川崎鶴見鉄道録

川崎・鶴見界隈の鉄道に関するブログ

京浜島で「羽田新ルート」の飛行機を初撮影する

前の記事はこちら。 

 

先日の土曜日はお昼ごろに撮り鉄をしたのですが、そのあと夕方前には京浜島に出向いて、久々に飛行機撮影をしてきました。

京浜島での撮影は今年1月以来なのですが、実はその間に羽田空港の運用方法に大きな変化が起きました。

f:id:kawaturu:20201124220147p:plain
国土交通省ホームページより

従来南風運用時の着陸ルートは、千葉県側から東京湾北岸に沿って西へ進み、羽田空港付近で左旋回して北側からB・D滑走路に進入するルートとなっていました。

それが今年3月より時間帯を限定し、羽田空港の北西にあたる新宿・品川方面から直線的にA・C滑走路に進入するルートに改められることに。

これは東京オリンピックを見据え、離着陸ルートの交差を減らして発着間隔を縮めて、すでに限界に達していた羽田空港の国際線発着回数を増やすための措置であります。

 

このルート変更は、飛行機を撮影する側にとっても大きな変化をもたらすことになり、特に南風運用時は時間帯によって運用される滑走路が変わるため、必然的に撮影地もガラッと変わります。

今回は新ルート下での撮影地の下見も兼ねて、羽田空港の真正面に位置する京浜島でサクッと飛行機を撮影することにしました。

 

まずは京浜島つばさ公園の北側で、C滑走路に進入する飛行機を撮影。

f:id:kawaturu:20201124222203j:plain
JA08MC 7G42便 関空

従来のルートでは、京浜島からは南方向から来た飛行機が公園に平行してB滑走路へ進入する姿を順光で撮影できましたが、新ルート下では公園と直角にC滑走路へ進入する姿を順光撮影できます。

 

というわけで京浜島は、南風運用時は新旧ルートどちらでも南方向から来た飛行機を順光で撮影できるため、南風運用時の定番撮影地としてますます重要になりました。

ちなみに同じく定番撮影地だった城南島は、新ルートだと晴天時はド逆光になってしまうので、天候や撮影時間帯を選ぶ必要が出てくるんじゃないでしょうか。

 

続行で、今回撮りたかった機体が登場。

f:id:kawaturu:20201124223742j:plain

f:id:kawaturu:20201124223822j:plain
JA743A「C-3PO ANA JET」 NH996便 那覇

今回のお目当ては、ANASTAR WARSとのコラボである「C-3PO ANA JET」。

本来は今年3月にキャンペーンが終了するはずだったのですが、なんでか知りませんが未だに続いております。

それに加えコロナ禍の業績悪化の影響により、ANAよりB777の早期退役が発表されたこともあったので、これからB777も色々記録していこうかなと思った次第です。

 

さらに続行で、今度はJALの特別塗装機が飛来。

f:id:kawaturu:20201124224942j:plain

f:id:kawaturu:20201124224958j:plain
JA03XJ JL316便 福岡発

こちらはJALの新型機、A350の3号機です。

3号機自体は1月に撮影したので初めてではありませんが、何度見てもA350の姿は優雅で大好きです。

 

これにてC滑走路の着陸機の撮影は終了。

このルートだと、向かって左側の死角から目の前に飛び出してくるので、なんとなく成田空港の「さくらの山公園」と似た印象を持ちました。

わりと至近距離を通過するので、普通の望遠ズームでも余裕で撮影できることから、お手軽撮影地としてオススメでございます。

 

 

続いては新ルートになって新たに登場した「B滑走路から南方向への離陸機」を撮影します。

今回は公園南側にある展望台から、B滑走路を狙ってみました。

f:id:kawaturu:20201124225733j:plain

f:id:kawaturu:20201124225845j:plain
JA05MC 7G25便 関西行

ここでは南方向への出発便がB滑走路から離陸する姿を撮影することが出来ます。

光線的には午後遅めが順光で、日没近くだと夕日に照らされて機体が映えます。

 

旧ルート下での南方向への出発便は、A滑走路から千葉方面へ向けて離陸していたため京浜島から撮影できなかったので、ここでも京浜島の撮影バリエーションが広がったと言えますね。

ただ京浜島はB滑走路の北寄りに位置するため、特に中・大型機の離陸後の姿はAPS-Cでも400mm越えの超望遠レンズが必須なので、それなりの機材が無いと厳しいです。

 

夕日がきれいだったので、良さげな構図を探るのも兼ねて日没まで離陸機を撮影。

f:id:kawaturu:20201124231533j:plain

f:id:kawaturu:20201124231544j:plain
JA73NQ BC519便 那覇行き

 

国際線用の第3ターミナルビルを入れて撮影。

f:id:kawaturu:20201124231728j:plain

f:id:kawaturu:20201124231837j:plain
JA611J JL483便 高松行き

 

シメは管制塔と一緒に。

f:id:kawaturu:20201124232154j:plain

f:id:kawaturu:20201124232201j:plain
JA830A NH477便 那覇行き

 

このあと太陽は雲に沈んでしまったので、これにて撮影は終了。

京浜島内では、つばさ公園以外の場所からも色々撮影できそうなので、時間を見つけて再訪して撮影地を開拓したいと思います。

PFクリームプレ充当5582レ 貨物列車撮影 11/23

昨日に引き続き晴天に恵まれた、本日の川崎界隈。

本日は午後から都内にお出かけする予定だったのですが、ちょうどお昼前の石油列車にPFクリームプレが入っていたので、渡田踏切に立ち寄って撮影することに。

 

というわけで、本日のメインです。

f:id:kawaturu:20201123200310j:plain
5582レ EF65 2101

この列車は本来新鶴見桃の運用ですが、本日はPFが代走、しかもクリームプレートの2101号機が充当されました。

いま時期の渡田踏切は光線が良いこともあり、現着すると大勢の同業者がスタンバイしていてちょっと面喰いましたが、なんとか撮れて良かったです。

 

といった感じで、本日の撮り鉄活動はこれ1本で終了です。

落成したての押し桃327号機を撮る 貨物列車撮影 11/22

小春日和なポカポカ陽気に包まれた、本日の川崎界隈。

そんな本日は、押し桃の未撮影の2機が短時間のうちに地元を通過したので、サクッと撮影することにいたしました。

 

まずは川崎新町で1機目を撮影。

f:id:kawaturu:20201122211233j:plain
1068レ EF210-313

白・黄ともキャラ桃化が進んでおりますが、313号機もいつのまにやらキャラ桃化していたようで、思った以上に進捗が早いですね。

逆に「すっぴん状態」の機体って、どのくらい残っているんでしょうか?

 

この撮影地には桜並木があります。

f:id:kawaturu:20201122211719j:plain

先週来たときはまだ葉を沢山つけていましたが、ここ一週間でほぼ落ちていました。

今年の秋は暖かい日が続いていますが、着実に冬へ向かっていますね。

 

そんな感傷に浸るのもそこそこに、浜川崎駅に移動して2機目を撮影。

f:id:kawaturu:20201122212050j:plain
1155レ EF210-327

こちらは先日新鶴見機関区に配属されたばかりの327号機。

11月20日に運用開始し、まだ2日しか経っていないこともあって、新車のピカピカ状態で記録することが出来ました。

 

しかしながら、ついに押し桃が新鶴見機関区に配属されるときが来たか・・・。

吹田のみならず、新鶴見にも世代交代の波が押し寄せてきそうですね。

 

といった感じで、本日の撮り鉄はこれにて終了です。

このあとは京浜島にて、久々に飛行機撮影に興じてきたので、その模様を次回の記事にてお届けします。

快晴の白鳥信号場で異種重連8075レを撮る 中部地方 撮り鉄遠征⑭

前の記事はこちら。


3日間にわたった、名古屋地区での撮り鉄活動もいよいよ佳境へ。

前回までの三岐鉄道からJR関西本線へ移動し、今回の遠征で日課?となっておりますDD51とDF200の異種重連列車8075レを撮影します。

 

今回は関西本線名古屋口でも有数の撮影地である、永和~弥冨に設置されている白鳥信号場にて撮影することに。

現着がギリギリだったので、練習電なしの一発勝負で挑みます。

f:id:kawaturu:20201120204019j:plain
8075レ DD51 857+DF200-207

雲一つない快晴のもと、朱色の機関車が駆け抜けていくのは画になりますねぇ。

しかもスノプラ付き857号機が先頭で、これ以上望むものは無い文句なしの出来です。

 

動画も撮影していたので、ついでに上げておきます。

静止画ではわかんないですが、実はこのとき強烈な横風が吹いておりまして、三脚に据えたカメラが一瞬浮くほどの荒れっぷり (^_^;)

まあ外付けマイクが優秀だったお陰で、風切り音がそれほど出なかったのが救いでございました。

 

本遠征では8075レには泣かされ気味でしたが、この一発でそれらのモヤモヤした気持ちは吹っ飛び、まさに終わり良ければすべて良し!!とはこのことでしたね。

ホクホク顔にて、名古屋遠征を終えることが出来ました。

 

白鳥信号場から名古屋駅へ移動し、レンタカーを返却。

f:id:kawaturu:20201119235720j:plain

セントラルタワーズも、綺麗な夕陽を浴びておりました。

 

これにて3日間に渡った、名古屋地区での撮り鉄活動はすべて終了。

清洲駅でのEF64重連貨物に始まり、DD51石油タンカーやDE10名古屋港線のほか、衣浦臨海鉄道西濃鉄道三岐鉄道といった未訪問の私鉄貨物も撮影することができ、かなり充実した遠征となりました。

時間の都合上、名古屋臨海鉄道、春日井の王子製紙専用線四日市地区には行けなかったので、次回の遠征ではこれらを攻めてみたいと思います。

 

 

というわけで、名古屋駅から東海道新幹線に乗って帰郷・・・

 

 

 

 

ではありません。

私が名古屋駅から乗り込んだのはこちら。

f:id:kawaturu:20201120000841j:plain

なんと金沢行きの高速バスでございます。

 

今回の遠征、実は名古屋地区と金沢地区の2本立ての行程を組んでおりました。

つまり今までの名古屋地区はいわば「前編」でありまして、これから「後編」の地へ向かうというわけです。

遠征のタイトルが「東海地方」ではなく「中部地方」としたのも、こんな裏事情があったのであります。

 

そんなわけで、名古屋駅から次なる地へ向けて旅立ちます。

車窓には、黄昏の名古屋市内を見ることが出来ました。

f:id:kawaturu:20201120001953j:plain

f:id:kawaturu:20201120002006j:plain

次はいつ来られるでしょうかねぇ・・・。

 

そんなこんなでバスは北陸道を北上し、4時間ほどで金沢駅前に到着。

f:id:kawaturu:20201120002252j:plain

f:id:kawaturu:20201120002302j:plain

この巨大な門?を見ると、金沢に来たなぁ~って実感しますね。

 

この日は駅前のドーミーインで一泊。

f:id:kawaturu:20201120002343j:plain

こちらもGoToキャンペーンのおかげで、いつもよりお安く泊まることが出来ました。

 

 

といった感じで、3日目の活動が終了。

次回からは、北陸の地で「第2ラウンド」が始まります!!

セメント列車と白ホキの出発地 三岐鉄道 東藤原駅 中部地方 撮り鉄遠征⑬

前の記事はこちら。 

 

貨物鉄道博物館の見物を終えた後は、さらに山側に位置する東藤原駅へ移動。

f:id:kawaturu:20201118235745j:plain

東藤原駅には隣接して太平洋セメント藤原工場があり、三岐鉄道の貨物列車である「セメント列車」「白ホキ」はこの工場から出荷されるセメントや炭酸カルシウムを輸送する列車であるため、ここ東藤原駅はそれらの列車の出発地となっています。

 

私が東藤原駅を訪れた理由は、ここで「あるもの」を購入するためでした。

それがこちら。

f:id:kawaturu:20201119000446j:plain

東藤原駅の窓口では、なんと現行ダイヤの運行図表を一般向けに販売しているのです。

旧ダイヤの運行図表が放出されるのは良くありますが、現行ダイヤの運行図表を駅の窓口で発売するのはとても珍しいことだと思います。

撮り鉄をするには、運行図表を持っていたほうが格段に便利なので、今後の参考のために購入しておきました。

 

さらに硬券入場券も扱っていたので、ついでに購入。

f:id:kawaturu:20201119000800j:plain

ダッチングマシンで日付を入れる、本格仕様?でありました。

 

目的を達した後は、駅構内をちょっと見物することに。

駅前にはホッパ車が展示されていました。

f:id:kawaturu:20201119000225j:plain

f:id:kawaturu:20201119000233j:plain
ホキ5700形25767号車

こちらの車両は、前回の記事で触れた貨物鉄道博物館所蔵の貨車で、この車両のみ東藤原駅前で公開されています。

 

駅横の踏切から構内を覗くと、機関車や貨車が留置されていました。

f:id:kawaturu:20201119001101j:plain

f:id:kawaturu:20201119001146j:plain

f:id:kawaturu:20201119001157j:plain

鉄道模型の参考資料として、細部まで色々撮影させてもらいました。

踏切の横にはこんな看板が。

f:id:kawaturu:20201119001256j:plain

東藤原駅では構内の配線の都合上、駅の側線と引き上げ線の間に踏切が存在するので、入換作業時は長時間にわたって踏切を塞いでしまいます。

そのため通行者に対し、あらかじめ作業時間の告知がなされていたのですが、逆に言うとこの時間に東藤原駅を訪れれば入換作業の見物が可能ということです。

 

踏切の警報器には、入換作業中であることを示す表示器が付いていました。

f:id:kawaturu:20201119002002j:plain

この表示器が点灯しているときは、通常の旅客列車の通過ではなく入換作業中であるため、いつもより長い時間塞がれることが通行者にもわかるようになっています。

 

今回は13:30ころに東藤原駅を訪れたことから、ちょうど14:10から始まる入換作業が見物できました。

時間が近くなると操車係が機関車に乗り込み、パンタグラフを上げて点検を開始。

f:id:kawaturu:20201119002232j:plain

こちらのED5081形のED5081+ED5082のコンビは、2003年まで東武鉄道にて貨物列車牽引に従事し、三岐鉄道に移籍してきた車両です。

前回までの撮り鉄で、本線運用に入って無いなぁ~と落胆していたのですが、ここで遭遇出来てラッキーでした。

 

入換作業の様子は動画で記録したので、こちらでお楽しみくださいませ。

小型電機とはいえ、重連での入換はなかなかの迫力で楽しかったです。

 

入換作業の見学を終えて東藤原駅を後にし、三岐鉄道での最後の撮り鉄へ。

山城~保々の有名ストレートで、返空セメント列車を撮って〆ました。

f:id:kawaturu:20201119003150j:plain
3715レ ED455+ED457

青空のもとバリ順でセメント列車を記録することができ、これで悔いなく三岐鉄道を後にできるってもんですね。

 

というわけで、これにて三岐鉄道沿線での活動は終了。

三岐鉄道は前々から来たかった路線だったのですが、初訪問にしては良き撮れ高が得られたかなと思います。

今回は時間の都合上、白ホキ列車が撮れなかったので、三岐鉄道はそのうち再訪したいですね。

 

このあとは関西本線へ向かい、3日連続で異種重連列車を狙います。