川崎鶴見鉄道録

川崎・鶴見界隈の鉄道に関するブログ

宇部の黄色い国鉄型を追う その5 2021夏の山口遠征④

前の記事はこちら。

ちょっと間が空きましたが「2021夏の山口遠征」、今回から2日目のお話に入ります。

2日目もDE10重連が代走する「DLやまぐち号」がメインですが、それまで時間があるので暇つぶしも兼ねて、またまた黄色い国鉄型を撮影します。

 

というわけで向かったのは、宇部線の朝の定番撮影地である上嘉川~深溝の踏切へ。

私と同様に「やまぐち号」撮影の前に立ち寄ったのか、5名ほどの同業さんが居られたのでご一緒させていただきます。

 

まずは練習電。


1831M

お馴染みの105系が朝日を浴びて、さっそうと通過していきました。

 

でもってお次がメイン・・・だったんですが


1824M

この列車、本来なら先頭に123系が連結されて3両編成となるはずですが、やってきたのは105系だけ。

一同なんで?とこのときは知らんかったのですが、後でわかったのは下の災害が原因でした。

実はこの遠征の1週間ほど前、大雨が原因で山陽本線小野田~厚狭間で路盤崩落が発生し、運転見合わせが続いておりました。

その影響で、宇部地区用の105系123系が所属区である下関総合車両所へ出入り出来なくなり運用削減が行われ、この列車も123系が付かなかったそうな・・・。

2021年はホント大雨に翻弄された年でしたが、こんなところまで影響が出るとは予想外でありました (^_^;)

 

といった感じで完全なる消化不良に終わりましたが、123系がなきゃ撮る意味も無いので早々に撮影終了。

このあと朝食を摂ったのち、本日のメインである山口線へと転戦します。

今日もPF2139号機充当152レ 貨物列車撮影 6/29

本日も暑い一日となった川崎界隈。

そんな本日も昨日に引き続き、仕事終わりに夕練をすることにしました。

 

まずは川崎新町の渡り線ポイントで79レを撮影。


79レ EF66 122

4日前は雲が出ちゃいましたが、本日は薄めながら夕陽が当たってくれました。

ただ全開とはいかなかったので、またチャレンジしたいですね。

 

続いて小田栄駅に移動し、桃0番台が運用入りしていた5053レを狙います。


5053レ EF210-6

こちらは文句なしの全開露出をいただきました (^o^)

あまり狙わないのですが、この列車も撮れるのは陽の長い時期限定なので、0番台をモノに出来て良かったですな。

 

最後は渡田踏切チャレンジ。

前運用の8460レを含め、Twitterや貨物ちゃんねるなどで目撃が上がってなかったので、今日は何が牽いてくるかな?と思っていたら・・・


152レ「クリーンかわさき号」 EF65 2139

なんと昨日と同じく2139号機が登場。

昨日の記事のシメで「2139号機も残り時間が少ないだろうから意識して撮らないとな」と記したばかりですが、まさかの2日連続での撮影となりました(笑)

 

ちなみに昨日のカットを再掲。

カマに加え光線状態も昨日とほぼ同じだったので、多少積載が良かった以外は似たようなカットになったのはいただけませんね (^_^;)

事前に知ってたら、構図を変えるべく川崎新町にでも行ってたと思いますが、まあ致し方ないですかな・・・。

 

といった感じで、本日の撮影はこれにて終了です。

PF2139号機充当の5086レと152レ 貨物列車撮影 6/28

梅雨も明けて、すっかり夏到来となった本日の川崎界隈。

そんな本日は、PFの2139号機が関西巡業から帰ってくるということで、久々に花月園前でお迎えすることにしました。

 

まずは練習がてら鮫を捕獲。


66レ EF66 119

今すぐでは無いものの、そう遠くない将来鮫も見納めになるでしょうから、練習と言えどきっちり仕留めておきます。

 

でもって本番。


5086レ EF65 2139

すっかり色落ちし、貫禄すら感じさせる風合いは貨物機らしくて好いですね。

何気にこの構図で2139号機を狙ったのは初めてだったので、お天気も良く満足な仕上がりとなりました。

 

これで今日は終わろうかと思ったのですが、夕方の「クリーンかわさき号」にも2139号機が流れたので、仕事を早めに切り上げて夕練を敢行。

夕方になっても好天続きだったので、今シーズン初の渡田踏切チャレンジに挑むことにしました。


152レ「クリーンかわさき号」 EF65 2139

ちょいと薄雲がかかり光線が弱くなったので、70点といったところでしょうか。

まあ今年は梅雨明けが異常なほど早かったこともあり、例年よりチャレンジ回数は多めになりそうなので、足しげく通っておきたいところであります。

 

 

そんなわけで本日の主役となった2139号機ですが、国鉄色になって全検出場したのは2016年春のことでした。


2016年大宮工場公開イベントより

JR貨物所属のPFにおいて国鉄色復活の先鞭をつけた2139号機ですが、いつのまにやら国鉄電気機関車の全検周期である6年を過ぎております。

途中休車期間も挟んでいますが、ここ最近更新色が次々と運用落ちているので、そのあとは2139号機ということになるでしょう。

残された時間はそう多くないでしょうから、悔いが残らないようにこちらも運用を気にしておきたいところですな。

 

といった感じで、本日の撮影はこれにて終了です。

「篠ノ井線120周年号」を撮りに松本プチ遠征

ここのところ暑い日が続いておりましたが、ついに本日関東地方は梅雨明けしたとのこと。

なんでも関東地方の梅雨明けは観測史上最速、梅雨の期間も最短だったそうで、例年以上に鬱陶しい暑さが続くようで、暑さにめっぽう弱い道産子な私は早くも気が滅入っております・・・。

 

てなわけで、昨日も関東地方は暑い一日となりましたが、そんな猛暑を避けるように私は長野県は松本市へとプチ遠征してきました。

お目当ては先週末、おそらく日本一の大注目を浴びていたこちらの列車。

篠ノ井線松本駅西条駅間が、今年で開業120周年なのを記念して運転された篠ノ井線120周年号」でございます。

この列車は12系客車を長岡EF64と高崎EF64がプッシュプル運転するという、かなり変わった編成だったことから、多くの撮り鉄から注目されておりました。

そんな列車を撮影すべく、日帰りで長野へと向かうことにしたのです。

 

というわけで、まずは新宿駅から始発の「あずさ」で松本駅へ。

「あずさ」に乗るのも随分久しぶりですが、車内はハイキングや輪行バッグを携えた行楽客でほぼ満員御礼と、コロナ前の賑わいをほぼ取り戻しつつあるなと感じました。

 

列車は定刻に新宿を発車。

私は新宿駅仕入れた駅弁で朝ご飯です。

「復刻鳥めし」なるものをチョイスしました。

 

中身はこんな感じ。

もともとは昭和30年代に誕生し、新宿駅を代表する駅弁だったという「鳥めし」を「復刻したものを復刻した」という、なんだかややこしい品だそうですな。

大きめの鳥そぼろと卵を乗せたご飯に、付け合わせとして漬物と缶詰ミカンというシンプルさが、令和の時代には無い懐かしさを感じますね。

朝飯にしては少々味が濃かったですが、美味しくいただきました。

 

ご飯のあとはダラダラ過ごして、目的地の松本駅に到着。

「まつもと~まつもと~まつもと~」なアナウンスも健在で一安心?でした。

 

そして隣の線路には、お目当ての「篠ノ井線120周年号」の1号が停車していました。

が、なんと私がホームに降りた瞬間に出発してしまいました (^_^;)

というのも、東京方面からの始発特急である「あずさ1号」の松本駅到着時刻は9時38分なのに対し、この「篠ノ井線120周年号」の出発時刻もまた9時38分という、かなり鬼畜なダイヤ設定となっていたのです・・・。

まあ、北陸新幹線篠ノ井線経由の長野駅周りルートの始発「かがやき501号」→「しなの4号」を使って当日移動でも乗れないことは無いのですが、運賃は割高になるのでネカフェ泊のほうが安上がりな気がしますけどね。

 

といった感じで1号を撮り逃してしまったのですが、実はこれは計画通り。

1号を見送ったあと改札を出て駅前広場へと移動し、こちらのイベントに参加。

昨日は「篠ノ井線120周年号」の運行に合わせて、松本地区ゆかりの品を集めた鉄道部品即売会が開催されておりました。

ここ最近ブログでは鉄道部品を取り上げる機会が少ないですが、元来私は撮り鉄より部品鉄のほうに重きを置いている人間なので、今回はこっち優先で1号の撮り鉄はあっさりと捨てたのであります。

 

今回の出物は松本地区のサボ、駅名標、乗車口案内板、柱用駅名標シール、185系の枠類、懐中時計などでした。

事前に板物中心と聞いていたので、予想通りといったところでしょうかね。

方向幕など車両部品目当てで来た方はガッカリだったと思いますが。

 

品揃えが分かったところで、購入順番の抽選へと挑戦。

ラッキーセブン!!と言いたいところですが、全然ラッキーじゃないですね (^_^;)

カス番とまでいきませんが良番ともいかず、今回の品数的にヒジョーに微妙な番号なので、果たして何が買えるかな・・・。

 

てなわけで購入したのがこちら。

篠ノ井線中央東線を直通する列車に使われていた、変則表記が特徴のプラスチック製のサボをゲットしました。

今回は篠ノ井線120周年イベントの一環ゆえ、最初から篠ノ井線関連のサボを狙っていたのですが、これが最後の1枚だったので入場と同時に手中に収め、なんとか目的を達することが出来ました。

 

これにて部品即売会は終了。

即売会会場の横にはアルピコ交通も出店していたので物色してみると、とんでもない部品?を発見。

先日まで補修工事をしていた松本~渚間にある「田川橋梁」の工事現場で使われていた工事中の看板が売ってました!!

たしかにイメージキャラクターの「渕東なぎさ」は描かれていますが、工事現場の看板をグッズとして売るなんて、私も10年以上鉄道部品収集をやってますが初めて見たと思います・・・。

 

ただ3万円というちょっと強気な価格設定と、あまりにナナメ上すぎる品のため歴戦の猛者たちもさすがに手は出さず、私が帰路に着いた14時半ごろになっても売れ残ってました (^_^;)

ただ鉄道部品業界が年々縮小傾向にあるなかで、この商魂逞しさはむしろ頼りがいすら感じる?ので、今度は王道な部品を期待しております(笑)

 

 

思ったよりも部品即売会を早く離脱できたので、このあとは駅前でレンタサイクルを調達し、西条駅から戻ってくる120周年記念号を撮影しに出かけることに。

自転車で10分ほどの距離にある北松本駅近くの踏切へと布陣し、まずは「しなの」で構図確認の撮影。

今回の臨時列車は5両編成なので、ここでもギリギリ捻じ込めそうですね。

 

でもって本番です。


9222レ「篠ノ井線120周年 2号」 EF64 1053+12系3B+EF64 1030

篠ノ井線沿線は激パだったそうですが、ここは誰もおらず貸切でございました。

ホントは土曜日に前乗り参戦し、もうちょっと良きロケーションで撮影したかったところですが、まあ市街地とはいえ記録できただけでも御の字でしょうかね。

 

このあとは松本駅に戻り、折り返しの3号は駅撮りすることに。

駅撮りした理由は、松本駅の発車標が気合が入っていると聞いたので、それを見るためもありました。

LEDドット打ち職人の技が光ってますね(笑)

 

そんな職人芸をググっとアップで。

限られたドット数でEF64と12系を上手いこと表現しております。

 

そんな職人芸を見たところで、そのネタとなった列車をお出迎え。


9223レ「篠ノ井線120周年 3号」 EF64 1030+12系3B+EF64 1053

今回はEF64のPP牽引ですが、特筆すべきなのは長野寄りの機関車に長岡車両センター所属の1030号機が抜擢されたことでしょう。

長岡のEF64は、かつて「北陸」「あけぼの」といった上越線を通るブルトレ仕業がありましたが、それらが廃止されて以降は配給輸送が主な任となっているため、ヘッドマークを掲出し客車を牽くことは滅多にないので、そういった意味でもレアな機会と言えるのではないでしょうか。

 

そのまま10分ほど停車。

EF64 1053の所属区は、今年3月の組織改編で「高崎車両センター高崎支所」から「ぐんま車両センター」へと変わった影響で、区名札も「高」から「群」に変更。

私は変わってから今回が初見でしたが、違和感しか無いですね・・・。

 

このあと列車は長野駅へと向かいますが、私は追いかけないので撮影はこれにて終了。

いったん駅外に出て、ランチタイムと行きます。

本当は別のお店に行きたかったのですが、残念ながらコロナの影響か日曜休みになっていたので、近くにあった味噌ラーメン屋へ。

 

まずまず美味しかったです。

 

お腹を満たした後は松本駅へ戻り、「あずさ」で帰路に着きます。

 

車内では〆の甘味補給。

これも長野に来たら毎回購入している「信玄餅アイス」でございます。

相変わらず美味しゅうございました。

 

 

といった感じで、松本への日帰りプチ遠征の模様をお届けしました。

買いたいもの、撮りたいもの両方とも目的を達せて、いい遠征になりました。

レール積載チキ付き5971レなど 貨物列車撮影 6/25

まるで梅雨が明けたかのような猛暑に見舞われた、本日の川崎界隈。

実際6月下旬には梅雨明けなんて予報も出ているようですが、梅雨は嫌いなののその先に茹だるような猛暑が待っていることを思うと、空梅雨なのを歓迎すべきなのは悩ましいところですね・・・。

 

そんな本日は、TwitterのTLを賑わせている篠ノ井線界隈へ私も赴きたかったのですが、所用がありあえなく断念・・・。

というわけで地元運用だったのですが、昼過ぎに自由の身となったので久々に夕練をすることにしました。

 

まずは5971レの時間に合わせて渡田踏切へ。

と言っても今回はケツ打ちでございます。


5971レ EH500-25

ここだと5971レはケツ打ちになるのですが、今回は編成最後尾にチキが連結されるだろうなと踏んでたので、このケツ打ちこそがメイン。

読み通り、レールを積んだチキが2両ぶら下がっておりました。

 

ついでにいつも通りの夕練メニューを消化。


1060レ EF210-18

1092レかと思ったら、お昼ごろ通過するはずの1060レが1092レスジに乗って5時間遅れでやってきました。

斜光線が当たるこの時間帯に岡桃が上ってくる運用は無いので、数少なくなった原色0番台が来てくれてラッキーでした。

 


1094レ EF210-170

 

鹿島貨物まで撮った後は川崎新町へ移動。


1068レ EF210-138

続いては、本来は1060レの30分前に走っているはずの1068レが約6時間遅れで通過。

全然気にしてなかったのですが、今日の東海道貨物はボロボロだったようですね。

 

渡り線ポイントへ移動して、今春改正で注目していた列車を撮影。


79レ EF66 119

昨年度ダイヤまではPFが担当していた72レ~79レが、今春の改正でEF66へ持ち替わったのはダイヤ改正特集でお伝えした通りですが、その後夕練する機会が無かったので、持ち替わってから今回が初撮影でした。

ただこの場所の醍醐味?である夕陽ギラリは、本日は日没間際になって湧いてきた厚い雲に阻まれてしまったので、引き続き狙っていきたいところであります。

 

これにて南武支線での撮影を切り上げ今度は品鶴線の変電所前へ移動し、先ほど編成を確認した5971レを撮影します。

5971レは尻手短絡線では無く鶴見駅を経由する関係で編成が方転し、鶴見駅より先の区間では先ほど最後尾に連結されていたチキがカマ次位に移動するので、5971レの撮影は品鶴線内がメインでございました。

というわけで、今回のメインかつシメ。


5971レ EH500-25

EH500-25は全検明けから1年半くらい経ってますが、やけにパンタグラフ回りが綺麗ですね。

 

そしてカマ次位に連結されていたのが、今回のお目当てのチキ。

5971レにチキが連結されること自体はさほど珍しくないのですが、そのほとんどは回送ゆえ、いわば空荷の姿が多いです。

ですが今回は、東京タから鹿島サッカースタジアム駅行きのレール臨貨の送り込み?として5971レが使われたため、この列車に連結されるチキとしては珍しくレールが積載された状態での運転となりました。

私自身も、レール輸送をしている5971レは初撮影だったので、貴重な記録になったかなと思います。

 

といった感じで、本日の夕練はこれにて終了。

ご一緒した皆様、暑い中お疲れ様でした。