川崎鶴見鉄道録

川崎・鶴見界隈の鉄道に関するブログ

快晴の西方でパーイチ貨物を撮る 2023南九州撮り鉄遠征⑩

前の記事はこちら。

前回・前々回と、開聞岳の麓でヨンマル撮影に勤しんでおりましたが、今回は指宿枕崎線を離れて別の場所へと移動します。

 

といっても移動距離は120km、およそ2時間かけてやってきたのはこちら。

薩摩おれんじ鉄道の薩摩大川~西方にある海バックの撮影地です。

ここは三セク移管前の鹿児島本線の時代から、鹿児島本線有数の撮影地として知られている名所でございます。

 

そんな名所までやってきたのは、こちらの列車を撮影するため。


4093レ EF81 404

この列車の所定運用はEF81が担っており、この日はローピンの404号機が充当されていました。

GPVを見ると快晴予報だったので、これはローピン機の海バックが映えるなぁと思いやってきたのですが、狙い通り初夏らしい好きカットを得ることができました。

わざわざ2時間かけてやって来た甲斐がありましたな。

 

本当は薩摩おれんじ鉄道のローカル列車も撮影したかったのですが、時間の都合上これ1本で撤収。

再び100kmほど走って指宿枕崎線沿線へと戻ります・・・。

 

沿線へ到着したころ、ちょうどお昼時も終わりという感じだったので、枕崎市にある「枕崎お魚センター」なるところでランチタイム。

こちらは漁港の横にあるお土産屋みたいな施設で、水族館にありそうな水槽があったりと、なかなか楽し気な施設でした。

 

2階にあるレストランで「ぶえん鰹刺身膳」を発注。

枕崎では地元で水揚げされた新鮮なカツオを「枕崎ぶえん鰹」と命名してブランド化しており、そんなカツオのお刺身でございます。

刺身もさることながら、付け合わせの料理もかなり美味しく、枕崎へ来た際には是非とも賞味いただきたいですな。

 

といった感じで午前の部はこれにて終了。

午後の部は指宿枕崎線へ戻り、再びヨンマルを愛でたいと思います。

今日も大遅延の5086レなど 貨物列車撮影 6/13

梅雨入りを予感させるような小雨ぱらつく曇天となった、本日の川崎界隈。

そんな本日は、昨夜からお昼まで徹夜仕事が入ったので、火曜に続き珍しく平日休みとなりました。

 

お昼過ぎには解放されたので、最初は新津のJ-TRECから配給されたE235系でも撮ろうかと思ったものの、曇天だし4連付属編成だしまあいいや・・・と、疲れを癒すためお昼寝を決め込むことに(笑)

昼寝から目覚めるといつの間にか快晴になっており、かつ大幅遅延していたPF充当の5086レがちょうど鶴見界隈へと上ってきたので夕練をすることにしました。

 

せっかくの平日休み夕練だったので、会社終わりからの移動では厳しい新鶴見界隈で撮影することに。

現着してしばらくすると、S字カーブをゆっくり描きながらPFが姿を現しました。

定刻であれば7時過ぎに到着する列車ですが、本日は10時間半という大遅延をかまして17時45分ごろの到着でした。

ちなみに5086レは昨日も大遅延していたようですね・・・。

 

切り位置までじっくり引き付けて本日のメインカットを。


5086レ EF65 2089

本日は車体側面の蛍光灯カバーが特徴の2089号機が充当されていましたが、カマ次位が空コキだったのと、この時間帯だと側面重視構図では影が気になるので面縦で仕留めました。

ギリギリ線路脇のフェンス影も抜けてくれて、いい塩梅の斜光線を浴びる2089号機のカットを1枚積むことができて良かったです。

 

ついでに後続の鮫も捕獲。


79レ EF66 123

時間は12分しか変わらないものの、太陽高度が下がってスカートにかかるフェンス影が交わせなくなりました。

色付きはこちらのほうが好みなのですが、限界光線を狙いすぎるとこの罠に嵌るのが、このショバの難しいところでございます。

 

西の空を見ると悩ましい表情をしていたので、新川崎駅前でゴミ列車を撮ることに。


152レ EF210-317「クリーンかわさき号」

カマ番は事前に調べてませんでしたが、本日は前述の5086レが大遅延していた影響か、なんと吹田の押し桃が代走。

この列車は代走すること自体がわりと珍しいうえ、吹田機となるとさらにレアなので、記録重視の編成構図で押させておきたかったですな。

 

最後は急ぎ鶴見川へと移動して、ほぼ日課になっているブルサン夕練を。

太陽は雲に隠れがちだったので、本日は空多めの配分で撮影します。


82レ EH200-24

青空の抜けがよくて、なかなか良きカットを得られました。

 

といった感じで本日の撮影はこれにて終了。

1時間ほどの活動でしたが、なかなか収穫多き夕練でした。

PF代走の米タンを撮る 貨物列車撮影 6/11

梅雨前の晴れ間に恵まれた、本日の神奈川界隈。

そんな本日は本来通常どおりお仕事の予定でしたが、昨日突発の仕事が入り半徹夜勤務になったため、突然の休暇日となりました。

当然ながら予定など何も決めてなかったのですが、昼前に起きると米タンをPFが代走していたので、これを撮って暇つぶしすることに。

 

まずは川崎新町駅で、横田基地からの返空便を撮影します。


8078レ EF65 2092

米タンの所定機は新鶴見EF210ですが、今シーズンはちょいちょいPFが代走しているようです。

ただ基本的に平日施行ゆえ、フルタイムな勤め人な私はそうそう撮影できないので、突然の休暇日に代走してくれたのはラッキーでした。

 

調べてみると米タンを撮影したのは1年5カ月ぶりと、機材更新後は初めてだったので、貨車のほうも余すことろなく撮影。

まずは米タンの証であるJP-8マークを。

米タンのタキ1000は専用車が充当されますが、結構色褪せた車両が多いですね。

 

川崎新町駅を軽やかに通過して浜川崎駅へ向かいます。

 

ついでに後続の貨物列車も撮影。


72レ EF66 128

ここは夏になると前面まで陽が回らないため冬しか来ないので、この構図で夏光線の鮫を撮影するのも久々じゃないでしょうか。

 

これにて川崎新町駅から撤収して昼飯を食べたのち、今度は鶴見線沿線へ。

前々から気になっていた、武蔵白石駅横の踏切で撮影します。

浜川崎駅からゆっくりと接近。

 

安善駅の貨物側線への分岐点を曲がったところでもう一丁。

南武支線内より光線は良いのですが、なんかしっくりこない出来ですねえ・・・。

正解がよく分からぬまま終わってしまったので、もうちょっと構図を探ってからリベンジしたいと思います。

 

列車はこのあと安善駅で入換作業をするので、その様子も記録すべく自転車で追いかけます。

時間がなかなかタイトなのですが、なんとか間に合ってDD200との並びを記録。

安善駅でのEF65とDD200の並びは未撮影だったので、記録できて良かったです。

 

間髪入れずEF65を使っての入換作業が始まりました。

まずは鶴見駅方にある引き上げ線に留置している積載編成を引き出すため移動。

 

積載編成と連結して、ここまで牽いてきた返空編成の隣の番線へ引き出します。

 

ここでもDD200とのコラボカットを回収。

 

JP-8マークとも絡めときます。

 

さらに米タンタキの形式写真を新機材でも記録しておきます。

 

着発線に停車。

これでEF65の入換作業は完了し、横田基地への出発を待ちます。

 

とまあPFの入換作業を記録するのも目的でしたが、実は狙いはもう一つありました。

それがこちらのカット。

現在鶴見線では燃料電池車両であるFV-E991系「HYBARI」の試運転が行われているのですが、ちょうど米タン入換作業中に安善駅を通過すると聞き狙ってみました。

本当はPFの入換作業が始まる前に通過してくれると最高でしたが、まあこればかりは致し方ないですね。

 

・・・とここまで書いて気付いたのですが、当ブログで「HYBARI」の試運転が登場したのは今回が初めてだったようですね (^_^;)

基本的に私は試運転ネタなどに興味が薄いため、HYBARIもブログ記事にするほどじゃないチョイ撮りしかしてないのが理由ですが、一応地元ネタでもあるのでそのうち記事にしたいと思います。

 

そんなHYBARIが通過したあとDD200の入換作業が始まりました。

本日の安善側の入換作業はDD200-13が担当しておりました。

 

このあとDD200牽引の米軍貯油施設までの入換列車を追うこともできますが、今回はPFがメインのため安善駅での撮影はこれにて終了。

EL牽引を狙うのであれば浜川崎駅南武支線あたりで撮るところですが、本日はお天気が良かったため地元で撮影するのは勿体ないと思い、ちょっと遠出することに。

川崎駅から南武線に乗って北上します。

 

てことでやってきたのは、南武線南多摩~府中本町にある多摩川橋梁です。

前々からここで米タンを撮ってみたいと思っていたので、今回はお天気に誘われてやってきました。

 

嫌らしい雲が出てきて、晴れたり曇ったりの攻防のすえ本番。


8079レ EF65 2092

無事雲が抜けてくれて、快晴カットを撮影することができました。

これで雲配給されたらガチ凹みしていたので助かりました(笑)

 

後続の列車も良さげなカマが入っていたので居残り撮影。


8571レ EF210-104

本日の8571レには、PS22パンタグラフが特徴のEF210-104号機が充当されていました。

104号機は元々吹田所属でしたが昨年度末に新鶴見へ転属となり、それから初撮影だったのですがご覧の雲配給・・・。

こんな攻防を米タンでもやっていたので、ホント晴れてくれて良かったですな。

 

これで多摩川橋梁から撤収し帰宅しますが、ただ南武線で帰っても面白くないので、暇も持て余しているしとちょっと乗り鉄をすることに。

てことでやってきたのはこちらの駅。

西武多摩川線是政駅でございます。

個人的に利用する南武線的な多摩川橋梁の最寄り駅は南多摩駅ですが、こちらの是政駅のほうがさらに近い場所にあります。

 

南多摩駅への動線から外れた場所にあるので、是政駅には始めて来たのですが、住宅地の真ん中にちょこんと建っていました。

西武多摩川線西武鉄道の本線格に当たる新宿線池袋線から離れた孤立路線で、勝手に京急大師線みたいなイメージを持っていたのですが、まさに小島新田駅みたいな雰囲気ですね。

 

改札を抜けるとちょうど列車が到着したところでした。

前述した通り孤立路線のため、運用は多摩川線専従の新101系が担っています。

 

ホーム上に水飲み場があったのでパチリ。

最近はホーム上の水飲み場も減ってきており、なんかいい光景だなと思い記念に記録しておきました。

 

列車は定刻通り是政駅を発車。

是政駅から2~3駅ほどはほぼ誰も乗っておらずガラガラで、大丈夫かこの路線?と思っていたら、途中の多磨駅からドカッと乗ってきて一気にラッシュ時のような大混雑に。

あとで調べたら、近くに東京外国語大学警察大学校があり、ちょうど通学ラッシュに当たったようですね。

 

写真は撮り忘れましたが、武蔵境駅で中央線に乗り換えて短い旅は終了です。

なんで今回西武多摩川線に乗ったのかというと、これが関係しております。

西武鉄道は短距離の支線を多く抱えていますが、それらに使われている車両の置き換えようとして、小田急および東急から中古車を導入することを発表しており、先日第一陣として小田急8000形西武鉄道へ譲渡されました。

今回乗車した多摩川線もその対象路線のため、新101系もそう長くないだろうなと思い乗っておくことにしたのでした。

基本的に西武鉄道は守備範囲外のため深入りすることは無いでしょうが、また機会が合ったらほかの路線も乗っておきたいと思います。

 

ちょっと遠回りしたこともあり、地元に戻るとすっかり夕方になっていたので、帰宅がてら鶴見川橋梁へ寄り道して夕練を敢行。


82レ EH200-23

低い雲に食われながらも、なんとか丸い形を留めてくれました。

本当はもう少し高い位置にあってほしいのですが、この先梅雨入りするとますます厳しい戦いになるので、シーズンベスト級を得られたのは収穫でしたな。

 

といった感じで本日の活動はこれにて終了。

突発的な休暇でしたが、なかなか充実した一日となりました。

指宿枕崎線でヨンマルを撮る その1 2023南九州撮り鉄遠征⑨

前の記事はこちら。

 

西大山駅を後にして、今度は沿線に繰り出して開聞岳とヨンマルコラボを狙って撮影をします。

まずやってきたのはこちら。

東開聞駅でございます。

 

その名の通り、ここは開聞岳の麓にある駅です。

北側の道路から開聞岳と絡めて、駅に停車中のシーンを狙うことができます。

 

列車まで時間があったので、まずは恒例の駅観察から。

1面1線の簡素な駅構造になっています。

 

指宿枕崎線の一部の駅では、特別デザインの駅名標が導入されているようで、東開聞駅もそのうちの1つです。

東開聞駅では開聞岳と馬?を取り入れたデザインとなっています。

 

駅観察を終えていざ本番を迎えたのですが・・・


5323D

雲というか濃霧?が立ち込めて、肝心の開聞岳が隠れてしまいました・・・。

 

気持ちががっくり凹んでしまいましたが、大山~西大山にある超有名な跨線橋へ。


5322D

ここは青春18きっぷ」2010年夏のポスターにも採用された、開聞岳を絡めて撮影できる超有名ポイントなのですが、ごらんの通り開聞岳は相変わらず・・・。

 

本当はこのあと別のポイントへ移動する予定でしたが、これで終わっては悔しいのでもう1本粘ることに。


5324D

さっきよりは雲が薄くなったものの、なんともビミョーな出来に (^_^;)

東開聞駅も含め、これはリベンジ案件となりそうですね・・・。

 

といった感じで開聞岳と絡めてヨンマル撮影をしましたが、このあとはいったん指宿枕崎線を離れて貨物列車を狙います。

「JR最南端の駅」西大山駅 2023南九州撮り鉄遠征⑧

前の記事はこちら。

ちょっと間が空きましたが、南九州撮り鉄遠征の連載を再開です。

 

2日目は鹿児島県指宿市からスタートです。

本日の舞台となるのは指宿枕崎線でございます。

指宿枕崎線鹿児島中央駅から枕崎駅に至る路線で「JR最南の路線」としてもお馴染みですね。

特徴としては途中の指宿駅を境に、北側は九州有数の温泉地である指宿温泉への観光路線、南側は地元密着のローカル線へと変貌するのですが、その南側ではキハ40形およびキハ47形がメインで運行されています。

というわけで今回は、指宿駅より南側の区間でたっぷりとヨンマルを愛でたいという計画でございます。

 

 

指宿温泉の宿を出発し、車を15分ほど走らせて最初の撮影地へ。

てことでやってきたのは、指宿枕崎線の名所ともいえるこちら。

「JR最南端の駅」として知られる西大山駅でございます。

ちなみに私は、指宿枕崎線指宿駅までしか乗車して無いので、西大山駅は初訪問となります。

 

列車まで時間があるので、まずは駅を観察することに。

西大山駅薩摩半島のランドマークである開聞岳の麓にある無人駅です。

晴れていれば山頂まで綺麗に開聞岳を望むことができます。

 

ホーム上には普通の駅名標のほか、JR最南端を示す看板も並んで設置。

 

さらにJRのほかの四方端駅の案内看板もありました。

このなかで稚内駅、東根室駅、佐世保駅には行ったことがあるので、今回で全駅訪問することができました。

本当は乗り鉄で初訪問したかったのですが、個人的事情でそうも言ってられないため致し方ありません。・・・。

 

ホームの端には有名な「JR日本最南端の駅」の碑が立っています。

 

てな感じで駅観察をしていると列車の到着時刻に。

今回は霞ながらも開聞岳が見えていたので、最南端の碑を入れた定番カットを撮影することに。


1326D

晴れれば順光になるのですが、まあ開聞岳が見えただけ良しとしましょう。

 

ホーム上の看板ともパチリ。

本当は乗り鉄で訪問したとき、こんなカットを撮りたいのですがね・・・。

 

当ブログでもたびたび乗り鉄連載をしているとおり、実は個人的にJR全線完乗を目指して乗り鉄を進めているのですが、その最後の路線はここ指宿枕崎線と決めております。

ゆえに西大山駅の訪問も相当後になることが予想されますが、現在の乗り鉄遠征ペースから鑑みると、そのころにはヨンマルは引退してそうなんですよね・・・。

上で書いた「個人的事情でそうも言ってられない」というのはそういう意味で、指宿枕崎線乗り鉄を待っているとヨンマルを撮り逃すと思い、先行して撮り鉄遠征でやってきたのであります。

 

といった感じで西大山駅での撮影はこれにて終了です。

写真は撮ってませんが、駅前にはお土産屋があったりと観光地化しており、日中時間帯はそこそこ観光客でにぎわうそうな。

今回は早朝だったため貸切撮影できたので、撮り鉄目的なら早朝訪問をオススメいたします。

 

このあとは沿線へ繰り出し、本格的にヨンマル撮影を始めます。