川崎鶴見鉄道録

川崎・鶴見界隈の鉄道に関するブログ

DE10重連!! 夏のDLやまぐち号を撮る その4 2021夏の山口遠征⑥

前の記事はこちら。 DE10重連代走の「やまぐち号」を狙った本遠征も、いよいよ最後の列車である復路の撮影へと挑みます。 復路一発目の定番と言えば本門前踏切ですが、そこは前回晴れカットをいただいたこともあるので、今回は本門前踏切と並んで気になって…

DE10重連!! 夏のDLやまぐち号を撮る その3 2021夏の山口遠征⑤

前の記事はこちら。 宇部線で105系を撮影したあとは、決戦の地である山口線へと移動します。 いつもだと山口駅付近から一発目を撮るところですが、今回はGW時よりも人出が多かったので、名所中の名所である長門峡へ早めに現地入りしてポジションを確保するこ…

宇部の黄色い国鉄型を追う その5 2021夏の山口遠征④

前の記事はこちら。 ちょっと間が空きましたが「2021夏の山口遠征」、今回から2日目のお話に入ります。 2日目もDE10重連が代走する「DLやまぐち号」がメインですが、それまで時間があるので暇つぶしも兼ねて、またまた黄色い国鉄型を撮影します。 というわけ…

今日もPF2139号機充当152レ 貨物列車撮影 6/29

本日も暑い一日となった川崎界隈。 そんな本日も昨日に引き続き、仕事終わりに夕練をすることにしました。 まずは川崎新町の渡り線ポイントで79レを撮影。 79レ EF66 122 4日前は雲が出ちゃいましたが、本日は薄めながら夕陽が当たってくれました。 ただ全開…

PF2139号機充当の5086レと152レ 貨物列車撮影 6/28

梅雨も明けて、すっかり夏到来となった本日の川崎界隈。 そんな本日は、PFの2139号機が関西巡業から帰ってくるということで、久々に花月園前でお迎えすることにしました。 まずは練習がてら鮫を捕獲。 66レ EF66 119 今すぐでは無いものの、そう遠くない将来…

「篠ノ井線120周年号」を撮りに松本プチ遠征

ここのところ暑い日が続いておりましたが、ついに本日関東地方は梅雨明けしたとのこと。 なんでも関東地方の梅雨明けは観測史上最速、梅雨の期間も最短だったそうで、例年以上に鬱陶しい暑さが続くようで、暑さにめっぽう弱い道産子な私は早くも気が滅入って…

レール積載チキ付き5971レなど 貨物列車撮影 6/25

まるで梅雨が明けたかのような猛暑に見舞われた、本日の川崎界隈。 実際6月下旬には梅雨明けなんて予報も出ているようですが、梅雨は嫌いなののその先に茹だるような猛暑が待っていることを思うと、空梅雨なのを歓迎すべきなのは悩ましいところですね・・・…

京王電鉄 復活した「陣馬」ヘッドマークを撮る②

前の記事はこちら。 千歳烏山駅にて上り列車で「陣馬」ヘッドマークを撮影した後は、沿線に繰り出して順光となる下り列車を撮影することに。 千歳烏山駅の3つ隣にある柴崎駅で下車し、つつじが丘~柴崎の歩行者専用踏切にて新宿駅から折り返してくるところ待…

カラシ充当5086レなど 貨物列車撮影 6/21

梅雨の晴れ間・・・というには、少々蒸し暑い日となった本日の川崎界隈。 そんな本日はカラシが関西巡業から帰還するということで、久方ぶりに変電所前で朝練をすることにしました。 てなわけで、さっそく本日のメイン。 5086レ EF65 2127 ここでカラシを撮…

京王電鉄 復活した「陣馬」ヘッドマークを撮る①

昨日は朝から所用で都内に出向いておったのですが、午後からフリーになったので軽く撮り鉄をして帰ることにいたしました。 今回赴いたのは、当ブログ初登場の京王電鉄であります。 なんで今回京王に出向いたのかというと、先日新潟駅で開催された鉄道部品販…

宇部の黄色い国鉄型を追う その4 2021夏の山口遠征③

前の記事はこちら。 「DLやまぐち号」の撮影を終えて、本日の宿がある宇部市へと移動します。 宇部界隈は春の遠征でも訪れており、そのとき105系や123系を何度か記録しておりました。 というわけで今回もその延長戦と位置付けまして、関東人にはなかなかお目…

DE10重連!! 夏のDLやまぐち号を撮る その2 2021夏の山口遠征②

前の記事はこちら。 DE10重連やまぐち号、今回は復路の撮影に挑みます。 復路は徳佐駅近くの国道315号線跨線橋から始めることに。 まずは普電で練習を。 2545D ここでは2時間ほど待機時間があったのですが、練習電はわずかこれ1本だけ・・・。 山口線の宮野…

DE10重連!! 夏のDLやまぐち号を撮る その1 2021夏の山口遠征①

今回より新たな連載シリーズを開始いたします。 タイトルは「2021夏の山口遠征」であります。 今回の遠征の舞台となるのは山口線です。 実は2021年は、ゴールデンウィークにも山口線へ赴いておりました。 2021年シーズンの「やまぐち号」は、本来の牽引機で…

今シーズン初の貨物朝練 貨物列車撮影 6/14

梅雨空が広がった、本日の神奈川界隈。 関東地方は一足早く梅雨入りしていましたが、東海や近畿地方などもそれに続いたようで、本格的に梅雨シーズンが到来といったところでしょうか。 そんな本日は、奇跡的に?早起きできたので、今シーズン初の地元での貨…

引退間近の205系600番台に乗る 2021夏の東北遠征⑰

前の記事はこちら。 17回目の連載となった「2021夏の東北遠征」も、いよいよ今回がラストです。 まずは黒磯駅構内をちょろっと散策。 国鉄様式の駅名標が残ってるんですね。 駅の横には、黒磯駅の地上切り替え方式の要だった「黒磯変電所」があります。 交流…

黒磯駅直流化後の「新白河越え」 2021夏の東北遠征⑯

前の記事はこちら。 お昼を食べ終わり、福島駅へ戻ってきました。 なんだかんだ阿武隈急行沿線をたっぷり満喫したこともあり、時刻はすでに14時を回ってしまったので、この先は寄り道せず帰路に着きます。 まずは郡山行き普通列車に乗車します。 E721系1000…

初めて阿武隈急行線を旅する その3 2021夏の東北遠征⑮

前の記事はこちら。 初めての阿武隈急行線の旅、今回は二井田駅で下車しました。 まずは恒例?の駅散策から。 二井田駅は交換可能駅で2面2線の配置、跨線橋などはなく槻木方に構内踏切が設けられていました。 駅前はちょっとした公園?になっていましたが、…

初めて阿武隈急行線を旅する その2 2021夏の東北遠征⑭

前の記事はこちら。 槻木駅から阿武隈急行線に乗って、福島・宮城県境にある兜駅にやってきました。 まずは駅構内を探索。 兜駅は1面1線のシンプルな単式ホームで、もちろん無人駅です。 ホームからは阿武隈川も見えました。 駅舎らしい駅舎は無く、ホーム中…

185系団臨「鉄道開業150周年記念 185系で行く貨物線の旅」を撮る

初夏の陽気が広がった、本日の神奈川界隈。 そんな本日は地元でとある団臨が運転されたので、久々に地元で撮り鉄活動に勤しむことにしました。 JR東日本 プレスリリースより 今年は1872年10月14日に新橋駅~横浜駅(現桜木町駅)に日本初の鉄道が開業してか…

初めて阿武隈急行線を旅する その1 2021夏の東北遠征⑬

前の記事はこちら。 2021夏の東北遠征、今回から最終日のお話に入ります。 今回は18きっぷ旅ということもあり、いつものように夕方まで東北で粘って新幹線や飛行機でパッと帰るわけにはいきませんので、最終日は基本的に移動日です。 というわけで、早々に仙…

3度目の「石巻貨物」を撮る その2 2021夏の東北遠征⑫

前の記事はこちら。 石巻貨物の撮影、続いては復路となる上り列車の撮影へと移ります。 どこに行こうか迷ったのですが、往路でも訪れた佳景山ストレート付近に青空が見えたので、復路もここで撮影することに。 まずはDD200の下り列車をパチリ。 1657レ DD200…

3度目の「石巻貨物」を撮る その1 2021夏の東北遠征⑪

前の記事はこちら。 日本製紙 岩沼工場専用線をあとにして、お次はこちらも仙台地区の名物貨物列車である「石巻貨物」の撮影へとシフトします。 当ブログ的には、石巻貨物は過去2度撮影機会がありました。 2度の撮影を経て、それなりのカット数を積み重ねて…

「日本製紙 岩沼工場専用線」を初訪問する その2 2021夏の東北遠征⑩

前の記事はこちら。 岩沼駅の「日本製紙 岩沼工場専用線」見物、続いては到着列車の記録に移ります。 出荷便の入換作業終了後、専用線側は30分ほど小休止へ。 その間に岩沼駅側では入換作業があったようで、しばらくすると先ほど出荷便を岩沼駅へ運んだEH500…

「日本製紙 岩沼工場専用線」を初訪問する その1 2021夏の東北遠征⑨

前の記事はこちら。 2021夏の東北遠征、今回から3日目のお話に入ります。 3日目はレンタカーを使い、仙台近郊で貨物列車の撮影に勤しみます。 まず最初に訪れたのは、岩沼市にある日本製紙 岩沼工場専用線です。 googleマップより 日本製紙 岩沼工場専用線は…

震災から復旧した常磐線を旅する その2 2021夏の東北遠征⑧

前の記事はこちら。 原ノ町駅からも引き続き常磐線を北上し、仙台駅を目指します。 全線復旧後の常磐線は、原ノ町駅以南がE531系、以北が701系またはE721系によって運転されています。 E531系は品川駅で見られるため個人的に物珍しさは全く無いので、交流専…

震災から復旧した常磐線を旅する その1 2021夏の東北遠征⑦

前の記事はこちら。 いわき駅から引き続き、普通列車で常磐線を北上します。 車両はE531系の付属編成でした。 皆さんご存知と思いますが、常磐線は2011年に発生した東日本大震災の津波や原発事故の影響により、福島県内を中心に長らく寸断状態にありました。…

福島臨海鉄道でコンテナ貨物を撮る 2021夏の東北遠征⑥

前の記事はこちら。 前回まで東邦亜鉛の専用列車「安中貨物」を追いかけていましたが、福島臨海鉄道では通常のコンテナ混載列車も運転されています。 そちらも撮影したかったので、常磐線から再び福島臨海鉄道沿線へと戻ることに。 まずは小名浜駅へとやって…

福島臨海鉄道で「安中貨物」を撮る その2 2021夏の東北遠征⑤

前の記事はこちら。 東邦亜鉛小名浜精錬所を出発した「安中貨物」の発送列車は、小名浜駅でスイッチバックをするためしばし停車します。 私もその時間を利用し、小名浜駅へと追いかけます。 駅に到着すると、カマが機回しをしてタキと連結するところでした。…

東邦亜鉛小名浜精錬所専用線で「安中貨物」を撮る 2021夏の東北遠征④

前の記事はこちら。 泉駅付近で「安中貨物」を撮影した後は、荷の積み出し場所である東邦亜鉛小名浜精錬所へと追いかけます。 精錬所へは福島臨海鉄道 小名浜駅から専用線が伸びており、まずは専用線を通って精錬所へ入場するところを撮影・・・と行きたかっ…

福島臨海鉄道で「安中貨物」を撮る その1 2021夏の東北遠征③

前の記事はこちら。 「2021夏の東北遠征」、今回から2日目のお話に入ります。 2日目のメインは、本遠征最大の目的でもある福島臨海鉄道内での「安中貨物」撮影でございます。 福島臨海鉄道側から安中貨物のスケジュールを見ると、現行ダイヤでは「早朝に安中…