川崎鶴見鉄道録

川崎・鶴見界隈の鉄道に関するブログ

撮り鉄-遠征-2018北海道

女満別駅 北海道放浪の旅 10日目⑩

前の記事はこちら。 美幌駅 北海道放浪の旅 10日目⑨ 美幌町を後にし、10日目最後の目的地である大空町女満別駅にやってきました。 大空町は旧女満別町と旧東藻琴村が合併して誕生した町で、女満別駅は旧女満別町の中心駅として機能していました。 町の名前は…

美幌駅 北海道放浪の旅 10日目⑨

前の記事はこちら。 消えゆく「ふるさと銀河線」の遺構 北海道放浪の旅 10日目⑧ 北見市から隣町の美幌町にある美幌駅にやってきました。 美幌駅の駅舎自体は小さいですが、観光案内所や物産館と一体になっており、パッと見はとても大きな駅舎に見えます。 駅…

消えゆく「ふるさと銀河線」の遺構 北海道放浪の旅 10日目⑧

前の記事はこちら。 北見駅 北海道放浪の旅 10日目⑦ 突然ですが読者の皆様、かつて北海道に「ふるさと銀河線」と呼ばれていた第三セクターの鉄道があったことをご存知でしょうか。 3枚とも 2004年頃北見駅にて ふるさと銀河線は「北海道ちほく高原鉄道」とい…

北見駅 北海道放浪の旅 10日目⑦

前の記事はこちら。 遠軽駅 北海道放浪の旅 10日目⑥ 遠軽町から国道333号線を経由し、隣町である北見市の北見駅にやってきました。 現在は遠軽駅と北見駅は隣り合う市町村の駅となっていますが、かつては途中に「生田原町」「留辺蘂町」という2つの市町村が…

遠軽駅 北海道放浪の旅 10日目⑥

前の記事はこちら。 道の駅 オホーツク紋別とカニの爪オブジェ 北海道放浪の旅 10日目⑤ 前回訪れた紋別市から10日目の目的地である網走市へは、国道238号線沿いに行けば100kmほどの距離です。 しかし今回は、石北本線東部の市町村の「わがまちご当地入場券」…

道の駅 オホーツク紋別とカニの爪オブジェ 北海道放浪の旅 10日目⑤

前の記事はこちら。 道の駅 さるふつ公園 北海道放浪の旅 10日目④ 猿払村を後にし、この日の目的地である網走市へ向けて、オホーツク海を眺めながら国道238号線をひたすら南下。 2時間ほど車を走らせ、紋別市の道の駅で一休みすることにしました。 やってき…

道の駅 さるふつ公園 北海道放浪の旅 10日目④

前の記事はこちら。 宗谷丘陵 北海道放浪の旅 10日目③ 本連載「北海道放浪の旅」に旅立ったのは、2018年7月1日のことでした。 そして今回、ついに旅をした日から連載が1年遅れとなってしまいました (^_^;) これは正直、大誤算でございます・・・。 それに加…

宗谷丘陵 北海道放浪の旅 10日目③

前の記事はこちら。 「日本最北端の地」宗谷岬 北海道放浪の旅 10日目② 宗谷岬を観光後は、宗谷岬に居たガイドさんにオススメされた「宗谷丘陵」と呼ばれる観光スポットを散策してみることにしました。 宗谷岬の南側には丘陵地帯が広がっており、こんな感じ…

「日本最北端の地」宗谷岬 北海道放浪の旅 10日目②

前の記事はこちら。 「日本最北の駅」稚内駅 北海道放浪の旅 10日目① 稚内駅を後にし、国道238号線を北上します。 道中にものすごいインパクトのある看板を発見。 なんとここからUターンで3400kmという、まさに規格外の広告看板です。 ちなみにこれはシャレ…

「日本最北の駅」稚内駅 北海道放浪の旅 10日目①

前の記事はこちら。 稚内港北防波堤ドーム 北海道放浪の旅 9日目⑰ 2018年7月10日 10日目 10日目は稚内市からスタートです。 まずはホテルで、やたらと豪華な朝食を食べます。 ドーミーイン稚内の朝食はバイキング制となっており、イクラやカニなどを盛り放題…

稚内港北防波堤ドーム 北海道放浪の旅 9日目⑰

前の記事はこちら。 「日本最北の無人駅」抜海駅 北海道放浪の旅 9日目⑯ 9日目の夜にして、ようやく稚内市内に到着しました。 この日のシメは、稚内駅からほど近い「稚内港北防波堤ドーム」という場所です。 初見では「一体これはなんのための建造物?」と思…

「日本最北の無人駅」抜海駅 北海道放浪の旅 9日目⑯

前の記事はこちら。 開源パーキングシェルター 北海道放浪の旅 9日目⑮ 本連載シリーズ「北海道放浪の旅」でありますが、なんと今回で100回目の更新を迎えました。 振り返りますと、この旅に出たのがおよそ1年前の2018年7月1日、そして連載を始めたのが2018年…

開源パーキングシェルター 北海道放浪の旅 9日目⑮

前の記事はこちら。 豊富駅 北海道放浪の旅 9日目⑭ 豊富駅を後にし、国道40号線をさらに北上します。 と、その道中ちょっと変わった施設があったので、休憩がてら下車してみました。 その名も「開源パーキングシェルター」と言います。 内部はこんな感じ。 …

豊富駅 北海道放浪の旅 9日目⑭

前の記事はこちら。 幌延町 秘境駅巡り~下沼駅~ 北海道放浪の旅 9日目⑬ 幌延町を後にし、「最北の地」目前の豊富町の豊富駅にやってきました。 駅舎としてはそれほど大きくないのですが。前回まで「ダルマ駅舎」ばかり見てきたので、いつもの3割増しくらい…

幌延町 秘境駅巡り~下沼駅~ 北海道放浪の旅 9日目⑬

前の記事はこちら。 幌延町 秘境駅巡り~雄信内駅~ 北海道放浪の旅 9日目⑫ 糠南駅の訪問を断念し、今度は幌延市街を挟んで北側にある下沼駅にやってました。 前回までの秘境駅たちとはガラッと雰囲気が変わり、外装がとても綺麗に整備されているほか、謎の…

幌延町 秘境駅巡り~雄信内駅~ 北海道放浪の旅 9日目⑫

前の記事はこちら。 幌延町 秘境駅巡り~安牛駅~ 北海道放浪の旅 9日目⑪ 幌延町 秘境駅巡り、今回は雄信内駅へ向かいます。 雄信内は「おのっぷない」と読みます。 前回まで紹介した3駅とは異なり、木造建ての大変味わい深い立派な駅舎があります。 ホーム…

幌延町 秘境駅巡り~安牛駅~ 北海道放浪の旅 9日目⑪

前の記事はこちら。 幌延町 秘境駅巡り~南幌延駅~ 北海道放浪の旅 9日目⑩ 幌延町 秘境駅巡り、続いては安牛駅へ向かいます。 安牛駅は前の2駅と違い、平行する道道から少し奥まった場所にあります。 目印の案内標識も傾いちゃってます・・・。 嫌が応に期…

幌延町 秘境駅巡り~南幌延駅~ 北海道放浪の旅 9日目⑩

前の記事はこちら。 幌延町 秘境駅巡り~上幌延駅~ 北海道放浪の旅 9日目⑨ 幌延町内の秘境駅を巡るシリーズ、続いては南幌延駅です。 まずはホームから。 南幌延駅のホームは板張り式でございます。 これはなかなか高得点ですねぇ~。 駅の回りの様子。 駅…

幌延町 秘境駅巡り~上幌延駅~ 北海道放浪の旅 9日目⑨

前の駅はこちら。 幌延駅 北海道放浪の旅 9日目⑧ 前回の記事でご紹介したとおり、幌延町は秘境駅を観光資源として活用している町で、町内には秘境駅がいくつか存在しています。 というわけで今回から、こちらの安牛駅の「わがまちご当地入場券」の裏面に秘境…

幌延駅 北海道放浪の旅 9日目⑧

前の記事はこちら。 天塩中川駅 北海道放浪の旅 9日目⑦ 中川町からさらに北上し、幌延町の幌延駅へやってきました。 直営駅だけあって、それなりに立派な駅舎でございます。 駅の横には、コンテナ置き場がありました。 国鉄時代には幌延駅でも貨物扱いがあっ…

天塩中川駅 北海道放浪の旅 9日目⑦

前の記事はこちら。 「北海道命名の地」を訪ねて 北海道放浪の旅 9日目⑥ 音威子府村を後にし、北隣の中川町の天塩中川駅にやってきました。 駅舎の外観がどこかレトロ調な仕上がりとなっていますが、2014年に現駅舎が建造された1958年当時の外観に復元したそ…

「北海道命名の地」を訪ねて 北海道放浪の旅 9日目⑥

前の記事はこちら。 音威子府駅 北海道放浪の旅 9日目⑤ 突然ですが皆さん「北海道」という名の由来をご存知ですか? 私は20年間北海道に住んでいましたが、正直よく知りません。 実はこの旅を行った2018年、北海道では「北海道命名150周年」というキャンペー…

音威子府駅 北海道放浪の旅 9日目⑤

前の記事はこちら。 美深駅 北海道放浪の旅 9日目④ 美深町を後にし、続いて北隣の音威子府村の音威子府駅にやってきました。 音威子府は「おといねっぷ」と読みます。 音威子府村の人口は600人台で、北海道内で最も人口の少ない市町村だそうな。 そんな音威…

美深駅 北海道放浪の旅 9日目④

前の記事はこちら。 日本唯一の「キマロキ編成」 北海道放浪の旅 9日目③ 名寄市を後にし、宗谷本線に沿ってさらに北上します。 今回やってきたのは、美深町の美深駅です。 なかなか立派な駅舎ですね。 駅舎の中の様子。 1階は待合室のほか、観光案内所兼地元…

日本唯一の「キマロキ編成」 北海道放浪の旅 9日目③

前の記事はこちら。 名寄駅 北海道放浪の旅 9日目② 前回は名寄駅に立ち寄りましたが、名寄市には前々から見たかったものがあったため、次の町へ移動する前に寄り道することにしました。 やってきたのは、名寄駅から少し南側にある名寄公園内の「名寄市北国博…

名寄駅 北海道放浪の旅 9日目②

前の記事はこちら。 剣淵駅 北海道放浪の旅 9日目① 剣淵町からは国道40号線を再び北上し、士別市を飛び越して名寄市の名寄駅へやってきました。 かつて名寄駅には、深名線や名寄本線なども乗り入れており、上川地方北部の要衝として栄えましたが、現在は宗谷…

剣淵駅 北海道放浪の旅 9日目①

前の記事はこちら。 士別駅 北海道放浪の旅 8日目⑧ 2018年7月9日 9日目 9日目は士別市からスタートです。 昨日まで広がっていた青空は、どこかへ行っちゃいました・・・。 9日目も宗谷本線に沿って北上するのですが、いったん南隣の剣淵町へ戻ります。 やっ…

士別駅 北海道放浪の旅 8日目⑧

前の記事はこちら。 東六線駅 北海道放浪の旅 8日目⑦ 夕暮れの国道40号線を北上し、8日目の宿泊地である士別市に到着。 まずは士別市の代表駅である士別駅へ向かいます。 士別駅は「宗谷」「サロベツ」などの特急列車も停まる駅ですが、思ったよりもこじんま…

東六線駅 北海道放浪の旅 8日目⑦

前の記事はこちら。 塩狩駅 北海道放浪の旅 8日目⑥ 和寒町を後にし本日の宿泊地である士別市へ向かうのですが、その途中に気になっていた駅があったので寄り道することに。 やってきたのは、和寒駅と剣淵駅の間にある剣淵町東六線駅です。 東六線駅はご覧の…

塩狩駅 北海道放浪の旅 8日目⑥

前の記事はこちら。 比布駅 北海道放浪の旅 8日目⑤ 比布町から宗谷本線を北上し、北隣の和寒町にある塩狩駅へやってきました。 和寒町の代表駅は和寒駅で、そちらには「宗谷」「サロベツ」といった特急列車も全列車停車するのですが、和寒町の「わがまちご当…