川崎鶴見鉄道録

川崎・鶴見界隈の鉄道に関するブログ

撮り鉄-貨物列車

今日もPF2139号機充当152レ 貨物列車撮影 6/29

本日も暑い一日となった川崎界隈。 そんな本日も昨日に引き続き、仕事終わりに夕練をすることにしました。 まずは川崎新町の渡り線ポイントで79レを撮影。 79レ EF66 122 4日前は雲が出ちゃいましたが、本日は薄めながら夕陽が当たってくれました。 ただ全開…

PF2139号機充当の5086レと152レ 貨物列車撮影 6/28

梅雨も明けて、すっかり夏到来となった本日の川崎界隈。 そんな本日は、PFの2139号機が関西巡業から帰ってくるということで、久々に花月園前でお迎えすることにしました。 まずは練習がてら鮫を捕獲。 66レ EF66 119 今すぐでは無いものの、そう遠くない将来…

レール積載チキ付き5971レなど 貨物列車撮影 6/25

まるで梅雨が明けたかのような猛暑に見舞われた、本日の川崎界隈。 実際6月下旬には梅雨明けなんて予報も出ているようですが、梅雨は嫌いなののその先に茹だるような猛暑が待っていることを思うと、空梅雨なのを歓迎すべきなのは悩ましいところですね・・・…

カラシ充当5086レなど 貨物列車撮影 6/21

梅雨の晴れ間・・・というには、少々蒸し暑い日となった本日の川崎界隈。 そんな本日はカラシが関西巡業から帰還するということで、久方ぶりに変電所前で朝練をすることにしました。 てなわけで、さっそく本日のメイン。 5086レ EF65 2127 ここでカラシを撮…

今シーズン初の貨物朝練 貨物列車撮影 6/14

梅雨空が広がった、本日の神奈川界隈。 関東地方は一足早く梅雨入りしていましたが、東海や近畿地方などもそれに続いたようで、本格的に梅雨シーズンが到来といったところでしょうか。 そんな本日は、奇跡的に?早起きできたので、今シーズン初の地元での貨…

3度目の「石巻貨物」を撮る その2 2021夏の東北遠征⑫

前の記事はこちら。 石巻貨物の撮影、続いては復路となる上り列車の撮影へと移ります。 どこに行こうか迷ったのですが、往路でも訪れた佳景山ストレート付近に青空が見えたので、復路もここで撮影することに。 まずはDD200の下り列車をパチリ。 1657レ DD200…

3度目の「石巻貨物」を撮る その1 2021夏の東北遠征⑪

前の記事はこちら。 日本製紙 岩沼工場専用線をあとにして、お次はこちらも仙台地区の名物貨物列車である「石巻貨物」の撮影へとシフトします。 当ブログ的には、石巻貨物は過去2度撮影機会がありました。 2度の撮影を経て、それなりのカット数を積み重ねて…

「日本製紙 岩沼工場専用線」を初訪問する その2 2021夏の東北遠征⑩

前の記事はこちら。 岩沼駅の「日本製紙 岩沼工場専用線」見物、続いては到着列車の記録に移ります。 出荷便の入換作業終了後、専用線側は30分ほど小休止へ。 その間に岩沼駅側では入換作業があったようで、しばらくすると先ほど出荷便を岩沼駅へ運んだEH500…

「日本製紙 岩沼工場専用線」を初訪問する その1 2021夏の東北遠征⑨

前の記事はこちら。 2021夏の東北遠征、今回から3日目のお話に入ります。 3日目はレンタカーを使い、仙台近郊で貨物列車の撮影に勤しみます。 まず最初に訪れたのは、岩沼市にある日本製紙 岩沼工場専用線です。 googleマップより 日本製紙 岩沼工場専用線は…

福島臨海鉄道でコンテナ貨物を撮る 2021夏の東北遠征⑥

前の記事はこちら。 前回まで東邦亜鉛の専用列車「安中貨物」を追いかけていましたが、福島臨海鉄道では通常のコンテナ混載列車も運転されています。 そちらも撮影したかったので、常磐線から再び福島臨海鉄道沿線へと戻ることに。 まずは小名浜駅へとやって…

福島臨海鉄道で「安中貨物」を撮る その2 2021夏の東北遠征⑤

前の記事はこちら。 東邦亜鉛小名浜精錬所を出発した「安中貨物」の発送列車は、小名浜駅でスイッチバックをするためしばし停車します。 私もその時間を利用し、小名浜駅へと追いかけます。 駅に到着すると、カマが機回しをしてタキと連結するところでした。…

東邦亜鉛小名浜精錬所専用線で「安中貨物」を撮る 2021夏の東北遠征④

前の記事はこちら。 泉駅付近で「安中貨物」を撮影した後は、荷の積み出し場所である東邦亜鉛小名浜精錬所へと追いかけます。 精錬所へは福島臨海鉄道 小名浜駅から専用線が伸びており、まずは専用線を通って精錬所へ入場するところを撮影・・・と行きたかっ…

福島臨海鉄道で「安中貨物」を撮る その1 2021夏の東北遠征③

前の記事はこちら。 「2021夏の東北遠征」、今回から2日目のお話に入ります。 2日目のメインは、本遠征最大の目的でもある福島臨海鉄道内での「安中貨物」撮影でございます。 福島臨海鉄道側から安中貨物のスケジュールを見ると、現行ダイヤでは「早朝に安中…

PF化した朝の「クリーンかわさき号」 貨物列車撮影 5/6

ゴールデンウィークも終盤になりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 私は東北方面へお出かけするつもりで、本来であれば本日は山形県にいる予定だったのですが・・・出発直前に原因不明の頭痛が襲い遠征を断念し、結局地元でおとなしく過ごす日々であ…

石岡で片パン姿の「安中貨物」を撮る 2021夏の東北遠征①

今回より新シリーズの連載を始めます。 タイトルは「2021夏の東北遠征」でございます。 時は2021年のお盆休みのことでした。 もともとこのときは、前年より度々延期となっていた「ことでんレトロ」のラストランに参戦する予定だったのですが・・・ ことでん…

王子製紙米子工場専用線を辿る 2021真夏の山陰遠征⑫

前の記事はこちら。 日野川橋梁での「やくも」撮影を終えて一旦撮り鉄を中断し、今回は前々から気になっていた場所の見物を行うことに。 今回訪れたのは、日野川を渡ってすぐのところにある「王子製紙米子工場専用線」であります。 Googleマップより 今回の…

大山の麓で「やくも」を撮る その1 2021真夏の山陰遠征⑪

前の記事はこちら。 ネウクロを後にして伯備線を米子方面へと戻り、今回は大山の麓あたりで引き続き「やくも」を狙っていきます。 まずは江尾~伯耆溝口の「道の駅 奥大山」の裏手にあるストレートへ。 本命の前にサクッと練習電をパチリ。 824M 続行で「や…

後藤凸のロンチキ工臨返空を撮る 2021真夏の山陰遠征⑧

前の記事はこちら。 真夏の山陰遠征、今回から3日目のお話に入ります。 3日目のメインは、後継車両の投入が発表された381系「やくも」を伯備線内で撮影することでしたが、この日は早朝から注目列車が運転されていたので、眠い目をこすりながら4時起きで活動…

カラシ充当海コン列車と鶴見線検測 貨物列車撮影 4/9

今年一番?のポカポカ陽気に包まれた本日の川崎界隈。 暖かくなるのは嬉しいのですが、私の天敵である花粉もまだまだ盛大に舞っており、目薬が手放せない日々が続いております。 桜も散ったのでもう少しの辛抱と思いますが、春の空を気持ちよく楽しめる日が…

桜咲く川崎新町 貨物列車撮影 4/2

4月に入り年度も変わりまして、2022年度初更新でございます。 まあただの趣味ブログなので、さして意味はないのですが(笑) 日頃より贔屓いただいている皆様方から見ると、ここしばらく更新が途絶えていたのですが、それにはちょっとワケがありまして。 実…

凸重連のロンチキ米子工臨を撮る その2 2021真夏の山陰遠征②

前の記事はこちら。 凸重連工臨を追う真夏の山陰遠征。 前回の撮影後に日没を迎え、今回は「夜の部」へと参ります。 凸重連工臨は岡山で小停車したのち、倉敷から伯備線へと入り中国山地を超えて米子駅へと向かいます。 日没後ということで、この先は駅撮り…

凸重連のロンチキ米子工臨を撮る その1 2021真夏の山陰遠征①

今回から新たな新連載シリーズを開始いたします。 時は2021年7月、日本中が東京オリンピック開幕に沸いた4連休のこと。 ですがご存じの通り、東京オリンピックは原則無観客開催となったため、連休を利用してどこか撮り鉄遠征にでも繰り出すことにいたしまし…

4度目の「石巻貨物」を撮る③

前の記事はこちら。 石巻港駅での撮影を終えて、お次は小牛田駅へと向かう654レの撮影へと移ります。 まずは石巻駅へ向かうところ撮影するため、2019年の遠征時にも訪れた仙石線貨物支線内の踏切へ。 到着してしばらくすると、日本製紙石巻工場をバックに国…

4度目の「石巻貨物」を撮る②

前の記事はこちら。 1655レを追いかけて石巻港駅へとやってきました。 石巻港駅に来たのは2回目ですが、駅構内を覗くと前回見ることが出来なかった車両を発見!! 石巻港駅からは、駅に隣接する日本製紙 石巻工場への専用線が繋がっているのですが、その専用…

4度目の「石巻貨物」を撮る①

先週のことになりますが、所用で仙台へと出向いておりました。 そのなかで空き時間を利用して石巻市まで足を運び、東北地方の名物列車の一つである「石巻貨物」を撮影してきました。 石巻貨物自体は、当ブログでも度々取り上げたことがある列車です。 東北遠…

引退間近の小山205系600番台 さよならヘッドマークを撮る①

前の記事はこちら。 205系の8連運用を撮影した後も、引き続き205系を狙うため箒川橋梁で撮影を続行することにします。 正確には前回撮影した634Mの直前に通過したのですが、まずは貨物列車から。 3056レ EH500-20 この列車は定刻だと午前4時ごろの通過ですが…

水島臨海鉄道に乗り入れるDE10を撮る その2 2021GW 西日本遠征㉖

前の記事はこちら。 長いこと連載してきた「2021GW 西日本遠征」も、いよいよ最終回でございます。 本遠征の最後を飾るのは、JR貨物のDE10が牽く貨物列車の2往復目であります。 まずは球場前駅のストレートで一発狙います。 3095レ DE10 1562 カマ次位がスカ…

水島臨海鉄道 DE701を撮る その3 2021GW 西日本遠征㉕

前の記事はこちら。 球場前で3092レを撮影した後は、再び倉敷貨物ターミナルへと戻ります。 皆さんお馴染みの「貨物時刻表」には、水島臨海鉄道の列車も掲載されていますが、実はそこには掲載されていない倉敷貨物ターミナルと東水島駅を結ぶ自社線内で完結…

水島臨海鉄道に乗り入れるDE10を撮る その1 2021GW 西日本遠征㉔

前の記事はこちら。 DE701の入庫を見届け後も、引き続き水島臨海鉄道線内で貨物列車を狙います。 先の記事にも述べた通り、JR線~水島臨海鉄道を直通する貨物列車は、水島臨海鉄道の機関車とJR貨物の機関車が相互に乗り入れて運行されています。 前回まではD…

水島臨海鉄道 DE701を撮る その2 2021GW 西日本遠征㉓

前の記事はこちら。 倉敷貨物ターミナルを後にして、水島駅でバカ停していた3091レを再度狙います。 まずは東水島駅へと向かうシーンを撮るため、水島駅から東水島駅へと延びる貨物専用線となっている港東線内の有名撮影地へ。 3091レ DE701 駅が近いことも…