際に発生したものが流用されており、モケットは785系リニューアル車や789系1000番台と同じものに張り替えられています。

私が北海道に住んでいた10年ほど前は、キハ183系初期車の座席といえばR55や「簡リク」ことR51のイメージでしたが、「後輩お下がり」のおかげで随分と快適になっているようですね。

 

続いて3号車へ。

f:id:kawaturu:20180420211211j:plain

キハ182-31が充当されていました。

 

f:id:kawaturu:20180420211649j:plain

こちらの車両は客室扉は、窓が小さい原形の姿をほぼ保っていましたが、センサーはタッチ式に更新という2号車とは真逆の姿になっていました。
そしてドアをオープン・・・

 

おおーーーっ!!

f:id:kawaturu:20180420213034j:plain

この車両は車端の化粧板が原型の木目調のままでした。
まさか2018年になっても残っている車両があったなんて・・・。

なんでか知りませんが、今からおよそ17~8年前に夜行オホーツクの簡リク自由席で「初めての一人旅」に出たその当時の光景がフラッシュバックし、ちょっとした感動さえこみあげてきました。
この姿を見れただけで、乗った甲斐があったというものです。

 

f:id:kawaturu:20180420212013j:plain

座席は2号車と同じく「キハ283系のお下がり」ですが、グリップが灰色なので元スパー北斗用車両からの流用品ですね。

 

続いて4号車へ。

f:id:kawaturu:20180420213632j:plain

キハ182-11が充当されていました。

 

f:id:kawaturu:20180420213826j:plain

なんか開いてました。

閉めてあげようと思ったのですが、閉め方がよくわからん。

 

f:id:kawaturu:20180420213817j:plain

せっかくなので中を撮影。
このメカメカしさがいいですねぇ。

 

こんなテプラも貼っていました。

f:id:kawaturu:20180420213947j:plain

キハ183系列にはN183を除き「新鮮外気取込装置」という車外の空気を取り込む装置が備わっていますが、それを自動起動するための試験装置がキハ182-11には備わっているようですね。
実用化に至ったのかは知りませんが・・・。

 

f:id:kawaturu:20180420215918j:plain

こちらは2号車のキハ182-21とほぼ同じ内装ですが、自動ドアセンサーはタッチ式に更新されていました。

 

続いては5号車へ。

f:id:kawaturu:20180420213416j:plain

なんとキハ183系列現役最古参であるキハ182-3が充当されていました。
なんという僥倖なのでしょう・・・。

 

f:id:kawaturu:20180420215220j:plain

現役最古参と言いながらも、キハ182-11と同じく座席もドアセンサーも更新されていました。

最後は札幌方先頭車の6号車へ。

f:id:kawaturu:20180420220450j:plain

ステッカーが剥がれていますが、キハ183-220が充当されていました。

 

f:id:kawaturu:20180420221816j:plain

座席は「キハ283系のお下がり」ではなく、なんと「785系のお下がり」でした。
789系1000番台投入前に行われた、785系リニューアル工事にて発生した座席を流用したようですね。

しかも背面テーブルのいくつかは状態が悪かったのか、R55から持ってきたと思われるブツが所々混じっているなど、なかなかカオスな状態・・・。
6号車は編成唯一の自由席車両なので、一番しょぼい座席をあてがったのでしょうか。

 

モケット柄は当時のキハ283系普通車が採用していたタンチョウ柄となっており
キハ283系の座席→785系と同じ柄のモケット
元785系の座席→キハ283系と同じ柄のモケット
という謎の入れ違いが編成内で発生しております・・・。

 

f:id:kawaturu:20180420220956j:plain

f:id:kawaturu:20180420221209j:plain

車端部の業務用スペースは1号車のキハ183-213と違い車掌室となっているので
1号車:元オホーツク用のキハ183形
6号車:元とかち用のキハ183形
ということになります。

今となってはどちらの系統でも定期運用を持たないので、装備の差はさほど関係無くなりました。

 

今回乗車した北斗91号の編成車番はこちら。

↑函館

キハ183-213
キハ182-21
キハ182-31
キハ182-11
キハ182-3
キハ183-220

↓札幌

 

6両編成ながら、全ての車両が独自の仕様を持っており

姿かたちを変えながら歩んできたキハ183系の歴史

が1編成の中に凝縮されているような気さえ感じました。

 

車内を観察し終えたころには、すでに千歳線へ入っていました。

f:id:kawaturu:20180420225445j:plain

この後は自分の席に戻り「スラントノーズ車最後の乗り鉄を堪能。

 

そして列車は終点の札幌駅に到着。

f:id:kawaturu:20180420225741j:plain

札幌駅では、多くの鉄道ファンがお出迎えしておりました。

 

反対側のホームへ回ります。

f:id:kawaturu:20180420225837j:plain

反対側のホームに回ったころには、残念ながら回送幕に替えられていました。

この後、苗穂運転所への発車を見送って5日目の活動は終了となりました。

 

実は今回の「スラントノーズ車の乗り鉄」は、当初行うつもりはありませんでした
けれど、臨時北斗の撮り鉄を行っているうちに「やっぱり乗り鉄もしたい」と衝動に駆られ、久々の山線乗り鉄も兼ねて前日に突貫で行程を立てて実行に移しました。

こうやって振り返ると、最後の最後でスラントノーズ車に乗ることが出来て良かったと思えるので、衝動に任せて行動したのが吉と出たようです。

 

そして、いつのまにやら36回にも渡って連載してしまった「変わりゆく北海道の鉄路を記録する旅」ですが、いよいよ次回が最終回となります。

 

鉄道コム
鉄道コム


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

変わりゆく北海道の鉄路を記録する旅 5日目⑥ 引退間近のスラントノーズに乗る その1

前の記事はこちら。

変わりゆく北海道の鉄路を記録する旅 5日目⑤ 「山線」乗り鉄旅 その5

 

さて、ここからが5日目の本番となります。
小樽から6時間もかけて長万部に来たのは、どうしてもこの列車に乗りたかったから。

f:id:kawaturu:20180419221438j:plain

長万部14:24発「北斗91号」です。


91という号数が示す通り、この特急北斗は臨時列車となっています。
なんでわざわざ臨時北斗に?という話になるのですが、この臨時特急北斗には引退間近の「スラントノーズ車」が充当されているのです!!

 

というわけで早速乗車。

f:id:kawaturu:20180419222035j:plain

駅前の「かなや」で弁当を買っていたのですが、駅に戻って来れたのは列車が駅に入線するタイミングだったので入線シーンは撮れず・・・。
まあ、ちらっと写った「とかち色」で初期車であると察してください。

 

今回乗車した北斗91号は6両編成で、指定席5両と自由席1両の構成でした。
その中で今回選んだ車両がこちら。

f:id:kawaturu:20180419222459j:plain

函館方先頭車である「スラントノーズスタイル」のキハ183-213です。
「スラントノーズ」に乗ることが目的だったので、あらかじめ窓口で号車指定をして指定席を購入しました。

 

列車は定刻に長万部駅を発車。
お腹が空いたので、さっそく弁当を食べることに。

f:id:kawaturu:20180419225149j:plain

長万部の駅弁といえば「かにめし」ですが、今回購入したのは「かにめし」調製元である「かなや」さんが発売している「鮭飯」です。
「かにめし」とは異なり「鮭飯」は車内販売で購入することはできないので、自分で予約してホームまで持ってきてもらうか、お店まで出向いて購入する必要があります。

 

中身はこんな感じ。

f:id:kawaturu:20180419225553j:plain

ご飯の上には鮭フレークが乗っており、軽く揚げた鮭の漬けが1個載っています。

 

長万部駅弁としては圧倒的に「かにめし」のほうが知名度が上なので、「鮭飯」は存在自体知らない人も多いだろう、まさに「知る人ぞ知る」商品と言えると思います。
私は十数年前に「かにめし」を買おうと「かなや」に出向いたとき、この「鮭飯」を地元の方が買い求めているのを見かけて試しに買って以来、すっかり「鮭飯派」に転向しました。

「信州東北ローカル線乗り鉄の旅」で出会った米沢駅の「牛そぼろ弁当」もそうですが、有名駅弁の裏商品としてこういった隠れた商品があったりするので、時間に余裕があれば駅の売店ではなく調製元に出向いて購入するようにしています。

 

鮭飯とスラントノーズのエンジン音を堪能しながら、列車は北舟岡近辺を通過。

f:id:kawaturu:20180419231347j:plain

ちょうど夕暮れに北舟岡を通過したのですが、残念ながら夕日は雲の中でした。

 

朝の小樽駅以来の架線柱が見えたところで東室蘭駅に到着。

f:id:kawaturu:20180419231559j:plain

f:id:kawaturu:20180419231655j:plain

ようやく「スラントノーズ」の姿を写真に収めることができましたが、まだまだ「スラントノーズ」の乗り鉄旅は続きます。

 

次の記事はこちら。

変わりゆく北海道の鉄路を記録する旅 5日目⑦ 引退間近のスラントノーズに乗る その2

 

鉄道コム
鉄道コム


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

変わりゆく北海道の鉄路を記録する旅 5日目⑤ 「山線」乗り鉄旅 その5

前の記事はこちら。

変わりゆく北海道の鉄路を記録する旅 5日目④ 「山線」乗り鉄旅 その4

 

倶知安駅からは引き続き長万部方面へ向かいます。

f:id:kawaturu:20180415154809j:plain

f:id:kawaturu:20180415154819j:plain

倶知安始発12:35発2938Dに乗り込みます。

 

f:id:kawaturu:20180415155107j:plain

キハ150形とキハ40形の2両編成でした。

 

キハ40形のサボ受けには懐かしいものが。

f:id:kawaturu:20180415155132j:plain

f:id:kawaturu:20180415155143j:plain

学園都市線のステッカーが剥がされずに残っていました。
・・・というか、なんでサボを付けないんでしょうか?

 

列車は倶知安駅を定刻に発車。

f:id:kawaturu:20180415160223j:plain

座席はほぼすべて埋まり、若干の立ち客が出るほどの乗車率でした。

 

2つ隣のニセコ駅に到着。

f:id:kawaturu:20180415160317j:plain

ここで外国人旅行客の皆さんはゾロゾロと下車。
ようやく車内が落ち着いた・・・と思ったら、ほぼ同じだけのお客さんが乗ってきたので乗車率はさほど変わらず。

まあ乗り替わりは結構あるので、倶知安駅で座席を確保できなくてもニセコ駅からは座れると思います。

 

車窓には尻別川が見えました。

f:id:kawaturu:20180415160626j:plain

この尻別川日本一水質が綺麗な川らしいです。
夏にはラフティングや釣り客でにぎわいます。

 

このあと列車は「山線最後の峠」である目名峠を越えて終点の長万部駅へ到着。

f:id:kawaturu:20180415163320j:plain

f:id:kawaturu:20180415163340j:plain

こちらもなかなかの難読地名ですが、割と有名なので読める方は多いかな?

 

窓口で恒例の「わがまちご当地入場券」を購入。

f:id:kawaturu:20180415163414j:plain

表の柄は「静狩ストレートを行くキハ281系でした。

 

長万部駅を抜け出して、駅前にある鉄道ファンお馴染みのお店へ。

f:id:kawaturu:20180415163627j:plain

f:id:kawaturu:20180415163643j:plain

北海道を代表する駅弁と言っても良い「長万部駅のかにめし」の調製元である「かにめし本舗 かなや」さんです。
こちらで遅いお昼ご飯を購入しました。

 

 

さて、ここまで5日目の模様を連載してお届けしてきましたが、実は次回からが5日目のメインとなります。
つまり、5回に渡りお送りした「山線」乗り鉄旅は「単なる前座」にすぎないのです

 

では、なぜわざわざ長万部駅まで来たのか?
その理由は次回の記事で。

 

次の記事はこちら。

変わりゆく北海道の鉄路を記録する旅 5日目⑥ 引退間近のスラントノーズに乗る その1

 

鉄道コム
鉄道コム


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村