川崎鶴見鉄道録

川崎・鶴見界隈の鉄道に関するブログ

ことでんレトロ「300号・120号Last撮影会」に参加する 2021秋ことでんレトロ遠征⑨

前の記事はこちら。

 

ことでんレトロ ラストラン運行の午前の撮影を終えて、私もレトロ電車を追いかけて片原町駅から車庫のある仏生山駅へ移動します。

 

仏生山駅では、レトロ電車を使用した撮影会イベントが行われるのですが、ここでゲストの方と合流をいたします。

今回のゲストは、埼玉県を中心に活動されておりますブログ友の「えみソラ」さんでございます。

氏とは兼ねてよりブログやTwitter上でお付き合いさせていただいており、一度だけ面識があったのですが、此度氏も高松まで遠征されるということで、初めてジョイントさせていただく運びとなりました。

 

で、本来は一緒に撮影会へ参加する予定だったのですが、私の仏生山駅到着が遅れてしまったため、入場チケットをゲットできず・・・。

いやぁ、残念でしたねぇ・・・と肩を落としたのですが

なんと氏から整理券を譲っていただけました!!

 

氏いわく、整理券の列に並んでいる最中に真横でレトロ電車の入換作業があり、そちらで満足したので譲りますわと。

ただこの撮影会も最初で最後なので、貴重な機会を譲っていただくのも悪いなと気が引けたのですが・・・4回くらい確認してなお譲ってよいと言っていただけたので、お言葉に甘えて参加させていただくことに。

 

そんな女神さまからの恵みに感謝しつつ、会場に入場します。

今回の撮影会のメインはもちろんレトロ車両ですが、1211編成とデカ1形も並べられていました。

お天気も良く、絶好の撮影会日和ですね。

 

まずはメインのレトロ車両から。

120号車には2016年に落成90周年を迎えたことを記念する卒寿ヘッドマークが掲出。

 

300号車には今回の特別運行の記念ヘッドマークが掲出されました。

 

ついでに初見のデカ1形も撮影。

この車両は形状が特殊なのでサイドからも記録したいところですが、会場の関係上正面からしか撮れなかったのが残念でしたね。

入換動車扱いなので基本的には工場内でしか動いていないようですが、機会があればこちらも見てみたいところです。

 

そしてメインのレトロ車両は、時間によって掲出されるヘッドマークが付け替えられるサービス付き!

2巡目は両車に急行ヘッドマークが掲出。

 

お次は120号車に「移動禁止」、300号には「試運転」の系統板を掲出。

通常の営業運転では掲出されない、撮影会ならではの内容でした。

 

最後は120号車に「試運転」、300号車に「六万寺行」を掲出。

志度線の駅である六万寺も、琴平線の車両が掲出することは無いでしょうから、これもレアだったかもしれないですね。

 

てなかんじで、あっというまに20分の撮影タイムが終了。

去り際にもパチリと1枚。

ことでんさんも「撮影会慣れ」をしているのか、運営の手際が良くて短い時間ながら充実した内容で、私はあまり撮影会の類は積極的に参加するほうじゃ無いですが、結構楽しめたかなと思います。

チケットを譲っていただいたえみソラ氏、本当にありがとうございました!!

 

そんな撮影会ブースの出口にはこんなものが。

色見本や車両表記を販売する「ことでんのわな」が仕掛けられていました(笑)。

部品鉄のワタクシはまんまと罠に嵌りかけましたが、次なる場所のことも考えて何とか自重し掻い潜りました。

 

最後に同行いただいた氏のブログ記事を無断でご紹介。

大迫力のレトロ車両の切り離しシーンは必見でございます。

 

といった感じで、仏生山車庫でのイベント参加はこれにて終了。

この日は瓦町駅でもイベントが行われおり我々もハシゴしたので、次回はそちらの模様をお届けいたします。

ことでんレトロ ラストラン運行を撮る その2 2021秋ことでんレトロ遠征⑧

前の記事はこちら。

 

ことでんレトロのラストラン運行撮影、初便の撮影を終えて次なる撮影地へ移動すべく、元山駅から高松方面へと戻ります。

私と同じく移動する撮り鉄で車内は満員御礼でした(笑)

 

そんなこんなでやってきたのは、高松市中心部にある片原町駅です。

 

片原町駅から高松築港方面へ10分ほど歩いた場所にある高松城のお堀横が今回の撮影地です。

現着するとすでに10名ほどの同業さんがフェンスにへばりついていましたが、なんとか場所を確保してまずは普電で構図を練ります。

角に立つのは「東之丸艮櫓」というものだそうな。

まあ城に関しては門外漢なんで、なんのための建物なのか全くわかりませんが・・・。

 

本番一本前には、昨日狙った「電車まつり」ヘッドマークを掲げた1091編成が登場。

これは嬉しい誤算でしたね。

 

そして主役のレトロ電車が、長尾駅から帰ってきました。

 

高松築港到着後、仏生山行きとして折り返してくるのでそちらが今回のメインです。

この高松城バックのレトロ電車のカットが、今回の遠征で一番の本命だったので、晴天のバリ順でいただけて大満足でございました (^o^)

 

レトロ電車は仏生山駅到着後、車庫へ入り撮影会が行われるため、午前の運行はこれにて終了です。

予定通り2カットを好天のもと得られて良かったですね。

 

このあとは私もレトロ電車を追いかけて、仏生山駅へと向かいます。

ことでんレトロ ラストラン運行を撮る その1 2021秋ことでんレトロ遠征⑦

前の記事はこちら。

ことでんレトロ遠征、今回から2日目のお話に入ります。

 

2日目は終日に渡り、本遠征のメインたる「ことでんレトロ」のラストラン運行を追いかけます。

今回のラストラン運行は、午前中に長尾線を1往復し、お昼ごろ仏生山車庫で撮影会を行ったあと、夕方から琴平線を1往復する行程となっていました。

昨日はレンタカーを使いましたが、本日は沿線がそれなりに混むだろうなと予測し、電車移動で撮影を行うためまずは高松築港駅へ。

 

窓口で1日フリーきっぷを調達。

今回はレトロ車両の乗り鉄も行うため、ことでん全線乗り放題のこちらの切符を使うことにします。

 

改札を抜けて、長尾線の列車に乗り込みます。

 

途中の瓦町駅では、本日の主役であるレトロ車両とすれ違い。

無事出庫してくれたようで良かったです。

 

高松築港駅から約15分で、今回の撮影地がある元山駅に到着です。

なかなか味のある木造駅舎ですね。

 

元山駅からは水田駅方向へ10分ほど歩き、春日川橋梁の手前のカーブが今回の撮影地。

現着すると数名の同業さんが居られたので、挨拶もそこそこにカメラをセッティングし練習電をこなします。

朝ラッシュ時間帯終わりとはいえ決して本数は多くないので、入念に構図を追い込みます。

 

そしていよいよ本番へ。

側面は薄いですが、私好みのインカーブ構図にて「長尾行」の系統板を掲げるレトロ車両を無事撮影出来ました。

ついでに近代化産業遺産の副票も掲出されたようですね。

 

このあとレトロ車両は長尾までいったあと折り返してくるので、私も急ぎ次の撮影地へと移動するため元山駅へ戻りますが、その道中にいい雰囲気の第4種踏切を発見。

手押し式の簡素な遮断棒がマニア心をくすぐりすねぇ~。

 

ちょうど長尾行の列車が来たので、ついでにパチリ。

個人的になかなかお気に入りのカットとなりました。

 

といった感じで長尾線内での撮影はこれにて終了。

続いて別の場所へ移動し、2回目の撮影へと移ります。

仏生山温泉 2021秋ことでんレトロ遠征⑥

前の記事はこちら。

 

宿にチェックインした後は、ちょっと外出するため高松築港駅へ。

 

駅の窓口で、今回の外出にとって重要な切符を購入します。

今回購入したのはことでんおんせん乗車入浴券」という企画切符です。

こちらの切符は、仏生山駅の近くにある「仏生山温泉」とタイアップした商品で

・仏生山温泉の入浴チケット(大人700円)
仏生山駅から330円区間が乗り放題のフリー乗車券
・ハンドタオル(150円)
・オリジナルうちわ(300円)

がセットとなり、お値段は1,200円(大人のみ)です。

今回の私のように、高松築港~仏生山を単純往復(660円相当)した場合は入浴チケットと運賃だけで元が取れるうえ、フリー区間内では途中下車できたり、オマケでタオルとうちわが貰えると思うと、かなりお得な商品と言えますね。

 

今回この切符を買った理由は、実用面のほかにも切符の形状がとても変わっているため手に取ってみたかったのです。

上で「オリジナルうちわがセットで付いてくる」と書きましたが、そのうちわが切符の代わりになっているのです。

ことちゃんを模したイルカのスタンプが可愛いですねぇ~。

 

うちわを改札口に見せてホームに入り、仏生山駅へ向かいます。

入線してきた車両の車番は1092!?って、まさか・・・

 

前回の撮り鉄で中途半端な結果に終わった電車まつりヘッドマークを掲出した編成ではないですか!

狙ったわけじゃなかったので、こりゃラッキーでしたね。

 

そんな1091号車に揺られて、目的地である仏生山駅で下車します。

 

駅から10分ほど歩いて温泉に到着。

一本道ではありますが微妙に離れており、今回のように秋であればちょっとした散歩気分なものの、夏だと特に帰りはひと汗かいちゃいそうですね。

 

そしてこちらが建物の外観。

これが日帰り温泉?って言いたくなるような、お洒落な外観ですね。

夜だったのが、余計にそう感じさせられるのだと思います。

 

受付にうちわを見せて入場すると、ハンドタオルが貰えます。

入場印として、下に赤い温泉マークのスタンプが押されました。

 

ロビーの様子。

外観と同じくモダンで洒落た内装ですね。

ちなみに左側の畳敷きテーブルが湯上り処となっています。

 

ロビーでは物販も行われており、うちわも販売されていました。

このうちわ、デザインだけでなく軽量で羽根の部分が固めなので、実用品としても割と使いやすいです。

 

今回は利用しませんでしたが食事処も完備。

かき氷が人気メニューっぽいですね。

 

このあとは着替えていよいよ温泉へ入ったのですが、これが思わぬ名湯!!

当然ながら内部の写真はありませんが、浴場も清潔でお洒落な造りなのは当然として、少々ぬるめなお湯は全て源泉かけ流し。

いつもならサウナに入りたくなるところですが、今回ばかりはいつも以上にふやけるほどお湯に浸かり、お肌に良さそうなつるつるとしたお湯をたっぷりと堪能させていただきました。

 

一時間半ほど温泉を堪能したのち、仏生山駅から終電で高松築港へ戻ります。

唯一の欠点は、仏生山駅から上り(高松築港)方面の終電が少々早い(2022年9月現在で21時56分)ということでしょうかね。

仏生山温泉自体は24時まで営業しており、あと30分遅ければ食事もできたのですが、まあ地方私鉄ゆえ致し方ないかな。

 

そんなわけで、高松駅前のホテルに戻りコンビニ飯で晩御飯。

すっかり湯冷めしちゃいましたが、ビールを注入し明日への英気を養います。

 

といった感じで1日目が終了。

次回からが本遠征のメインイベントとなります。

仏生山で「ことでん電車まつり」ヘッドマークを撮る 2021秋ことでんレトロ遠征⑤

前の記事はこちら。

伏石駅見学を終えて、今度は琴平線の車庫がある仏生山駅へと移動。

今回のメインであるレトロ電車が留置されているところを敷地外から見れないかな~という目論見だったのですが・・・。

夕方ラッシュ対応の準備でしょうか、もっとも西側の線路で車両連結作業が行われており、車庫内は完全にブロックされていました。

 

続いて駅の南側の踏切から覗いてみることに。

車両とホームの隙間にちらっと300号車と、瓦町駅ビルである「瓦町FLAG」開業6周年記念ヘッドマークを付けた車両を確認できました。

 

駅外からではこれ以上見えないので、入場券を買って駅に入るかなぁと思っていたところ、下り列車が入線してきたのでカメラを構えると・・・。

なんとお目当てだった「ことでん電車まつり」のヘッドマークを付けた車両が!!

一宮駅行きの区間列車だったので、折り返してきたところ撮影すべく仏生山~空港通りのストレート区間へ迎え撃つことに。

夕陽がええ感じにさしてレールを照らしてくれたのですが、なんと肝心のヘッドマークは琴平方にしか付いておらず、普通の顔でやってきました・・・。

これはこれで満足なカットなんですが、ちと調べが浅かったですね (^_^;)

 

このあと列車は高松築港駅から折り返してきますが、時刻を調べると日没ギリギリながら撮れそうだったので、ここで粘ることに。

続行列車も適当に撮影して暇つぶしをします。

未撮影だった1070形に出会えたのはラッキーでしたね。

 

でもってヘッドマーク付きが高松築港から戻ってきました。

なんとか撮れましたが、かなり暗くなってしまったのでゴーストがモロに・・・。

まあ致し方ないですかね。

 

といった感じで撮り鉄は終了し、高松駅前へ戻りレンタカーを返却。

そのまま本日の宿である高松駅前のホテルにチェックインします。

少々古めの宿でしたが、ツインルームにアップグレードされ広々使えました。

 

といった感じで、いつもであればこれで終了なのですが、今日はチェックイン後に前から気になっていたスポットに外出します。