川崎鶴見鉄道録

川崎・鶴見界隈の鉄道に関するブログ

キハ183系オホーツクを撮る その2 キハ183系ラストラン オホーツク遠征⑩

前の記事はこちら。

 

ヨンマルとキハ283系撮影を終えて、いよいよ正真正銘のラストランを迎えるキハ183系の撮影へと移ります。

前日のロケハンで、柏陽~愛し野のストレートが良い感じ足回りまで見えていたのを確認していたので、1発目はここで撮ることに。

 

運転本数も少ない区間なので、早めに現地入りして練習電をこなします。


4656D

後ろには「紫水」が連結されていました。

 


4659D

 

そして本番。


9004D「キハ183系オホーツク」

西女満別の撮影地では、警察沙汰になるほどの大荒れになったようですが・・・、こちらは5名ほどとのんびりムードで撮影出来ました。

 

このあと列車は常紋峠を通って遠軽へ向かうので、私は国道333号線で一気にショートカットして先回りすることに。

なんとか先着しまして、駅横の歩道橋で2回目の撮影です。

編成が長いとカーブ構図も映えますね。

 

列車は遠軽駅へと入線。

遠軽駅のホームも人でいっぱいですね。

 

遠軽駅は行き止まり式のスイッチバック駅なので、列車は5分ほど停車したのち、進行方向を変えてこちらに戻ってきます。

シーサスクロッシングをウネウネと渡る姿もまた、長編成だと画になります。

 

歩道橋に詰めかけた観衆に向けてタイフォン一発!

 

さらに引き付け、シーサスを抜けてエンジンをぶん回し始めたところをもう一丁!

 

オマケにケツ打ちも。

こうして終の棲家となったオホーツク地方に別れを告げて、走り去って行きました。

 

これにてオホーツク地方での撮影は終了。

このあと列車は北見峠を越えて旭川へと向かうので、私も高速道路でワープして先回りをします。

 

そしてキハ183系ラストラン撮影も、いよいよ佳境を迎えます。

 

北見でヨンマルとキハ283系を撮る その2 キハ183系ラストラン オホーツク遠征⑨

前の記事はこちら。

キハ183系ラストランを追いかける遠征も、いよいよ最終日を迎えました。

 

最終日は北見市からスタートです。

遠征が最終日ということはすなわち、本日がキハ183系一般車の現役最後の日となるわけでもあります。

そんな晴れの日にふさわしい晴天に恵まれました。

 

もちろんメインはキハ183系ですが、網走駅出発が10時とちょっと時間があったので、昨日に引き続き北見周辺でヨンマルとキハ283系を撮影することに。

撮影地も昨日に続き端野~緋牛内の協和踏切です。

 

今回のメインはこちら。


4653D

この列車はキハ40+キハ54+キハ40の3連で運転されるのが特徴な列車でしたが、この日はラベンダー色のキハ150が入ったうえ、最後尾がタラコというちょっと豪華な編成でした。

 

続いてはド派手なラッピング車が登場。


4654D

ルパン三世ラッピングトレイン」として運転されているキハ54 522が充当されていました。

この列車は「ルパン三世」の作者であるモンキーパンチ先生が浜中町出身であることから企画されたので、根室本線花咲線)をメインに走っていますが、北見まで顔を出すのですね。

 

そして今回の〆。


6082D「大雪2号」

キハ283系も漏れなく撮影しておきます。

 

といった感じで本番前の準備運動はこれにて終了。

次回からいよいよキハ183系の「本当のラストラン」の撮影に挑みます。

北見でヨンマルとキハ283系を撮る その1 キハ183系ラストラン オホーツク遠征⑧

前の記事はこちら。

 

キハ183系オホーツクを見送った後は、北見周辺で日常の列車を記録します。

まずは端野~緋牛内にある跨線橋ポイントへ。


4664D

ツートンとタラコの2連という、なかなか美味しい編成でした。

ただこの角度ではタラコがよく見えないので、普通に編成を狙えばよかったかもしれませんが・・・。

 

振り返って今度は特急を狙います。


6081D「大雪1号」

今回の遠征に先立ち行われたダイヤ改正で、キハ283系へと置き替えられた石北特急の初撮影となりました。

「北斗」や「おおぞら」でときに10両編成などを組んで千歳線や石勝線を爆走していた時代を知るだけに、まさかキハ283系がこんな短編成で石北本線で余生を送ることになるなど、未だに違和感しか無いですね。

 

ちなみに今回は画にならない?茶色い畑を大きく取り込んだ構図になっていますが、実はリベンジ案件でして・・・

 https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/k/kawaturu/20230313/20230313213042.jpg

2月の遠征時にキハ183系時代の同列車をここで撮影しようとしたのですが、タッチの差で見る鉄になっていたのです。

それから2か月が経って雪が融け、車両も変わってしまったのですが、一応記録として回収しておきたかったのでした。

 

続いて同区間にあるちょっと南の踏切へ。


4665D

こちらもツートン色が充当されていました。

短時間で2両とも撮影出来て、なかなか運用に恵まれましたね。

 

このあと翌日のロケハンをして、最後は日暮れを迎えたころ北見駅横の跨線橋へ。

最後は大好きなキハ283系で〆ます。

 

北見駅を発車してフル加速してきたところズーム流しで。


74D「オホーツク4号」

超絶ハイビームをモロに食らって、ファインダー上はほぼ車両が見えてなかったと記憶していますが・・・、なんとかピントが合ってくれてました。

これが7DⅡだったら確実にピントを外してたので、さすが最新型ミラーレスのR6Ⅱは優秀だなぁと感心したものです。

 

といった感じで2日目の撮影を終了。

本日は北見市内のドーミーインで一泊です。

部屋はドーミーイン標準のお部屋でした。

 

ロケハンの結果を踏まえて明日の作戦を練りたかったので、晩飯はセコマのホットシェフで部屋めしです。

期間限定?のジンギスカン弁当をチョイスしました。

 

作戦を練り終えて、ドーミーインお馴染みの大浴場でふやけるほど湯に浸かり、干からびるほどサウナに入って体を整えて、夜鳴きそばと無料アイスを注入。

 

さらに部屋へ戻った後は、鮭とばを肴にクラシックを畳みかけます。

明日への燃料補給もしっかりキメました。

 

これにて2日目の活動は終了。

次回から最終日のお話に入ります。

京急本線の京成車代走運用を撮る

現在3連休でありますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

私は私用などもあって遠出できず、地元運用が続いております。

 

そんな本日、というか昨日より、一部の京急車運用を京成車が代走しているとのことで、花月総持寺付近でサクッと撮影してきました。

というわけで本日のメインです。


京成3000形 3056F

一見何の変哲もない写真ですが、実は現行ダイヤで京成車が京急蒲田以南に乗り入れる運用は平日夕方1本のみとなっており、日中に乗り入れてくるのは結構レアな光景。

しかもその1本も、成田スカイアクセス線に絡む運用のため3100形にほぼ限定されているので、本線仕様の3000形は基本的に充当機会がありません。

お天気はイマイチですが、とりあえず撮れたので良かったです。

 

といった感じで、本日の撮影はこれで終了です。

キハ183系オホーツクを撮る その1 キハ183系ラストラン オホーツク遠征⑦

前の記事はこちら。

根室本線でのヨンマル撮影を終えて、いよいよ本遠征の目的であるキハ183系ラストラン列車を迎えます。

 

列車は札幌駅を朝発車し、お昼過ぎに網走駅へと向かうダイヤになっていました。

なので富良野市から北上し、まずは愛別付近で1発目を撮影・・・と思っていたのですが、国道237号線の流れが悪く時間的に間に合うか微妙な情勢に。

なので予定を変更して北見峠を越えて、一気に白滝~丸瀬布のストレートへ向かうことに。

 

15分ほど待機していると、待ちに待ったキハ183系がやってきました。


9001D「キハ183系オホーツク」

キハ183系一般車のラストラン興行のシメを飾る「オホーツク」ですが、ハイデッカー構造が特徴のキロ182形を3両連結して運転という編成が話題を呼びました。

さらに元々の運転計画ではキロ3両+両先頭車の5両編成でしたが、運転日2週間ほど前になって普通車2両の増結が発表され、合計7両編成というラストランにふさわしい豪華編成となりました。

天気は微妙でしたが、新特急色先頭で押さえられたので、まずは一安心です。

 

このあと列車は遠軽駅スイッチバックするので、私は遠軽駅の先にある湧別川橋梁へと先回り。

まずは遠軽駅のランドマークである瞰望岩をバックにパチリ。

岩の上にも10名ほどの撮り鉄の姿が見えます。

 

さらに引いてもう一丁!

このお立ち台にも10名ほどの同業さんがいました。

 

このあと列車は常紋峠を越えて北見へと向かいますが、私は国道333号線でショートカットするように北見駅の先へ。

道中は数十台の撮り鉄カーが連なっていましたが、なんとか端野~緋牛内の常呂川橋梁へと滑り込みました。

ここでは特徴ある編成を記録すべくサイド構図で。

やはりハイデッカーキロが3連続で連なる姿は圧巻ですねぇ~。

 

といった感じで、往路のキハ183系撮影はこれにて終了。

愛別付近で撮り逃したのは痛かったですが、その後はなんとか挽回できたので、及第点といったところでしょうかね。

 

腹が減ったので、北見市内のレストランで昼食へ。

 

北見名物のB級グルメである塩焼きそばを発注。

アツアツの鉄板にたっぷりの具材が乗って、なかなか満足なランチでした。

 

このあとは石北本線の日常列車を撮影します。